こんにちは、まっつんです。

ゴールデンウイーク、皆様いかがお過ごしになられたでしょうか?
STAY HOMEを言い渡されていたので普段とは違った過ごし方をされたのではないでしょうか。

私は自宅の庭いじりをしたり、子供達との遊びに付き合わされたりとあっという間に時間が過ぎた感覚です。
そして普段仕事をするよりもクタクタになったというGWでした・・・(苦笑)

GWも明け、春のG1シリーズもいよいよ本番。
先週の天皇賞、軸を間違えて悔しい負けとなりましたので、今週の3重賞はしっかりと当てていきたいと思います。

それではG1であるNHKマイルカップから過去傾向を見ていきます。

↓新しい予想の方針を下記の記事にまとめましたので、ご一読頂ければ幸いです。

新予想法【Family Line Lap(FLL)適性予想】(血統・系統・ラップ予想)※収支公開中

新しい予想でも、血統傾向・ラップ傾向・コース傾向は重視していきますので引き続き過去の傾向は分析していきます。

<記事の更新を受け取りたい方へ>
更新は既に登録して頂けている方はLine@、これから更新案内を受け取りたい方はTwitterにてお知らせしていますので、フォロー&通知ONしてお待ち頂ければ幸いです。

<ウマモブ参加しました>
競馬ブログのまとめサイトです。クリックして応援をお願いします!

↑このボタンをクリック

過去5年のレース分析(レースラップ/好走血統/前走距離・ローテ)

血統・前走ローテ

過去5年の3着以内馬の父・母父・母母父・母母母父の系統を一覧表形式でまとめています。

色で分けていますので、どういう系統の血を持った馬たちが好走しているか、感覚的に把握して頂ければと思います。

血統の傾向

その条件を踏まえた上での特徴を分析していきます。
過去5年間の血統傾向を見ると、以下7パターンに振り分けられます。

① 父キングマンボ系 × オールド血統(ハンプトン系/ハイペリオン系など)

過去の該当馬:レッドヴェイロン/ミュゼスルタン/ケイデンスコール

② 父ダイワメジャー × 欧州ノーザンダンサー系 × ナスルーラ系 or  欧州ノーザンダンサー系(2本)

過去の該当馬:アドマイヤマーズ/ボンセルヴィーソ/メジャーエンブレム

③ 父ディープインパクト × ミスタープロスペクター系(ネイティブダンサー系)

過去の該当馬:ケイアイノーテック/ギベオン

④ 父ヴァイスリージェント系 × ミスタープロスペクター系 or  ネイティブダンサー系

過去の該当馬:アエロリット/クラリティスカイ/アルビアーノ

⑤ ミスタープロスペクター系(ネイティブダンサー系) × ミスタープロスペクター系(ネイティブダンサー系)

過去の該当馬:リエノテソーロ/アルビアーノ

⑥ 父サンデーサイレンス系 × ノーザンダンサー系(直系)

過去の該当馬:ロードクエスト/レインボーライン

⑦ サンデーサイレンス系 × リボー系

過去の該当馬:ケイデンスコール/カテドラル

あまり傾向として顕著なものはありませんでしたが、「ダイワメジャー産駒」「ディープインパクト産駒」の場合はそれぞれ特徴が出ています。
あとはマイル戦らしく、ヴァイスリージェント系やミスタープロスペクター系といったアメリカンな血が好走傾向にありますね。

前走ローテ傾向

前走重賞組

桜花賞・皐月賞でちょい負けした馬というのは狙い目のようです。

過去該当馬:クラリティスカイ/ロードクエスト/メジャーエンブレム/アエロリット/アドマイヤマーズ

NZT組

またトライアルでは、ニュージーランドトロフィー組が3頭馬券に絡んでいます。
条件は「負けていても掲示板内」といったところでしょうか。

過去該当馬:ケイアイノーテック/ボンセルヴィーソ/レインボーラインが馬券に入ってきています。

毎日杯組

毎日杯からは過去2頭馬券に入っています。こちらも掲示板内が条件となるでしょう。

過去該当馬:ケイデンスコール/ギベオン

    東京 芝1,600m特徴

    【東京 芝1,600m特徴】

    左回りで行われる東京競馬場。芝コース1600mのスタート地点は第2コーナー付近にあり、スタート直後から600mほどは直線になっています。
    そのため、枠順による有利・不利は少ないという印象があります。

    第4コーナーを回っても、東京競馬場特有の長い長い最後の直線が待っています。
    残り500m地点から1ハロンほどが急激な坂になっていて、登りきってもあと300mも残っているタフなコースです。

    【枠傾向】
    上記同様、枠順の有利不利は少ないとみておきます。

    【ペース傾向】
    1600m戦という短い距離なのでハイペースになりやすいという印象がありますが、結果は明らかにスローペースになる傾向という分析結果が出ました。

    そしてハイペースになることはほとんどありません。

    東京芝1600mでは、ほぼ確実にスローペースになると考えて予想を組み立てましょう。

    東京競馬場の芝1600mというコースは、スタート直後から3ハロンも直線が続きます。
    その影響で他のコースと比べて激しい先行争いにならず、比較的ペースが落ち着きやすいのではないでしょうか。

    【脚質傾向】

    直線の長い東京競馬場。どうしても差し・追い込み馬が勝ちやすいイメージがありますが、実際にはどうでしょう?

    意外や意外、もっとも勝率の高い脚質は『逃げ馬』という結果でした。
    さらに先行脚質の馬も連対率・3着内率ともに高く、東京芝1600mは実際には「逃げ・先行馬に有利なコース」という分析結果になりました。

    【参考サイト】引用:調教タイム理論(競馬場分析)

    レースラップの傾向

    過去5年のレースラップを見ていきます。

    【レースラップを見る際の注意点】
    前半2F目のラップは最速ラップとしてはカウントしません。2F目以外での最速ラップを赤文字にします。
    →なぜなら前半2Fまではポジション争いがある為、ほとんどのレースで2F目が最速ラップになるからです。

    【2019年】 平均ロングスパートラップ

    ハロンタイム 12.0 – 10.4 – 11.5 – 11.9 – 12.0 – 11.311.3 – 12.0
    前後半ラップ 前半3F33.9- 後半3F34.6

    【2018年】 平均ロングスパートラップ

    ハロンタイム 12.1 – 11.1 – 11.2 – 11.9 – 11.7 – 11.3 – 11.5 – 12.0
    前後半ラップ 前半3F 34.4 – 後半3F 34.8

    【2017年】 平均ロングスパートラップ

    ハロンタイム 12.4 – 10.9 – 11.2 – 11.6 – 11.8 – 11.311.3 – 11.8
    前後半ラップ 前半3F 34.5- 後半3F 34.4

    【2016年】 平均ロングスパートラップ

    ハロンタイム 12.3 – 10.7 – 11.3 – 11.7 – 11.7 – 11.3 – 11.5 – 12.3
    前後半ラップ 前半3F 34.3- 後半3F 35.1

    【2015年】 後傾ロングスパートラップ

    ハロンタイム 12.4 – 11.1 – 11.8 – 11.9 – 12.1 – 11.1 – 11.3 – 11.8
    前後半ラップ 前半3F 35.3 – 後半3F 34.2

     

    コース傾向として「ほとんどスローになる」という傾向が出ていますが、さすがG1というだけあって平均ペース(前傾寄り)のレースがほとんどです。

    レシステンシアが出走している時点でスローで逃げることはほぼあり得ないので、平均~前傾に強い馬を中心に馬券を組み立てられたら良いのかなと思います。

    注意事項

    当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

    皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
    (予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

    それではよろしくお願いいたします。

    このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

    にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ