annca / Pixabay

 

こんにちは、まっつんです。

先週、めちゃくちゃ堅かったですね・・・

チューリップ賞 4-2-1番人気

オーシャンS 1-3-2番人気

弥生賞ディープインパクト記念 2-1-3番人気

 

すべて当てることはできましたが、配当が厳しかったです。

堅いと判断したときに点数を絞って勝負にいくような、そんな買い方ができるようにレースの見極めをしっかりやっていきたいと思っています。

それでは回顧に入っていきます。

 

【本ブログの予想法】

今年から従来までのラップによる適性分析に加えて日刊スポーツ社が公開している「コンピ指数」という指数を活用した予想法にチャレンジしています。

「LapConpi-Hybrid」と名付けました。

詳しい内容は以下の記事に記載してありますので、「どんな予想なのか」気になる方はご一読ください。

今年の予想方針について【ラップ予想+コンピ指数】

もしこの予想に興味があるという方は、Line@への登録をお願いします。
記事更新時にお知らせさせて頂きます!

友だち追加

Twitterも始めました!良かったらフォロー&通知onをお願いします。

 

それでは回顧に入っていきます。

チューリップ賞【G2】 回顧

チューリップ賞の予想記事はこちらです。

チューリップ賞【G2】(2020.03.07/阪神芝1,600m)予想【LapConpi-Hybrid】

レース結果

着順 馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手 タイム 着差 推定上り 単勝人気 コンピ
指数
LCH指数
1 枠8桃 13 マルターズディオサ 牝3 54.0 田辺 裕信 1:33.3 33.9 4 62 72
2 枠1白 1 クラヴァシュドール 牝3 54.0 M.デムーロ 1:33.3 ハナ 33.8 2 69 79
3 枠3赤 4 レシステンシア 牝3 54.0 北村 友一 1:33.5 1 1/4 34.2 1 88 103
ハロンタイム 12.2 – 11.2 – 11.7 – 12.0 – 12.2 – 11.3 – 10.9 – 11.8
前後半ラップ 前半3F 35.1 – 後半3F 34.0

 

【ラップ傾向】 後傾瞬発力

まさにザ・トライアルというレースでしたね。
おそらくレシステンシアは、前走ハイペースで飛ばして結果を出していましたので、スローでの競馬を試してみたかったというのが本質でしょう。

結果、スローで逃げて最後の直線でどこまで粘れるかという形でしたが、案の定キレ負けしてマルターズディオサとクラヴァシュドールに差されてしまいました。

これで本番のレシステンシアの戦術ははっきりしました。
本番は間違いなくハイペースで飛ばしてくるでしょう。

トライアルでは逆転したマルターズディオサとクラヴァシュドールは本番、再びペースが上がった時に同じ結果が出せるかという点が焦点となりそうです。

 

逆に桜花賞に直行したリアアメリアあたりは、チューリップ賞に出ていたら圧勝した可能性もありますね。

ここのレース選びという点でも正直ミスった感が否めませんから、本番はより厳しくなったかなと個人的には思っています。

期待したショウリュウハルはせっかく好スタートを切って2番手と取ったのに、道中ポジションを確保できずに後退。松岡Jの離脱は私にとって大きな痛手になったのは言うまでもありません。

(ウインブライトでも騎手交代で痛い目を見ています。松岡Jは相当癖馬に乗るのが上手いということでしょうね。)

 

予想回顧

レシステンシアを軸にしてはいましたが、3連単1頭軸マルチだったので配当がそこそこ伸びてくれました。

上位人気で決まったものの、何とかプラス収支で終わることができました。

<予想印>

◎④レシステンシア
〇①クラヴァシュドール
▲⑭ピーエムピンコ
☆⑬マルターズディオサ
△⑦ウーマンズハート
△⑥ショウリュウハル
△⑤チェーンオブラブ

<買い目>

【3連単マルチ】

⑦⑥⑤ 計90点 各100円 的中! 払戻 13,180

【3連複BOX】

①④⑭ 1000円

計10,000円

払戻 13,180円 

収支 +3,180円

 

以上、チューリップ賞の回顧でした。

 

オーシャンS【G3】 回顧

オーシャンSの予想記事はこちらです。

オーシャンステークス【G3】(2020.03.07/中山芝1,200m)予想【LapConpi-Hybrid】

レース結果

着順 馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手 タイム 着差 推定上り 単勝人気 コンピ
指数
LCH指数
1 枠1白 2 ダノンスマッシュ 牡5 56.0 川田 将雅 1:07.4 34.0 1 86 116
2 枠5黄 10 ナックビーナス 牝7 54.0 横山 典弘 1:07.6 1 1/2 34.4 3 63 103
3 枠1白 1 タワーオブロンドン 牡5 58.0 C.ルメール 1:08.1 34.4 2 76 116
ハロンタイム 11.8 – 10.5 – 10.8 – 11.4 – 11.2 – 11.7
前後半ラップ 前半3F33.1. – 後半3F 34.3

【ラップ傾向】 前傾差し

予想通り、ハイペースになりました。

ナックビーナスはやはりこの舞台に高い適性を持っていますね。
4年連続2着という離れ業をやってのけました。

そして上位に取ったタワーオブロンドンは3着。
能力差というよりは、内枠で先行できる馬と控える馬の有利不利がそのまま着差に出たような感じでした。

すんなり先行できたダノンスマッシュは楽に流れに乗っていたのに対し、タワーオブロンドンは内で包まれながら進路が取れずもたもたしてしまいました。

その間にダノンスマッシュに決定的な差をつけられてのものなので、力の差という感じではなかったかなと思っています。

内枠の差し馬を本命にした自分の馬券下手だったということで納得しています。

 

高松宮記念ではタワーオブロンドンの逆転も十分考えられます。
ダノンスマッシュは左回りより右回りのほうが向いているイメージもありますからね。

これで本番タワーオブロンドンのオッズが下がってくれるようならありがたいです。

 

予想回顧

このレースも堅かったですね。

ダノンスマッシュを軸にしていたとしてもプラスにできていたかどうか。
多点買いをしていた人達にとっては苦しいレースだったといえますね。

<予想印>

◎①タワーオブロンドン
〇②ダノンスマッシュ
▲⑥キングハート
☆⑩ナックビーナス
△⑫ラブカンプー
△④ティーハーフ

<買い目>

【馬単マルチ】

①⇔②④⑥⑩⑫ 計10点 各500円

【3連複1頭軸流し】

④⑥⑫ 計10点 各500円 的中 配当370円 ×500円 = 1850円

計10,000円

 

弥生賞ディープインパクト記念【G2】 回顧

弥生賞ディープインパクト記念の予想記事はこちらです。

弥生賞ディープインパクト記念【G2】(2020.03.08/中山芝2,000m)予想【LapConpi-Hybrid】

レース結果

着順 馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手 タイム 着差 推定上り 単勝人気 コンピ
指数
LCH指数
1 枠1白 1 サトノフラッグ 牡3 56.0 武 豊 2:02.9 36.1 2 76 116
2 枠7橙 8 ワーケア 牡3 56.0 C.ルメール 2:03.2 1 3/4 36.5 1 80 100
3 枠8桃 10 オーソリティ 牡3 56.0 L.ヒューイットソン 2:03.3 1/2 36.9 3 67 77
ハロンタイム 12.7 – 11.4 – 12.1 – 12.3 – 12.6 – 12.6 – 12.6 – 12.5 – 11.8 – 12.3
前後半ラップ 前半3F36.2. – 後半3F 36.6

【ラップ傾向】 平均瞬発力

平均ペースではありましたが、重馬場だったのでタフな流れになりました。

しかしディープインパクト記念というだけあって、唯一のディープインパクト産駒であるサトノフラッグが突き抜け快勝。

血統的な裏付けも、能力的にも足りていたので本命で勝負してよかったです。

ブラックホールが最後突っ込んできてくれていたらもっと配当はついたのですが、1~3番人気上位独占という結果に。

堅いと思われるレースの資金配分をもっと考えなければなりませんね。

予想回顧

堅い、かつ小頭数の競馬だったので本当はもう少し買い目を絞りたかったところなのですが、穴狙いの欲が出て、②③⑥を最後に買い目に入れてしまいました。

結果◎〇△で決まっていたので、手を広げるだけ無駄でしたね。

堅いと思ったレースは一極集中で勝負にいくという感覚を養っていきたいと思います。

<予想印>

◎①サトノフラッグ
〇⑧ワーケア
▲⑤ブラックホール
△⑩オーソリティ
△②エンデュミオン
△⑥ウインカーネリアン
△③パンサラッサ

<買い目>

【馬単マルチ】

⇔⑤ 計4点 各1,000円 的中! 払戻6,900円

【三連単フォーメーション】

-⑤-②③⑤⑥⑧ 計10点 各200円 的中! 配当1510円 × 200円 = 3,020円

⑤⑧-①-②③⑤⑥⑧⑩ 計10点 各200円

【3連単BOX】

①⑤⑧ 計6点 各300円

①-⑤-⑧ 100円
⑤-①-⑧ 100円

計10,000円

払戻 9,620円

収支 -380円

これまでの反省・的中へのヒント

  • 前に回顧記事をしっかりと復習。(これがなかなかできない・・・)
  • トラックバイアスはあてにしすぎてはいけない。
  • 小頭数の場合は、1点勝負という選択もありなのではないか。
  • 当該コースでの勝利実績というのは、加点要素として考えるべき
  • 前走からの距離延長の逃げ、先行馬を見つけたら、ペースが上がるサイン!
  • 複勝、ワイドを上手に使うべし。
  • ハナに立ちたい馬が見当たらないときは先行馬が多くてもスローペースを疑え
  • 逆に過去ハナに立って好成績を挙げたことのある馬は近走逃げられていなくても、ハナ切るかも!?
  • 過去に好走した実績があれば、適性は複数あると判断すべし。
  • ペース予測に全力を尽くせ。それが的中への近道である。
  • 血統はあくまで付加情報として取り扱う。ベースはラップ予想で。
  • 勝てていない外国人ジョッキーは軸にすべきではない。(目安:G1勝ちの有無)
  • トライアルレースはスローペースになりやすく、本番はハイペースになりやすい。
  • 内枠の差し馬はコースにもよるが、包まれるリスクを考えると避けた方が良い。
  • 堅いと思われるレースは無理に手を広げるな

以上、宜しくお願い致します。

2020年収支

的中レース/購入レース(8/23)

  • シンザン記念
  • フェアリーS
  • 愛知杯(的中)
  • 日経新春杯
  • 京成杯
  • 東海S
  • アメリカジョッキークラブカップ
  • シルクロードステークス(的
  • 根岸ステークス
  • シンザン記念
  • 東京新聞杯
  • クイーンカップ
  • 京都記念
  • 共同通信杯(的中)
  • 京都牝馬ステークス
  • ダイヤモンドS(的中)
  • 小倉大賞典(的中)
  • フェブラリーS
  • 中山記念
  • 阪急杯
  • チューリップ賞(的中)
  • オーシャンS(的中)
  • 弥生賞ディープインパクト記念(的中)

収支

投資金額=230,000円

回収金額=181,400円

的中率=34.7%

回収率=78.8%

 

以上、先週のレース回顧でした。

 

Twitterも始めました!良かったらフォロー&通知onをお願いします。

 

Line@も参加者募集中!

Line@では予想記事をはじめ最新記事をお知らせしますので、このブログを2~3回読んだことがあるあなたは是非登録をお願いします!

友だち追加

 

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ