こんにちは、まっつんです。

いつもロジカル競馬ブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。
この度予想の方針を改め、新しい予想スタイルに挑戦していこうと思い、記事を書かせて頂いた所存です。

これまでいろいろな予想方法を試してきました。

  • ラップ分析
  • コンピ指数
  • 血統予想
  • 前走ローテ
  • 前走距離
  • コース・枠順

これらの要素をいろいろな切り口で分析し、チャレンジしてきました。

ラップ分析とコンピ指数を組み合わせてみたり、血統やローテ、コース等を加味して指数化してみたりいろいろなチャレンジをしてきました。

↓これまでの予想法はコチラ

今年の予想方針について【ラップ予想+コンピ指数】※予想方針変更しました

 

しかしどうにもしっくりこない。
馬券が当たらない。

読者の皆様にも「予想方法がブレブレ」だったのは目に見えていたと思います。
自分自身も軸足が定まらないことに不安でした。

そんな記事を世の中に出して良いのか?

もっと期待値の高い穴馬を見つけ出したり、好配当につながる情報を出していくことが出来ないのか?

と悩みに悩んだ末、改めて予想のスタイルを変えていく決断を致しました。

Family Line Lap(FLL)適性予想の概要

予想法開発の経緯

予想法を見直す上で、先週の重賞で試した内容をまずは共有させて頂きます。
ニュージーランドトロフィー・阪神牝馬S・桜花賞に挑戦してみたところ、好結果を残すことが出来ました。

予想は以下の通りです。

<2020年4月11日・12日の予想>

【ニュージーランドトロフィー】

【阪神牝馬S】

【桜花賞】

桜花賞は紐抜けとなってしまいましたが、

◎ルフトシュトローム(1着)ー▲シーズンズギフト(2着)
◎サウンドキアラ(1着)-〇ディメンシオン※11番人気116.8倍(3着)
◎デアリングタクト(1着)

と◎がすべて1着を取ることができました。
たまたまなのかもしれませんが私の中で一番自信が持てたことがあります。

それは〇ディメンシオンという大穴馬に可能性を見出し、印を打ち、的中することができたことです。

競馬の予想にはいくつもの予想ファクターがあります。
特に人気を集める要素は「近走の成績」「良血馬」「評判馬」「調教の良し悪し」などだと思います。

しかしこれらファクターばかりを重視していると「穴馬」というのはどんどん見えなくなり、気が付けば選択肢から消えていくというのが実際なのではないでしょうか。

そんな中で私が考えた、「血統面でのレース適性」「ラップタイプ面でのレース適性」を組み合わせて予想をすることで、好結果を残すことができた事例を元に、予想法を組み立てていく方針とします。

予想における最重要ポイント「適性」の見極め方

ラップ分析の限界

もともと私はそのレース毎の「適性」という部分に目をつけてきました。
いくら評判馬だろうが、良血馬だろうが、調教が良かろうが、近走で好成績を上げていようと、条件や適性が合わなければ負けることもあるはず。

そして逆も然りで条件や適性が合う馬を抽出して人気の有無にかかわらず買い目に入れることが出来れば、今まで見落としてきた穴馬も押さえることができ、高配当に辿りつけると思ったからです。

適性の取り方として、当初からラップ予想をベースに予想を組み立てていました。
適性を見極めて有力馬をバサバサ切ることができたのですが、1つ大きな欠点に気が付きました。

それは「どの馬を推して良いのか」というストロングポイントが見出しにくいという点です。

ラップタイプの分類「後傾ラップ」「平均ラップ」「前傾ラップ」での好走経験及び
決め脚タイプの分類「ロングスパート・バテ差し」「瞬発力」という好走条件だと、複数適性を持った馬が存在し、買い目の絞り込みが難しいという点です。

そのため、コンピ指数を使って絶対能力を把握するやり方を考えたり、他の要素を踏まえて指数化する方法を考えてきたのですが、どうもしっくりきませんでした。

血統予想への可能性

そこで注目したのが血統という要素。
有名な亀谷さんの理屈でもよく出てきますが、「条件に合った馬」を探すにはベストなツールなのではないかと思い、不慣れながら、1から勉強して大枠を理解できるようになってきました。

血統という予想をする上では、「〇〇系」と呼ばれる系統に分かれるということを知り、どの種牡馬が何系に属するのかというところから勉強しました。

本来ならば、種牡馬毎の特徴をしっかり理解するべきなのかもしれませんが相当な勉強が必要です。
私の目的は「血統博士」になることではなく、そのレースに合った血統の馬を探しだすことでした。

そこで最初は「父」「母父」という軸で調べていきました。
実際に予想の記事でも父・母父というレベルで血統は載せておりましたがあまり具体的な差が見いだせませんでした。

なぜなら現代競馬ではほとんどの馬に「サンデーサイレンス系」が父・母父に含まれていたから。
サンデーサイレンスがメインの現代競馬では仕方ないことなのだと思いますが、もう少し深堀が必要だと判断しました。

血統を扱う上での「深さ」とその結果得られたもの

それらを踏まえてもう少し深い位置まで血統を分析するようにしました。

「父」「母父」「母母父」「母母母父」という4世代の系統(サンデーサイレンス系・ロベルト系・ミスタープロスペクター系)などに着目し、過去5年間の好走馬(1~3着馬)が持っている系統を調べ、好走している馬たちの共通点を探す方針で予想を組み立ててみました。

そうすると結構特徴が出てくるんです。
「米国系ノーザンダンサー系」や「ミスタープロスペクター系」といった米国系の血統が多く含まれていたり、ナスルーラ系が良く入っていたりレースによって色があります。

そのパターンに合致した馬がそのレースで好走する可能性が高いのではないかという仮説を元に、3重賞を予想した結果、良い結果が出たというのが上記に挙げた3つのレースでした。

例えば、阪神牝馬Sの場合は「過去5年の1~3着馬がすべてサンデーサイレンス系」だったため父サンデーサイレンス以外の馬は買い目から除外。

その上で欧州ノーザンダンサー系ナスルーラ系を保有した馬がよく好走していたので、父サンデーサイレンス系の条件に追加して探したところ、候補馬を一気に絞り込むことができたのです。

ディメンシオンはどちらも保有していました。
サウンドキアラはナスルーラ系のレッドゴッドを保有していました。

逆にスカーレットカラーに関しては、父はサンデーサイレンス系ではあったものの母父、母母父、母母母父を見渡しても欧州ノーザンダンサー系・ナスルーラ系の血が見当たらなかったため、割引していました。

結果的に父サンデーサイレンス系の3頭で決まったので、絞り過ぎた感じにはなってしまいましたがサウンドキアラとディメンシオンのワイドを押さえることができ、ワイドで3670円という好配当にありつくことができたのです。

あわよくば馬単まであったことを考えると満足できる結果になりました。

レースラップの使い方

これまで利用してきたラップという分析手法も引き続き活用しています。
この予想法においてラップの適性は「軸馬」を決めるときの基準として使っています。

サウンドキアラとダノンファンタジー、どちらを軸に取るか迷いましたが「ラップ適性という点ではサウンドキアラの方が合っている」と判断し、軸馬として扱うことにしました。

このレースは後傾ロングスパートのレース展開が予測されていたので、前走の京都牝馬Sでロングスパート戦を勝利していたサウンドキアラの方が優位だと思い、軸馬に決めたわけです。

ラップについてはこれまでと同様に「前傾ラップ」「平均ラップ」「後傾ラップ」の3つの分類の中で、好走しているレースに該当する馬を振り分けていくやり方。

決め脚については後半4~3ハロンで加速が始まる「ロングスパートタイプ」もしくは前傾ラップ時に前目の馬たちがバテてくる中でしぶとく伸びてこれる「バテ差し」に分類していく方針としています。

予想法まとめ

このような方法で今後予想を展開していきたいと思っています。

まとめると

① 過去5年間のラップ傾向・血統傾向(4世代深堀)・コースの特徴をまとめる(過去傾向記事にて)

② 血統傾向の中から好走パターンに合致した馬をピックアップし、買い目に入れる馬を選定する

③ ラップ適性やコースにおける内枠、外枠の有利不利などを考慮して軸馬を選定する

④ 予想印を打つ

⑤ 買い目を決定する。
→ 資金配分はワイド70%、馬単マルチ30%とする。
→ 軸馬◎から少額で印をつけた馬に流しつつ、〇▲☆という上位評価3頭には強めに資金を投入する。

このような形で予想をしていきます。

コンテンツとしては重賞レース毎の「過去傾向」「予想記事」という形で公開していきたいと思います。
皆様の予想のヒントになるように、価値のあるコンテンツをご提供できるよう頑張っていきますので、引き続きよろしくお願い致します。

予想成績

予想成績・結果を載せていきます。

トライアル成績

4月11日(土)
ニュージーランドトロフィー(G2)
◎ルフトシュトロームー▲シーズンズギフト-無印ウイングレイテスト

阪神牝馬S(G2)
◎サウンドキアラ-無印スカーレットカラーー〇ディメンシオン※11番人気116.8倍

4月12日(日)
桜花賞
◎デアリングタクト(1着)ー 無印レシステンシア -無印スマイルカナ

予想記事再開後成績

回収率サマリ

投資 80,000円

回収 49,580円

的中率 50%

回収率 61.9%

予想結果

4月18日(土)
アーリントンC【的中】

無印タイセイビジョン - ☆ギルテッドミラー - ◎プリンスリターン

投資 10,000円 回収 12,960円 ワイド ◎ー☆ 購入1800円 回収 12,960円

4月19日(日)

アンタレスS> 【的中】

◎ウェスタールンド - △アナザートゥルース -無印 クリンチャー

投資 10,000円 回収 11,450円 馬単 ◎ー△ 購入100円 ワイド ◎ー△ 購入300円

皐月賞> 【的中】

無印コントレイル - ◎ サリオス - △ガロアクリーク

投資 10,000円 回収 13,050円 ワイド ◎ー△ 購入500円

4月25日(土)

福島牝馬S

無印 フェアリーポルカ - △ リープフラウミルヒ -無印 ランドネ

4月26日(日)

マイラーズカップ

△ インディチャンプ - 無印 ぺステンダンク - 〇 ヴァンドギャルド

フローラS

無印 ウインマリリン - 無印 ホウオウピースフル - △ フアナ

5月2日(土)

青葉賞> 【的中】

△オーソリティ ー ◎ヴァルコス ー 無印 フィリオアレグロ

投資 10,000円 回収 12,120円 馬単マルチ ◎ー△ 購入200円 ワイド ◎ー△ 購入500円

天皇賞春

△フィエールマン - △スティッフェリオ - 〇ミッキースワロー ※軸抜けで外れ ◎トーセンカンビーナ(5着)

 

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ