こんにちは、まっつんです。

今年、1発目の予想記事になりますので気合を入れて予想したいと思います。

 

今年から従来までのラップによる適性分析に加えて日刊スポーツ社が公開している「コンピ指数」という指数を活用した予想法にチャレンジしていきます。

名付けて「LapConpi-Hybrid」です!!!

 

詳しい内容は以下の記事に記載してありますので、「どんな予想なのか」気になる方はご一読ください。

今年の予想方針について【ラップ予想+コンピ指数】

 

Line@に登録して頂いている読者の方からも、「何とか当たるように頑張ってほしい」という激励を頂きました。

2020年、的中できるようにしっかりと分析し、皆様に良い情報を提供できるように頑張っていきます!

それでは、予想に入っていきたいと思います。

 

もしこの予想に興味があるという方は、Line@への登録をお願いします。
記事更新時にお知らせさせて頂きます!

友だち追加

枠順

  1. ①サンクテュエール(牝3・54.0・ルメール)
  2. ②ヴァルナ(牡3・56.0・福永祐一)
  3. ③コルテジア(牡3・56.0・松山弘平)
  4. ④タガノビューティー(牡3・56.0・和田竜二)
  5. ⑤オーマイダーリン(牝3・54.0・武豊)
  6. ⑥プリンスリターン(牡3・56.0・原田和真)
  7. ⑦ディモールト(牡3・56.0・池添謙一)
  8. ⑧カバジェーロ(牡3・56.0・北村友一)
  9. ⑨ルーツドール(牝3・54.0・川田将雅)
  10. ⑩ヒシタイザン(牡3・56.0・幸英明)

以上10頭と小頭数ですが、とてもレベルの高いメンバーが集まりましたね。

新馬を圧勝してきた馬、朝日杯FSで掲示板に乗った馬。

ラップで読むには正直サンプルレース数が足りないのですが、減点できる馬もいるので、しっかり見ていきましょう。

 

レース展開予想

過去のラップ傾向

過去5年のレースラップを並べてみます。
※前半2F目のラップは最速ラップとしてはカウントしません。2F目以外での最速ラップを赤文字にします。
→前半2Fまではポジション争いがある為、ほとんどのレースで最速ラップになります。

【2019年】 前傾ラップ

<勝ち馬> ヴァルディセール

ハロンタイム 12.3 – 10.8 – 11.6 – 12.6 – 12.5 – 12.1 – 12.1 – 11.7
前後半ラップ 前半3F 34.7 – 後半3F 35.9

【2018年】後傾瞬発ラップ

<勝ち馬> アーモンドアイ ◆12頭立て

ハロンタイム 12.2 – 11.1 – 12.4 – 13.3 – 12.8 – 12.1 – 11.7 – 11.5
前後半ラップ 前半3F 35.7 – 後半3F 35.3

【2017年】前傾ラップ

<勝ち馬> キョウヘイ ◆15頭立て

ハロンタイム 12.1 – 11.0 – 11.4 – 12.6 – 12.4 – 12.8 – 12.7 – 12.6
前後半ラップ 前半3F 34.5 – 3F 38.1

【2016年】前傾ラップ

<勝ち馬> ロジクライ ◆18頭立て

ハロンタイム 12.5 – 10.9 – 11.4 – 11.5 – 11.8 – 12.3 – 11.7 – 12.0
前後半ラップ 前半3F 34.8 – 3F 36.0

【2015年】後傾ロングスパートラップ

<勝ち馬> グアンチャーレ ◆ 12頭立て

ハロンタイム 12.6 – 11.3 – 11.8 – 12.5 – 11.9 – 11.511.5 – 11.7
上り 4F 46.6 – 3F 34.7

 

これらの結果を見て、感じる違和感。なぜ、前傾ラップになりやすいのか?

それは京都1600m外回りのコース形態によるもの。

<京都芝1600m外回りコース特徴>

マイルCSや、京都金杯、シンザン記念などが行われるコース。向正面直線を2コーナー側に延長したポケットからスタート。3コーナーまでの直線距離は(Aコース時)712mと長く、まるで新潟の直線競馬のように出たなりで横広の状態のまま先行争いになる。よってテンからペースは速めで、中盤で緩むことも少ない。

向正面から徐々に坂を上っていくような形状で3コーナーで頂上に達し、4コーナーにかけて下る。淡々とした流れになりやすく、脚をタメることが出来るかどうかがポイントとなる。かつては先行~差しが主格を担っていたが、近年は逃げ馬の活躍も増えている。

長い向正面と直線に近い3~4コーナー、400mほどの最後の直線。実力馬がスピードに乗って好走しやすい舞台。ゆえに、実力のある人気馬は信頼度が高い。穴を狙うなら、スローになった時の前残りか、近走で差し届かずにいたような馬を狙いたい。

(競馬ラボにおけるコース攻略検証・見解記事より引用)

 

なるほど、コース形態によるものなのですね。
確かに若い馬たちが走るレースでは真っすぐなコースが長く続けばペースが上がってしまうのも納得。

ではこのレースで気持ちよく前に言って軽快な逃げを打つ馬がどれくらいいるのか?
そして先行争いをしそうな馬がどのくらいいるのか、これがペースを決めるカギになると言っても過言ではない。

ここからは各馬のラップ適性・前走の位置取りなどを参考に展開を予想してみましょう。

 

隊列・ペース想定

結論から言えば、スロー~平均ペースの後傾ラップ戦と想定したいと思います。

それは以下のように想定される隊列から判断しています。

<隊列想定>

  1. ③コルテジア(後傾瞬発力)前走1番手
  2. ⑦ディモールト(前傾逃げ)前走3番手(好走時1番手)※ダート戦なのでスピードが足りるか不安
  3. ①サンクテュエール(後傾瞬発力)前走2番手
  4. ⑨ルーツドール(後傾瞬発力)前走2番手
  5. ⑧カバジェーロ(後傾瞬発力)前走2番手
  6. ⑩ヒシタイザン(後傾瞬発力)前走2番手
  7. ②ヴァルナ(後傾瞬発力)前走3番手※前傾ラップだと割引
  8. ⑥プリンスリターン(後傾ロングスパート)前走9番手(好走時2番手)
  9. ⑤オーマイダーリン(前傾差し)前走13番手
  10. ④タガノビューティー(前傾差し)前走14番手

これらの馬達を見ると、前で引っ張りたい馬はコルテジアとディモールト。

コルテジアはともかく、ディモールトはダート馬なのでスピードが足りるかが不安。
前走も芝スタートでポジション取りに苦労していました。

内枠からコルテジアがハナを切る。
ただペースを上げるというよりは、前目で脚を溜めたいというだけなのでポジションが取れたら折り合いに専念してくれるのではないかと思います。

2番手以降は前走ポジションが前目でも、脚を溜められる方が良い後傾瞬発タイプの馬が多いので無理に競りかけるような馬は少ないと判断できる。

よって後傾ラップになることが想定される。

もちろんコースの性質上ペースが速くなりやすいというのも踏まえた上で平均ラップになる可能性もあります。
ただ、ハイペースで前が潰れるというような展開には頭数を考慮してもならないとみています。

ロングスパートになるかと言えば、仕掛けたい馬はプリンスリターンのみの為、4コーナーから一気にペースが上がるというよりはプリンスリターンが一頭押し上げるというような形か。

 

以上の展開を想定するとコンピ指数に加える加減算の対象馬は

【加算対象】

後傾瞬発力タイプ

【減算対象】

前傾差しタイプ

となります。

 

コンピ指数調整

【コンピ指数】

順位 馬番 指数
1 9 ルーツドール 88→108
2 1 サンクテュエール 71→91
3 4 タガノビューティー 62→52
4 6 プリンスリターン 57
5 5 オーマイダーリン 55→45
6 8 カバジェーロ 51→71
7 10 ヒシタイザン 49→69
8 2 ヴァルナ 48→68
9 3 コルテジア 46→66
10 7 ディモールト 40

    

このような調整をしていくと自ずと買うべき馬が見えてきます。

人気二頭にはあまり逆らえなさそうですね・・・

調整後順位 馬名 補正後コンピ指数 現時点オッズ
1 ⑨ ルーツドール 108 2.0
2 ① サンクテュエール 91 3.8
3 ⑧ カバジェーロ 71 15.7
4 ⑩ ヒシタイザン 69 54.5
5 ② ヴァルナ 68 28.9
6 ③ コルテジア 66 59.7
7 ⑥ プリンスリターン 57 13.4
8 ④ タガノビューティー 52 6.1
9 ⑤ オーマイダーリン 45 9.0
10 ⑦ ディモールト 40 99.2

 

⑧カバジェーロ・⑩ヒシタイザン・②ヴァルナ・③コルテジアというそこそこ人気薄の馬が中位まで押し上げてきています。

プリンスリターンは大きな減点材料は少ないので、後傾ラップ適性を評価して紐には加えておきます。

 

以上、指数上位馬の人気2頭を軸に、3~7位の馬を紐に組み入れて紐荒れを狙うというような馬券で勝負してみたいと思います。

 

結論

<予想印>

◎⑨ルーツドール
〇①サンクテュエール
▲⑧カバジェーロ
☆⑩ヒシタイザン
△②ヴァルナ
△③コルテジア
△⑥プリンスリターン

<買い目>

【馬連】

①-⑨ 4000円

【三連単】

①⑨-①⑨-②③⑥⑧⑩ ×300円 計3000円

①⑨-②③⑥⑧⑩-①⑨ ×300円 計3000円

 

以上の買い目を俺プロ(まっつん@logi)に投稿しています。

 

Line@参加者募集中!

Line@では予想記事をはじめ最新記事をお知らせしますので、このブログを2~3回読んだことがあるあなたは是非登録をお願いします!

友だち追加

 

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ