エリザベス女王杯【G1】(11月10日京都芝2200m)予想

エリザベス女王杯【G1】予想

こんにちは。まっつんです。

ブログ開設後初のG1レースです!

やはりG1レースはワクワクしますね!

 

ここのポイントは有力どころである、4頭の優劣。

  • ラヴズオンリーユー
  • クロノジェネシス
  • スカーレットカラー
  • ラッキーライラック

この4頭のうち、軸として信頼をおける馬はどの馬か?

割って入れる可能性がある馬はどの馬か?

 

ここをペース・展開面からどういう馬が台頭してくるのか、推察していきましょう。

枠順

【エリザベス女王杯 枠順】

  1. ブライトムーン(牝5・56.0 福永祐一
  2. ラッキーライラック(牝4・C.スミヨン・56.0)
  3. シャドウディーヴァ(牝3・松山弘平 54.0
  4. ウラヌスチャーム(牝4・O.マーフィー・56.0)
  5. ポンデザール(牝4・藤岡康太・56.0)
  6. クロコスミア(牝5・藤岡佑介・54.0
  7. レイホーロマンス(牝6・岩崎翼・56.0)
  8. クロノジェネシス(牝3・北村友一・56.0)
  9. アルメリアブルーム(牝5・武豊・56.0)
  10. フロンテアクイーン(牝6・津村明秀・56.0)
  11. ラヴズオンリーユー(牝3・M.デムーロ・54.0
  12. センテュリオ(牝4・C.ルメール・56.0)
  13. サトノガーネット(牝4・坂井瑠星・56.0)
  14. ゴージャスランチ(牝4・幸英明・56.0)
  15. ミスマンマミーア(牝4・浜中俊・56.0)
  16. スカーレットカラー(牝4・岩田康誠・56.0)
  17. サラキア(牝4・川田将雅・56.0)
  18. レッドランディーニ(牝4・池添謙一・56.0)

 

非根幹距離である2200mは、ノーザンテーストの血が生きるという話もありますが、私はあくまで馬の能力を見極める予想法。

切り口が違う予想を混ぜ込んでしまうとブレるので、ここはそういった要素は一切排除して考えます。

 

これで血統予想家の方々がウハウハするような展開だったら私は

Irina_kukuts / Pixabay

 

という反応をすることでしょう・・・

平常心で予想していきたいと思います。

 

レース展開想定

ペースはスローペースと想定します。

スローペースですが、後半ラスト4Fくらいから一気にペースが上がり、ロングスパート気質の強いレースになると思っています。

それは以下のような隊列が想定されるから。

【想定隊列】

  1. ⑭ゴージャスランチ
  2. ⑰サラキア
  3. ⑥クロコスミア
  4. ⑧クロノジェネシス
  5. ⑩フロンテアクイーン
  6. ①ブライトムーン
  7. ②ラッキーライラック
  8. ⑨アルメリアブルーム
  9. ③シャドウディーヴァ
  10. ⑫センテュリオ
  11. ⑪ラヴズオンリーユー
  12. ⑱レッドランディーニ
  13. ④ウラヌスチャーム
  14. ⑯スカーレットカラー
  15. ⑮ミスマンマミーア
  16. ⑤ポンデザール
  17. ⑬サトノガーネット
  18. ⑦レイホーロマンス

 

このレースのカギを握るのは⑥クロコスミア。

ヴィクトリアマイルで3着に入った時には5番手。

去年のエリザベス女王杯では逃げています。

 

ヴィクトリアマイルでは後半3Fのラップが最速。

去年のレースでは4コーナーでスパートを開始して、後続の脚を使わせ粘り切るというスタイル。

 

つまり、瞬発力を後ろの馬たちに使わせないように早めにスパートをかけていくのが得意な馬なのです。

乗り替わりの藤岡佑介騎手がどう乗ってくるかですが、毎年同じような仕掛けをしてきているので陣営からの指示が出ているのでしょう。

 

今回も得意な条件のレースを作れるメンバー構成になっているので同じようなレースを狙ってくるはず。

勝ちきれないのはそれを上回る脚をもっている馬にことごとく差されてきたということ。

 

今回もラヴズオンリーユーやスカーレットカラーなど決め脚自慢の馬たちが揃っていますので、そういった後続からの強襲に耐えられるのか。

いずれにしてもクロコスミアがレースメイクをすると考えると、ロングスパートの適性が求められるレースであると言えるでしょう。

 

レースラップを使った適性分析

それではクロコスミアが作り出すロングスパート適性がある馬はどんな馬なのでしょうか。

それは後傾ロングスパート型のタイプの馬。

 

具体的に言えば以下の通り。

【後傾ロングスパート型】

  • ④ウラヌスチャーム
  • ⑥クロコスミア
  • ⑪ラヴズオンリーユー
  • ⑯スカーレットカラー
  • ⑱レッドランディーニ

 

そして万能タイプとしてどんなレース展開でも好走できる⑧クロノジェネシスは外せないでしょう。

これまで3着以下を外したことのない堅実な馬。

桜花賞=後傾ロングスパート
クイーンC=後傾瞬発
秋華賞=前傾差し

と、どんなレースでもある程度の脚をもっていると考えて切ることは難しいと考えます。

 

次点としてまたタフなレース展開となるため、前にいる馬たちの脚が上がってきたときにもう一脚使えるような、前傾差しタイプの馬も時点で候補とします。

  • ⑨アルメリアブルーム
  • ③シャドウディーヴァ

 

これらの馬たちを中心視しつつ、優劣をつけていきましょう。

能力比較

中心視するのは、ラヴズオンリーユー。

一番人気ではありますが、ロングスパート適性はかなり高く3Fが最速のタフなレースになっても最後、もう1脚使えるだけの地力を備えた馬。

 

鞍上M.デムーロ騎手の調子が悪いのが気がかりですが、有力馬をどんどん降ろされている現状。

今、最も力のあるお手馬を手放すわけにはいかないはずなので、意地に期待します。

 

2番手にレッドランディーニを推したいと思っています。

現状、17番人気のブービー人気ですが、ロングスパート性能は高く、2走前のマーメイドSではスカーレットカラーに先着しています。

(ハンデは2キロあったこと、前走の府中牝馬Sでスカーレットカラーに完敗していることで人気を落としていますが、府中牝馬Sは瞬発力勝負になったことが原因。)

 

また叩き2走目の方が実績があるので、今回はねらい目だと思います。

 

3番手はスカーレットカラー。

レッドランディーニ同様にロングスパート性能+高い瞬発力を持つ馬なのでここも狙ってよいのではないでしょうか。

 

3連複フォーメーションの2番手として

クロコスミア

クロノジェネシス

ウラヌスチャームも相手とします。

 

押さえで

アルメリアブルーム

シャドウディーヴァ。

 

特にアルメリアブルームは今の京都で神騎乗を連発する武豊騎手

昨日のデイリー杯2歳Sでも最後方からインに滑り込み、一着と一発あってもおかしくありません。

 

結論

<予想印>

⑪ラヴズオンリーユー
○⑱レッドランディー二
▲⑯スカーレットカラー
☆⑧クロノジェネシス

△⑥クロコスミア
△④ウラヌスチャーム
△③シャドウディーヴァ
△⑨アルメリアブルーム

<買い目>

【3連複フォーメーション】

⑪-⑱⑯⑧⑥④-⑱⑯⑧⑥④③⑨ 各300円 計6000円

【3連単フォーメーション】

⑪-⑱⑯⑧⑥④-⑱⑯⑧⑥④③⑨ 各100円 計3600円

ワイド ⑪-⑱ 400円

 

以上の買い目を俺プロ(まっつん@logi)に投稿しています。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

 

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ