こんにちは、まっつんです。

コロナコロナコロナコロナ…毎日こんなニュースばかりで疲れてしまいますね。

でも日本の危機であるということには間違いないと思うんです。
私は静岡県在住ですが、少しずつ感染者が増えてきました。

子供たちもいますし、とにかく早く収まってくれることを心から願っています。
とにかく自粛。

仕事柄、コロナウイルスが収まった後の世の中のことを調べたりしているのですが、
大きな変化が訪れる見込みです。

とにかく早く終息させないとどんどん影響が大きくなっていきますから一人ひとりが意識を強く持って打ち勝っていきましょう。

競馬が出来なくなってしまうと困るのは「馬」自身です。
未勝利戦がなくなれば、勝ち上がれる機会が減り、馬生に関わります。

経済が悪くなれば、馬に投資できるオーナーが減り、馬券を買う人達の収入が減り、競馬を楽しむことすら難しくなります。

というコロナウイルスの話はいったんここまでにして、競馬の話に移ります。

NHKマイルカップの前哨戦ですが、他の2重賞に比べて地味ではありますが、荒れる可能性も秘めていると思いますので、的中めざして分析していきたいと思います。

それでは過去の傾向を見ていきましょう。

<記事の更新を受け取りたい方へ>
更新は既に登録して頂けている方はLine@、これから更新案内を受け取りたい方はTwitterにてお知らせしていますので、フォロー&通知ONしてお待ち頂ければ幸いです。

<ウマモブ参加しました>
競馬ブログのまとめサイトです。クリックして応援をお願いします!

↑このボタンをクリック

過去5年のレース分析(レースラップ/好走血統/前走距離・ローテ)

レースラップの傾向

過去5年のレースラップを見ていきます。

【レースラップを見る際の注意点】
前半2F目のラップは最速ラップとしてはカウントしません。2F目以外での最速ラップを赤文字にします。
→なぜなら前半2Fまではポジション争いがある為、ほとんどのレースで2F目が最速ラップになるからです。

【2019年】 後傾瞬発型ラップ

ハロンタイム 12.4 – 11.5 – 12.0 – 12.3 – 12.1 – 11.4 – 11.2 – 11.3
前後半ラップ 前半3F35.9- 後半3F33.9

【2018年】 平均瞬発力ラップ

ハロンタイム 12.5 – 11.1 – 11.6 – 11.9 – 12.0 – 12.1 – 11.6 – 11.4
前後半ラップ 前半3F 35.2 – 後半3F 35.1

【2017年】 後傾瞬発型ラップ

ハロンタイム 12.9 – 11.6 – 11.8 – 12.1 – 12.3 – 12.0 – 11.7 – 11.6
前後半ラップ 前半3F 36.3 – 後半3F 35.3

【2016年】 平均ロングスパートラップ

ハロンタイム 12.2 – 11.0 – 11.7 – 11.7 – 12.1 – 11.8 – 11.711.7
前後半ラップ 前半3F 34.9 – 後半3F 35.2

【2015年】 前傾ラップ

ハロンタイム 12.2 – 11.2 – 11.6 – 12.2 – 11.8 – 12.0 – 12.0 – 11.8
前後半ラップ 前半3F 35.0 – 後半3F 35.8

ラップ的には後傾が2年・平均が2年・前傾が1年とばらつきがあります。
コースの傾向からすると、平均・後傾になる傾向が強いので、平均、後傾、前傾の順で評価していきたいと思います。

また実際に出走馬の枠を踏まえた展開予想次第で想定ペースも変わるはずなので、適性分析ではしっかり分析をしていきたいと思います。

<ラップタイプ評価>
(A)平均ラップ(20点) ※
(B)後傾ラップ(10点)
(C)前傾ラップ(0点)

※メンバーを見て、平均と後傾の適性を入れ替える可能性あり。

<加速タイプ評価>
(A)瞬発力タイプ(20点)
(B)ロングスパートタイプ・前傾差しタイプ(10点)

血統・前走ローテ・位置取りの傾向

過去5年の3着以内馬の父・母父・母母父・母母母父の系統まで掲載してみます。

過去傾向

血統傾向

欧州ノーザンダンサー系×ナスルーラ系の馬の好走が目立ちます。
桜花賞・阪神牝馬Sでも同じような傾向がありました。

このレースもアメリカ血統の馬はあまり好走の傾向がありませんね。
唯一好走が目立った2015年は珍しい前傾ラップでした。

ラップによって好走血統が変わるのが面白いところです。
現時点では平均・後傾ラップに張って、欧州ノーザンダンサー系・ナスルーラ系を持つ馬たちを上位に取りたいと
思います。

もし前傾ラップが想定されるようであれば、アメリカ血統を上位に取るように切り替えていきます。

<血統評価A(20点)>

サンデーサイレンス系(ヘイロー系)×欧州ノーザンダンサー系×ナスルーラ系

<血統評価B(10点)>

サンデーサイレンス系・欧州ノーザンダンサー系・ナスルーラ系を2系統保有

<血統評価C(0点)>

それ以外

前走距離・クラスの傾向

マイルの1勝クラスを1着で勝ち上がってきた馬は好走している傾向がありますね。
また、坂のある東京・阪神・中山・中京からのローテで来ている馬の方が好走しています。

唯一カツジが坂のない京都のきさらぎ賞から1着に来ていますが、1800mから距離短縮が坂でのもうひと踏ん張りにつながったのかもしれません。

またファルコンSからのローテの馬は良く馬券に絡んでいます。
2017年は3頭上位独占ですが、実は他の年は出走が少ないんですね。

ただしファルコンSも10着以下だとそもそもどうかという感じもしますので、6着以内としてみようと思います。

<前走ローテ評価A>

前走 東京・阪神・中山
かつ、マイルまたは距離短縮の馬。条件戦の場合は2着以内、OPクラスの場合4着以内、G3の場合着順問わず。

前走ファルコンS6着以内

<前走ローテ評価B>
上記条件以外の前走 1着(未勝利でもOK)

<前走ローテ評価C>

その他のローテ、上記着順条件に満たない馬

中山 芝1,600m特徴

調教タイム理論というサイトの情報を利用させて頂いております。
このサイトはとても分析の内容が深いため、皆様も一度利用してみてください。

【中山芝1,600m特徴】

外回りコースを使用する。スタート地点は第1コーナーを過ぎたあたりのポケット。

第2コーナーの終わりから第3コーナーにかけて、ずっと下り坂が続く。
この下り坂は4メートルもの高さを下るためかなりスピードが出た状態で3コーナーに突っ込むことになります。

そしてゴール前200メートル地点からは有名な中山の急坂が待っています。2コーナーから続く下り坂とゴール前の急な上り坂の攻略がポイントで、坂に強い馬が勝つ特殊なコースです。

【枠傾向】
内枠がかなり有利。(2・4枠が好成績)

【脚質傾向】

逃げ馬の勝率が高い傾向。傾向としては逃げ・先行有利と言っても良さそう。
ただし、差馬の単勝回収率が高いので、穴馬は差し馬から良く出ている傾向がある。

逃げ・先行有利の傾向に意識が行って、ペースが上がった時に差し馬が台頭してくるイメージかと思います。

【ペース傾向】
平均ラップが43%、後傾ラップが38%、前傾ラップが18%という数字になっているそうです。
後傾~平均ラップになる傾向が強く、逃げ・先行馬が多く、先行争いが激化すると前傾ラップになるというイメージかと思います。

【人気傾向】
前走人気だった馬で人気を落としている馬が狙い目

【参考サイト】 調教タイム理論(競馬場分析)

コース傾向から見る枠順適性

<枠順適正A評価>
2~5枠に入った馬

<枠順適性B評価>
1枠に入った馬

<枠順適性C評価>
6枠~8枠に入った馬

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ