こんにちは、まっつんです。

皐月賞に向けたトライアルもスプリングSと若葉Sの2戦。
これで皐月賞の出走馬がほぼ決まると言っても過言ではありません。

人気しそうなヴェルトライゼンテはあっさり勝てるのでしょうか?
G1からのローテは人気で2~3着に敗れるケースが多いだけに果たしてどうなるでしょうか。

過去5年の分析からヒントを見つけていきたいと思います。

<記事の更新を受け取りたい方へ>

更新は既に登録して頂けている方はLine@、これから更新案内を受け取りたい方はTwitterにてお知らせしていますので、フォロー&通知ONしてお待ち頂ければ幸いです。

過去5年のレース分析(レースラップ/好走血統/前走距離・ローテ)

過去5年のレースラップと馬券内に入った馬の父・母父馬を挙げます。

私の予想は適性に合う馬を探しだすという考え方なので精度を高めていくために「血統の切り口」も加えていきます。

また今週から前走ローテ・距離にも注目してデータを集めるようにしましたので、参考にしていただけたら幸いです。

【レースラップを見る際の注意点】
前半2F目のラップは最速ラップとしてはカウントしません。2F目以外での最速ラップを赤文字にします。
→なぜなら前半2Fまではポジション争いがある為、ほとんどのレースで2F目が最速ラップになるからです。

 

【2019年】 平均瞬発力

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順
1 エメラルファイト クロフネ スペシャルウィーク 京都 芝1,600m
(ヴァイスリージェント系) (サンデーサイレンス系) 白梅賞(1勝)1着
2 ファンタジスト ロードカナロア ディープインパクト 阪神 芝1600m
(キングマンボ系) (サンデーサイレンス系) 朝日杯FS(G1)4着
3 ディキシーナイト ダイワメジャー ホワイトマズル 東京 芝1,400m
(サンデーサイレンス系) (サドラーズウェルズ系) クロッカスS(L)1着
ハロンタイム 12.6 – 11.4 – 11.8 – 12.1 – 12.1 – 12.1 – 12.0 – 11.6 – 12.1
前後半ラップ 前半3F.35.8- 後半3F35.7

 

【2018年】 平均ロングスパート

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順
1 ステルヴィオ ロードカナロア ファルブラヴ 阪神 芝1600m
(キングマンボ系) (ノーザン(サドラーズウェルズ)系) 朝日杯FS(G1)2着
2 エポカドーロ オルフェーヴル フォーティナイナー 小倉 芝2,000m
(サンデーサイレンス系) (ミスタープロスペクター系) あすなろ賞(1勝)1着
3 マイネルファンロン ステイゴールド ロージズインメイ 東京 芝2,000m
(サンデーサイレンス系) (ヘイロー系) フリージア賞(1勝)2着
ハロンタイム 12.4 – 11.3 – 11.9 – 12.2 – 11.8 – 12.1 – 12.4 – 12.2 – 11.8
前後半ラップ 前半3F 35.6 – 後半3F 36.4

 

【2017年】平均ロングスパート

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順
1 ウインブライト ステイゴールド アドマイヤコジーン 中山 芝1,800m
(サンデーサイレンス系) (グレイソヴリン系) 若竹賞(1勝)1着
2 アウトライアーズ ヴィクトワールピサ フレンチデピュティ 中山 芝1,600m
(サンデーサイレンス系) (ヴァイスリージェント系) ひいらぎ賞(1勝)1着
3 プラチナヴォイス エンパイアメーカー マンハッタンカフェ 京都 芝1,600m
(ミスタープロスペクター系) (サンデーサイレンス系) きさらぎ賞(G3)4着
ハロンタイム 12.6 – 11.7 – 12.1 – 12.2 – 11.7 – 11.8 – 12.1 – 11.8 – 12.4
前後半ラップ 前半3F 36.4 – 後半3F 36.3

 

【2016年】 平均ロングスパート

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順
1 マウントロブソン ディープインパクト Mr.Greeley 小倉 芝2,000m
(サンデーサイレンス系) (ミスタープロスペクター系) あすなろ賞(1勝)1着
2 マイネルハニー マツリダゴッホ ナリタブライアン 東京 芝2,000m
(サンデーサイレンス系) (ロベルト系) フリージア賞(1勝)1着
3 ロードクエスト マツリダゴッホ チーフベアハート 中山 芝2,000m
(サンデーサイレンス系) (ダンジグ系) ホープフルS(G2)2着
ハロンタイム 12.7 – 11.5 – 11.8 – 12.3 – 12.0 – 11.6 – 12.0 – 11.6 – 12.6
前後半ラップ 前半3F 36.0 – 後半3F 36.2

 

【2015年】 後傾瞬発力

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順
1 キタサンブラック ブラックタイド サクラバクシンオー 東京 芝2,000m
(サンデーサイレンス系) (プリンスリーギフト系) 1勝クラス 1着
1 リアルスティール ディープインパクト StormCat 東京 芝1,800m
(サンデーサイレンス系) (ストームキャット系) 共同通信杯 1着
1 ダノンプラチナ ディープインパクト Unbridled’s Song 阪神 芝1600m
(サンデーサイレンス系) (ミスタープロスペクター系) 朝日杯FS(G1)1着
ハロンタイム 12.7 – 11.6 – 12.4 – 13.1 – 12.8 – 12.0 – 11.8 – 11.2 – 11.5
前後半ラップ 前半3F 36.7 – 後半3F 34.5

中山芝1,800m特徴

内回りコースを使用。直線は約310mで、ゴール前に高低差2.4mの急坂がある。

正面スタンド前の直線半ばがスタート地点で、コースを1周する。
最初の1コーナーまでの距離は約205m(Aコース時)と短く、スタート後すぐ急坂を迎えるためテンは速くなりにくい。
3~4コーナーはスパイラルカーブで、緩やかな下り坂。

(netkeibaコース分析より引用)

本レースの傾向

ラップ傾向

前半のペースというよりは、中盤残り5F当たりで少しずつペースアップしていく傾向が強い。
ここで仕掛けていく馬がいるかいないかがポイントだと思うので、平均ロングスパート型の差し馬がいるかいないかがペースや展開を左右するように思われる。

平均ペースでのロングスパート競馬を経験している馬を評価したいですね。

<ラップタイプ評価>
(A)平均ラップ
(B)後傾ラップ
(C)前傾ラップ

<加速タイプ評価>
(A)ロングスパートタイプ・前傾差しタイプ
(B)瞬発力タイプ

血統傾向

サンデーサイレンスの血を持っている馬が14/15頭。

うち、馬券内に入ってきている馬は、有馬記念を勝ったサンデー系種牡馬が揃っているのが面白いところです。

・ディープインパクト(ブラックタイド)
・マツリダゴッホ
・マンハッタンカフェ
・ヴィクトワールピサ
・オルフェーヴル(ステイゴールド)

全体的に見て、スタミナ血統×スピード血統という組み合わせが多く

スタミナ系サンデーの相手には、スピード系のミスプロやストームキャット、プリンスリーギフト、ヴァイスリージェントなどが相手にきています。

<血統評価A>

スタミナ系サンデーサイレンス × スピード系血統(米国血統など)

スタミナ系(ノーザンダンサー・ダンジグ・ロベルト)×スピード系種牡馬(ダイワメジャー・アドマイヤコジーン・ロードカナロアなど)

<血統評価C>

スタミナ×スタミナ、スピード×スピードというバランスが取れていない馬

前走距離・クラスの傾向

朝日杯FS、ホープフルSなどのG1からのローテは良さそうですが、意外と勝てていないのが気になるところ。
G1からのローテで頭固定は危険なのかもしれません。

それよりは1勝クラスしっかりと勝ち切ってきた馬を上位に取りたいと思います。

<前走ローテ評価A>

1勝クラス1着ローテ

<前走ローテ評価B>
G1・G2・G3などの重賞からのローテ

<前走ローテ評価C>

新馬・未勝利からのローテ

以上、スプリングSの過去傾向の分析でした。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ