annca / Pixabay

 

こんにちは、まっつんです。

先週は共同通信杯のみでしたが、的中することができました。

 

ただし収支はマイナス。課題は変わらず「馬券の買い方」。

どうやったら利益を最大化することができるのか、しっかりと考えたいと思っています。

 

またクイーンカップは完全に想定していた展開と真逆の展開に。

軽視していた、マジックキャッスルとミヤマザクラがワンツー。

 

ある意味逆の展開を想定していたからこそ軽視していたということなので、予想の精度には手応えをつかんだところもあります。

インザムービーがあんなハイペースで逃げるなんて・・・。

 

ま、これも競馬ですね。

そこまで想定できるように精進していきたいと思います。

 

【本ブログの予想法】

今年から従来までのラップによる適性分析に加えて日刊スポーツ社が公開している「コンピ指数」という指数を活用した予想法にチャレンジしています。

「LapConpi-Hybrid」と名付けました。

詳しい内容は以下の記事に記載してありますので、「どんな予想なのか」気になる方はご一読ください。

今年の予想方針について【ラップ予想+コンピ指数】

もしこの予想に興味があるという方は、Line@への登録をお願いします。
記事更新時にお知らせさせて頂きます!

友だち追加

Twitterも始めました!良かったらフォロー&通知onをお願いします。

 

それでは回顧に入っていきます。

クイーンカップ【G3】 回顧

クイーンカップの予想記事はこちらです。

クイーンカップ(2020.02.15/東京芝1,600m)予想【LapConpi-Hybrid】

レース結果

着順 馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手 タイム 着差 推定
上り
単勝
人気
コンピ
指数
LCH指数
1 枠1白 1 ミヤマザクラ 牝3 54.0 福永 祐一 1:34.0 34.3 2 64 54
2 枠6緑 9 マジックキャッスル 牝3 54.0 S.フォーリー 1:34.0 クビ 33.4 4 73 83
3 枠4青 5 セイウンヴィーナス 牝3 54.0 野中 悠太郎 1:34.1 3/4 34.1 12 42 42
ハロンタイム 12.1 – 11.0 – 11.2 – 11.4 – 12.0 – 11.9 – 12.7 – 11.7
前後半ラップ 前半3F 34.3 – 後半3F 36.3

 

【ラップ傾向】 前傾ラップ

インザムービーが後続を大きく離して逃げる展開。
離れた2番手にいたミヤマザクラが最後は押し切って勝利という結果になりました。

今回のレースは1頭が後続を離して逃げていて、2番手以降はスローペースに近かったのではないかという意見もあるかもしれませんが、先頭とあれだけの差がついてしまってはじっくりと脚を溜めることは難しく、早めに仕掛けをしなければなりません。

つまり末脚として求められる質は、タフな末脚です。

 

後傾瞬発ラップのタイプ馬たちは、脚を溜めることができない為、末脚不発になりがち。
前傾差しタイプの馬たちにとっては、他のタイプと差がつけやすい展開になったということ。

 

1着のミヤマザクラは前傾差しタイプ。

2着のマジックキャッスルは前傾差し・後傾瞬発の要素を兼ねていました。

3着のセイウンヴィーナスは平均瞬発力タイプと、流れたペースでも瞬発力を発揮できるという特徴がありました。

 

後傾瞬発力ラップを想定していたので、ミヤマザクラは買い目から外し、マジックキャッスルも押さえとしていました。
ではインザムービーが前傾ラップを刻むということは想定できなかったのでしょうか。

 

実はこれは想定する術はありました。

キーワードは「前走1200m戦からの距離延長」です。

 

インザムービーは前走1200mで2番手追走の競馬をしていたので、前半のトップスピードの能力はかなり高い部類に入ります。
つまりこのメンバーでは圧倒的に高いスピードを誇る馬であるということを私は見落としていたのです。

しかも前傾ラップを好むタイプ(前傾差し)なので、自分で仕掛けていくしかない馬でもあるのです。
これを頭に入れることができていれば、前傾ラップでの予想の組み立ては可能であったと反省しています。

 

最後になりますが、ゴリ押ししていた「ルナシオン」は10着と大敗していしまいました。
アーモンドアイくらいの怪物だと盲目的に思い込んでしまったため、予想の精度が狂ってしまったと反省しております。

次回以降はこのような過ちを犯さないように、好きな馬でも客観的に判断するという意識を忘れずに予想に取り組んでいきたいと思います。

予想回顧

想定していた展開が真逆だったので、大外れの結果になってしまいました。

インザムービーの脚質、距離経験、スピードをしっかり頭に入れられていればよかったのですが・・・。
あとは必要以上にルナシオンに肩入れしてしまったことも敗因です。

競馬は好きな馬を応援するという側面と、冷静に分析して判断するという2面性があります。
応援したい馬が、しっかりと好走できる条件なのかを見極めて応援しないと2重のショックを味わうということでしょう。

馬券の購入は客観的な判断からという意識を持って、今後は予想に励んでいきたいと思います。

<予想印>

◎③ルナシオン(10着)
〇⑫ホウオウピースフル(6着)
▲⑩アカノニジュウイチ(4着)
☆⑨マジックキャッスル(2着)
△⑥シャンドフルール(5着)
△⑬チアチアクラシカ(7着)

<買い目>

【馬連】

③ー⑫ 3,000円
③-⑩ 1,200円
③-⑨ 1,000円

【三連単】

③ー⑨⑩⑫-⑥⑨⑩⑫⑬ 計30点 各400円 計4,800円

計10,000円

以上、クイーンカップの回顧でした。

京都記念【G2】 回顧

京都記念の予想記事はこちらです。

京都記念(2020.02.16/京都芝2,200m)予想【LapConpi-Hybrid】

レース結果

着順 馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手 タイム 着差 推定
上り
単勝
人気
コンピ
指数
LCH
指数
1 枠7橙 7 クロノジェネシス 牝4 54.0 北村 友一 2:16.4 35.8 1 75 95
2 枠1白 1 カレンブーケドール 牝4 53.0 津村 明秀 2:16.8 2 1/2 35.9 2 77 107
3 枠5黄 5 ステイフーリッシュ 牡5 56.0 岩田 康誠 2:17.1 1 3/4 36.7 3 72 92
ハロンタイム 13.0 – 11.4 – 12.4 – 12.3 – 12.0 – 12.6 – 13.1 – 12.7 – 12.4 – 12.2 – 12.3
前後半ラップ 前半3F36.8. – 後半3F 36.9

【ラップ傾向】 平均ロングスパート

前にいく馬が少ないと思っていたですが、アメリカズカップが大逃げする形に。
このパターンは最近多いですね。レースレベルが上がれば上がるほど後傾瞬発力なんていうラップは珍しくなっていきます。

本当に時代の変化を感じさせますよね。
去年はノーザン1強と言われ、他の生産牧場の馬は全然歯が立たなかったのに、今年は群雄割拠の時代になりました。

わかりやすく、「前有利の傾向」が出ている感じでなんか地方競馬のレースに近いような感じになってきています。
まずは前のポジションを取る。でもあまり前が激しくなると差し馬に有利な展開になる。

ただ切れるだけという馬にとっては苦しいレースが多くなっているんですね。
逃げたアメリカズカップなんかも重馬場が得意だから、あわや逃げ切ってしまうんじゃないかというような勢いを感じました。

想定した展開通り、上位に評価した3頭がロングスパート性能を発揮して1~3着を独占する展開に。

人気通りだったとはいえ、人気通りに来るかどうかを自信を持って見極めることが出来ると強いですよね。

 

予想回顧

カレンブーケドールの1着を期待したのですが、先行せず後方からの位置取りに構えた時点でアウト。
実力はあると思いますが、負けているクロノジェネシスが相手なのに、どうして横綱相撲が取れるのか・・・。

せめてもっと前に付けて、クロノジェネシスをマークするような走りであればわかるのですが、後方から大外ぶん回しでG1馬に勝てるという算段がどこから出てきたのか?

ジョッキーに話を聞けるのであれば、聞いてみたいなぁと思いました。

 

ま、愚痴はさておき、上位評価した馬が素直に上位を独占してくれたのは良かったです。

冒頭にも書きましたがやはり馬券の買い方。これがすごく重要だと思います。

 

◎の馬が複勝圏に来る確率は自分で言ってはなんですが、結構高いと思うんですよね。

複勝やワイド、3連複を駆使して回収率を上げられるように意識していきたいと思います。

 

<予想印>

◎①カレンブーケドール(2着)
〇⑤ステイフーリッシュ(3着)
▲⑦クロノジェネシス(1着)
☆⑥アルメリアブルーム(5着)
△⑧ドレッドノータス(8着)
△⑨ノーブルマーズ(4着)

<買い目>

【三連単】

①ー⑤⑥⑦⑧⑨-⑤⑥⑦⑧⑨ 計20点 各500円 計10,000円

共同通信杯【G3】回顧

共同通信杯の予想記事はこちらです。

共同通信杯(2020.02.16/東京芝1,800m)予想【LapConpi-Hybrid】

レース結果

着順 馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手 タイム 着差 推定
上り
単勝
人気
コンピ
指数
LCH
指数
1 枠6緑 6 ダーリントンホール 牡3 56.0 C.ルメール 1:49.6 34.1 3 64 64
2 枠2黒 2 ビターエンダー 牡3 56.0 F.ミナリク 1:49.6 ハナ 34.3 4 59 89
3 枠7橙 7 フィリオアレグロ 牡3 56.0 M.デムーロ 1:50.3 34.6 2 73 93
ハロンタイム 13.2 – 11.9 – 12.5 – 12.9 – 12.7 – 12.1 – 11.2 – 11.4 – 11.7
前後半ラップ 前半3F37.6. – 後半3F 34.3

【ラップ傾向】 後傾ロングスパート

予想的にはバッチリハマったと思っています。
◎ビターエンダーがしっかりと粘り切り、2着を確保。

2走前の東京での未勝利戦を好タイムで勝っていたところに着目出来たのが良かったです。
やはり過去同じ競馬場で好走出来た馬というのは、評価軸として入れるのは有効ですね。

そして断然の1番人気で敗れたマイラプソディ。
いろいろな評価もありますが、初の左周りや馬場が合わなかった可能性は高いと思います。

ただクラシックで主役を張るような馬というのは、どんな条件でも好走するだけの能力は持っていてもおかしくはないので、現時点で主役級の能力を持った馬ではないということは確かだと思います。

中山競馬場の急坂を克服できるのか?再び左回りの長い直線になるダービーで末脚を発揮できるのか?
不安を残したままクラシックに進むことになりそうです。

フィリオアレグロも東京の道悪で勝ち星を上げているだけあって、今回適性的には問題はなかったと思います。
ただやはり1戦1勝馬なので、キャリア不足は否めなかったかなという印象です。

勝ったダーリントンホールは、早めに仕掛けている分スローで逃げていたビターエンダーよりも体力を使ったレースになりました。

しかししっかりと勝ち切ったあたり能力は高いですね。
皐月賞あたりではもしかしたら適性が向いてくるかもしれません。

予想回顧

馬券的にはフィリオアレグロとの2頭軸3連単が的中。
しかしマイラプソディが飛んだ割には配当が付きませんでした。

このレースで実は一番儲けが出たのは複勝でしたね。3・4・2番人気で決まったのに300円以上ついているのですから。
ビターエンダー複勝1万円!みたいな買い方が出来ていれば大幅なプラスだったのですけれど…

儲かって、よく当たる買い方。

見つけられるように試行錯誤していきたいと思います。

<予想印>

◎②ビターエンダー(2着)
〇⑦フィリオアレグロ(3着)
▲⑧マイラプソディ(4着)
☆④シングンバズーカ(6着)
△⑥ダーリントンホール(1着)
△⑤アジュバント(9着)

<買い目>

【単勝】

②ビターエンダー 1000円

【馬連】

②ー⑦ 2000円
②-⑧ 2000円
②-④ 200円

【三連単】

<2頭軸マルチ>

②⑧-④⑥⑤⑦ 計24点 各100円 計2400円

②⑦-④⑤⑧ 計24点 各100円 計2400円

的中!配当16600円!

計10,000円

今週の反省・的中へのヒント

  • 予想を始める前に回顧記事をしっかりと復習。(これがなかなかできない・・・)
  • トラックバイアスはあてにしすぎてはいけない。
  • 小頭数の場合は、1点勝負という選択もありなのではないか。
  • 当該コースでの勝利実績というのは、加点要素として考えるべき
  • 前走からの距離延長の逃げ、先行馬を見つけたら、ペースが上がるサイン!
  • 複勝、ワイドを上手に使うべし。

以上、宜しくお願い致します。

2020年収支

的中レース/購入レース(2/11)

  • シンザン記念
  • フェアリーS
  • 愛知杯(的中)
  • 日経新春杯
  • 京成杯
  • 東海S
  • アメリカジョッキークラブカップ
  • シルクロードステークス(的
  • 根岸ステークス
  • シンザン記念
  • 東京新聞杯
  • クイーンカップ
  • 京都記念
  • 共同通信杯(的中)

収支

投資金額=140,000円

回収金額=156,750円

的中率=21.4%

回収率=111.9%

 

以上、先週のレース回顧でした。

 

Twitterも始めました!良かったらフォロー&通知onをお願いします。

 

Line@も参加者募集中!

Line@では予想記事をはじめ最新記事をお知らせしますので、このブログを2~3回読んだことがあるあなたは是非登録をお願いします!

友だち追加

 

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ