こんにちは、まっつんです。

大阪杯の過去傾向記事の中でコロナウイルスの話をしました。
友人とちょっとした議論をした結果、考え方が少し変わったので、お話したいと思います。

競馬は騎手がコロナウイルスにかかったりしなければ、中止しないのではという考えを書きました。
その根拠は、戦時中でも競馬が行われていたということ。

しかし友人との議論の中で、「敵は誰なのか」という点で大きな違いがあるというところに気が付きました。

今回の敵はウイルスであり、このウイルスで人の命が奪われることにより「競馬」という文化自体が失われてしまう可能性があるということです。

そう考えるといつ競馬が中止になってもおかしくはありませんよね。
競馬が行われていることに感謝することと合わせて、各自がしっかりと感染予防に努めていきましょうね!

それではダービー卿CTの過去の傾向を見ていきます。

<記事の更新を受け取りたい方へ>

更新は既に登録して頂けている方はLine@、これから更新案内を受け取りたい方はTwitterにてお知らせしていますので、フォロー&通知ONしてお待ち頂ければ幸いです。

<ウマモブ参加しました>

競馬ブログのまとめサイトです。クリックして応援をお願いします!

↑このボタンをクリック

過去5年のレース分析(レースラップ/好走血統/前走距離・ローテ)

過去5年のレースラップと馬券内に入った馬の父・母父馬を挙げます。

私の予想は適性に合う馬を探しだすという考え方なので精度を高めていくために「血統の切り口」も加えていきます。

また今週から前走ローテ・距離にも注目してデータを集めるようにしましたので、参考にしていただけたら幸いです。

【レースラップを見る際の注意点】
前半2F目のラップは最速ラップとしてはカウントしません。2F目以外での最速ラップを赤文字にします。
→なぜなら前半2Fまではポジション争いがある為、ほとんどのレースで2F目が最速ラップになるからです。

 

【2019年】 前傾ラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順 位置取り
1 フィアーノロマーノ Fastnet Rock Lion Heart 阪神 芝1400m 3-4-3
(ダンジグ系) (ストームキャット系) ファイナルS(3勝)1着
2 プリモシーン ディープインパクト Fastnet Rock 中山 芝1600m 8-8-8
(サンデーサイレンス系) (ダンジグ系) ターコイズS(G3) 8着
3 マイスタイル ハーツクライ フォーティナイナー 小倉 芝1800m 6-7-6
(サンデーサイレンス系) (ミスタープロスペクター系) 小倉大賞典(G3)10着
ハロンタイム 12.1 – 10.8 – 11.0 – 11.2 – 11.4 – 11.4 – 11.6 – 12.2
前後半ラップ 前半3F33.9- 後半3F35.2

 

【2018年】 平均ロングスパートラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順 位置取り
1 ヒーズインラブ ハービンジャー Include 阪神 芝1600m 8-11-7
(ダンジグ系) (その他) 武庫川S(3勝)1着
2 キャンベルジュニア Encosta de Lago Redoute’s Choice 阪神 芝1400m 2-4-3
(ノーザンダンサー系) (ダンジグ系) 阪神C(G2)11着
3 ストーミーシー アドマイヤムーン ゼンノエルシド 東京 芝1600m 13-12-10
(ミスタープロスペクター系) (ニジンスキー系) 東京新聞杯(G3)14着)
ハロンタイム 12.5 – 10.9 – 11.6 – 11.211.2 – 11.3 – 11.9 – 11.6
前後半ラップ 前半3F 35.0 – 後半3F 34.8

 

【2017年】 後傾ロングスパートラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順 位置取り
1 ロジチャリス ダイワメジャー ロックオブジブラルタル 中山 芝1600m 2-2-2
(サンデーサイレンス系) (ダンジグ系) 東風S(OP)3着
2 キャンベルジュニア Encosta de Lago Redoute’s Choice 中山 芝1600m 3-4-3
(ノーザンダンサー系) (ダンジグ系) 幕張S(3勝)1着
3 グランシルク ステイゴールド  Dynaformer 中山 芝1600m 11-10-10
(サンデーサイレンス系) (ロベルト系) ニューイヤーS(OP)2着
ハロンタイム 12.8 – 11.6 – 11.8 – 12.0 – 11.8 – 11.5 – 11.6 – 11.6
前後半ラップ 前半3F 36.2 – 後半3F 34.7

 

【2016年】 平均ロングスパートラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順 位置取り
1 マジックタイム ハーツクライ ブライアンズタイム 京都 芝1400m 8-7-6
(サンデーサイレンス系) (ロベルト系) 京都牝馬S(G3)2着
2 ロゴタイプ ローエングリン サンデーサイレンス 中山 芝1800m 2-3-2
(サドラーズウェルズ系) (サンデーサイレンス系) 中山記念(G2)7着
3 サトノアラジン ディープインパクト Storm cat 香港 芝2000m 8-7-9
(サンデーサイレンス系) (ストームキャット系) 香港C(G1)11着
ハロンタイム 12.5 – 11.3 – 11.5 – 11.6 – 11.4 – 11.1 – 11.5 – 11.9
前後半ラップ 前半3F 35.3 – 後半3F 34.5

 

【2015年】 平均ロングスパートラップ
※最後の1Fで異常値が出ていますが、これはモーリスが残り1Fあたりで一気に突き放したためと考えられます。

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順 位置取り
1 モーリス スクリーンヒーロー カーネギー 中山 芝1600m  14-15-13
(ロベルト系) (サドラーズウェルズ系) スピカS(3勝)1着
1 クラリティシチー キングカメハメハ スペシャルウィーク 中山 芝1600m 11-13-8
(キングマンボ系) (サンデーサイレンス系) 東風S(OP)1着
1 インパルスヒーロー ジャングルポケット サンデーサイレンス 中山 芝1600m 8-12-13
(グレイソヴリン系) (サンデーサイレンス系) 東風S(OP)3着
ハロンタイム 12.3 – 11.5 – 11.8 – 11.1 – 11.3 – 11.6 – 11.7 – 10.9
前後半ラップ 前半3F 35.6 – 後半3F 34.2

中山 芝1,600m特徴

今週から調教タイム理論というサイトの情報を利用させて頂くことにしました。
このサイトはとても分析の内容が深いため、皆様も一度利用してみてください。

【中山芝1,600m特徴】

外回りコースを使用する。スタート地点は第1コーナーを過ぎたあたりのポケット。

第2コーナーの終わりから第3コーナーにかけて、ずっと下り坂が続く。
この下り坂は4メートルもの高さを下るためかなりスピードが出た状態で3コーナーに突っ込むことになります。

そしてゴール前200メートル地点からは有名な中山の急坂が待っています。2コーナーから続く下り坂とゴール前の急な上り坂の攻略がポイントで、坂に強い馬が勝つ特殊なコースです。

【枠傾向】
内枠がかなり有利。(2・4枠が好成績)

【脚質傾向】

逃げ馬の勝率が高い傾向。傾向としては逃げ・先行有利と言っても良さそう。
ただし、差馬の単勝回収率が高いので、穴馬は差し馬から良く出ている傾向がある。

逃げ・先行有利の傾向に意識が行って、ペースが上がった時に差し馬が台頭してくるイメージかと思います。

【ペース傾向】
平均ラップが43%、後傾ラップが38%、前傾ラップが18%という数字になっているそうです。
後傾~平均ラップになる傾向が強く、逃げ・先行馬が多く、先行争いが激化すると前傾ラップになるというイメージかと思います。

【人気傾向】
前走人気だった馬で人気を落としている馬が狙い目

【参考サイト】 調教タイム理論(競馬場分析)

本レースの傾向

ラップ傾向

過去の傾向を見ていくと平均ロングスパートラップが3年、後傾ロングスパートラップが1年、前傾ラップが1年という形になっています。

傾向を踏まえて、基本的に平均ラップ、逃げ馬が少なければ後傾ラップになると

すべてラスト4F~3Fが最速ラップになるロングスパート傾向にありますから、瞬発力タイプの馬は割り引いても良いかもしれません。

5年前のレースは異常なラップを刻んでいますが、モーリスがとんでもない怪物だったということがラップでも良くわかりますね。(ラスト1F10秒台なんて見たことがありません。)

<ラップタイプ評価>
(A)平均ラップ
(B)後傾ラップ
(C)前傾ラップ

<加速タイプ評価>
(A)ロングスパートタイプ・前傾差しタイプ
(B)瞬発力タイプ

血統傾向

サンデーサイレンス系の馬が9頭/15頭。
また特筆すべきはダンジグの血を持った馬が6頭も馬券に絡んでおります。

その他ロベルト系で3頭、ストームキャット系、ノーザンダンサー系、サドラーズウェルズ系、ミスタープロスペクター系で2頭ずつという構図です。

サンデーサイレンスというよりは、素直にこれらの血が入っている馬を高評価するというスタンスでいきたいと思います。

<血統評価A>

ダンジグ系・ロベルト系を保有

<血統評価B>

ノーザンダンサー・ストームキャット系・サドラーズウェルズ系・ミスタープロスペクター系

<血統評価C>

それ以外

前走距離・クラスの傾向

前走東風S組が3頭馬券に入っています。これらの馬はすべて馬券内に入っています。OPからのローテは馬券内が必須です。3勝クラスからのローテは勝ちが必須。

前走重賞(G1~G3)の馬は着順関係なく好走傾向にありますので、B評価とし

<前走ローテ評価A>

前走 東風S(3着以内)
前走 OP特別(3着以内)
前走 3勝クラス(1着)

<前走ローテ評価B>
前走 (G1~G3)出走

<前走ローテ評価C>

その他のローテ、上記着順条件に満たない馬

 

<前走距離評価A>

前走1600m出走

<前走距離評価B>

前走1400m・1800m出走
もしくは2000mのG1レース出走

<前走距離評価C>

それ以外の距離からの出走をしている馬。

以上、ダービー卿CTの過去傾向の分析でした。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ