ロジカル競馬のWebサイトに足を運んで頂き、誠にありがとうございます。

ロジカル競馬は「予想に根拠を持つ」ことをモットーに予想を展開するブログです。

 

競馬の予想法はいろいろありますよね?

例えば・・・

  • 血統
  • 調教
  • 過去のデータ
  • 直感
  • 関係者コメント
  • オッズ
  • 過去レースでのベストタイム

 

結構一般的な内容を並べたつもりですが、ロジカル競馬で重視するのはこれら以外の要素です。

管理人まっつんの予想法

管理人である私、「まっつん」の予想方法は以下の要素を重視して、予想を組み立てて行きます。

レース展開

(https://umazora.com/様より引用)

まず、レース展開を予想します。

競馬において、レースの展開というのはとても重要な要素であると私は思います。

 

なぜなら人間と同じように馬にも「得意」「不得意」があるから。

例えば、前走で上がり33秒前半の脚を繰り出して快勝した馬がいたとします。

 

しかしそれは前半スローな流れでしっかりと脚を溜めることができたからであり、ハイペースのレースでは道中でうまく脚が溜められず、前走見せた瞬発力を発揮することができずに凡走するという馬をあなたも見たことがあると思います。

(アーモンドアイのような絶対能力の高い馬は別ですが・・・)

 

このような事態が起きてしまうと強いと思って買った馬があっさり負け、馬券も紙クズになってしまいます。

つまり、レースの展開を読み間違えるとあなたが強いと思っていたはずの馬が勝てなくなるということ。

 

したがって、出馬表・馬柱・過去のレースを見て「ハナに行きたい馬」や「好位に付けたい馬」「控えて直線勝負をしたい馬」を分類していくところから始めます。

ハナを主張したい馬が複数頭いれば、ペースが速くなる可能性もありますし、そもそもハイペースに持ち込んだ方が良い結果が見込める馬(例:アエロリット)がいるだけでペースが速くなることもあります。

 

正しくペースを想定することができれば、馬の得意・不得意の条件を見極めることが出来るだけで予想の精度はグンと高まるのです。

 

レースラップを使った適性分析

レースラップを見れば、その馬の適性がわかります。

 

ハイペースのラップ(前傾ラップ)で好走した馬はスローペースのレースで凡走していることが多いです。

スローペース(後傾ラップ)の展開で好走した馬は、ハイペースになると脚が使えなくなったりします

 

また前傾ラップの逃げが得意な馬もいれば、前傾ラップの差しが得意な馬もいます。

前傾ラップで好走する馬というのはトップスピードである瞬発力が高くないため、周りの馬がバテてくれるような展開でなければ太刀打ちできないんですね。

 

後傾ラップが得意な馬の中にも、「ロングスパート適性が高い馬」「瞬発力が高い馬」がいます。

 

レースの流れの中で第4コーナーで一気にペースが上がるレースでは、「ロングスパート適性(=長く良い脚)」が求められます。

そして直線よーいドンの競馬になる場合、直線に入ってラスト300mくらいで一気に引き離せる「スピードの絶対値(=瞬発力)」が求められるのです。

 

このように考えていくと競馬新聞の印は本当にあてになるのでしょうか?

競馬記者などの打つ印は「トレセン」での取材をした結果なので、その馬の調子や関係者のトーンなどを反映しているにすぎません。

 

もし調子が良いと言われていたとしても、その馬の苦手な展開になってしまったら凡走してしまうこともあると思いませんか?

それに調子や関係者のトーンが良い馬が勝つのなら、人気薄が馬券になるケースはほとんどないはず。

 

しかし、現実は人気薄が穴をあけて大波乱が起きるわけです。

人気薄が好走する条件や、人気馬が凡走する条件を見抜くことができれば予想の精度をグンと高めることが可能だと私は考えています。

 

新聞の印に惑わされずに、「展開が向く馬」「適性のある馬」を見抜いて、その根拠も含めて記事には書いていくつもりです。

競馬を「ロジカルに考える」ために。(これがロジカル競馬と名付けた理由でもあります。)

 

馬場傾向

極力、土曜日のレース結果や先週の馬場傾向を踏まえた予想をしていきたいと思います。

時間の都合上、考慮できないこともあるかもしれませんが、その際はご容赦ください・・・

結論

最後に結論として、印を記載します。

◎本命
〇対抗
▲単穴
△押さえ

という形で記載していきます。

 

買い目の詳細はnetkeiba様の俺プロに「まっつん(logi)」というニックネームで投稿しますので、予想結果が気になる人は是非見に来てください。

 

【New!】条件好転!穴馬情報 ※予告

私とは違った予想を行っているメンバーにも協力を依頼しています。

年内は情報収集に注力してもらっていますが、2020年初めには連載を始めていく予定です。

 

考え方としては「レース後の関係者コメント」をデータとして集め、「負けた馬の敗因」の中で

  • 距離が合わなかった
  • 騎手の騎乗に問題があった
  • 馬場が合わなかった
  • 出遅れた

などといった、「前走は負けているが条件が合えば好走できそうな馬」前走よりも好条件で出走してきた場合に、

穴馬情報としてご紹介するようなコンテンツです。

 

乞うご期待!!

 

最後に

予想を投稿していく上で、当たることもあれば外れることもあると思います。

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

 

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。

(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

 

それではよろしくお願いいたします。

 

初回更新:令和元年10月30日

最新更新:令和元年12月10日