こんにちは、まっつんです。

今日はフェブラリーステークスの前哨戦、根岸ステークスですね。

 

私個人的にはフェブラリーステークスの前哨戦といいつつ、本番に直結しないレースだと思っています。

ここが適鞍で勝負に来ている馬もいるでしょうし、逆に本番を取りたい馬にとっては実は興味のないレースなのかもしれません。

 

このあたりの思惑を読み取るのはなかなか難しいですから、あくまでこのレースに向いている馬を狙って馬券を購入していきたいと思っています。

 

【本ブログの予想法について】

今年から従来までのラップによる適性分析に加えて日刊スポーツ社が公開している「コンピ指数」という指数を活用した予想法にチャレンジしています。

「LapConpi-Hybrid」と名付けました。

詳しい内容は以下の記事に記載してありますので、「どんな予想なのか」気になる方はご一読ください。

今年の予想方針について【ラップ予想+コンピ指数】

もしこの予想に興味があるという方は、Line@への登録をお願いします。
記事更新時にお知らせさせて頂きます!

友だち追加

Twitterも始めました!良かったらフォロー&通知onをお願いします。

それでは、予想していきましょう。

枠順

  1. ①テーオージーニアス(牡5・56.0・川須栄彦)
  2. ②テーオーヘリオス(牡8・56.0・石川裕紀人)
  3. ③ミッキーワイルド(牡5・56.0・デムーロ)
  4. ④ワンダーリーデル(牡7・57.0・横山典弘)
  5. ⑤コパノキッキング(騙5・58.0・マーフィー)
  6. ⑥ワイドファラオ(牡4・58.0・福永祐一)
  7. ⑦スマートアヴァロン(牡8・56.0・石橋脩)
  8. ⑧ブルベアイリーデ(牡4・56.0・丸山元気)
  9. ⑨カフジテイク(牡8・56.0・津村明秀)
  10. ⑩ノボバカラ(牡8・56.0・内田博幸)
  11. ⑪モズアスコット(牡6・58.0・ルメール)
  12. ⑫アードラー(牡6・56.0・ミナリク)
  13. ⑬ヨシオ(牡7・56.0・佐藤友則)
  14. ⑭サングラス(牡9・56.0・北村宏司)
  15. ⑮ダノンフェイス(牡7・56.0・田辺裕信)
  16. ⑯ドリームキラリ(牡8・56.0・坂井瑠星)

 

レース展開予想

過去のラップ傾向

過去のラップ傾向を見ていきます。

過去5年のレースラップを並べてみます。
※前半2F目のラップは最速ラップとしてはカウントしません。2F目以外での最速ラップを赤文字にします。
→前半2Fまではポジション争いがある為、ほとんどのレースで最速ラップになります。

【2019年】 前傾ラップ(差し)

<勝ち馬> コパノキッキング(道中7番手-2着馬4番手-3着馬9番手)

ハロンタイム 12.4 – 11.1 – 11.5 – 12.1 – 12.2 – 12.0 – 12.2
前後半ラップ 前半3F35.0 – 後半3F 36.4

前傾ラップだが、ペースは遅め。前にいた馬が有利な流れ。

【2018年】 (超)前傾ラップ

<勝ち馬> ノンコノユメ(道中13番手-2着馬道中11番手-3着馬道中14番手)

ハロンタイム 12.3 – 10.6 – 11.0 – 11.8 – 12.1 – 11.7 – 12.0
前後半ラップ 前半3F 33.9 – 後半3F 35.8

前に行った馬は全滅の超ハイペース。道中10番手以降の馬で決着。

 

【2017年】前傾ラップ(差し)

<勝ち馬> カフジテイク(道中14番手-2着馬道中6番手-3着馬道中16番手)

ハロンタイム 12.2 – 11.0 – 11.8 – 11.9 – 11.9 – 12.0 – 12.2
前後半ラップ 前半3F 35.0 – 後半3F 36.1

ペースは遅めだが、ここも後方から一気の末脚で1・3着馬が突っ込んできている。

 

【2016年】 前傾(平均)ラップ

<勝ち馬> モーニン(道中3番手-2着馬道中7番手-3着馬道中5番手)

ハロンタイム 12.4 – 10.9 – 11.3 – 11.8 – 11.9 – 11.5 – 12.2
前後半ラップ 前半3F 34.6 – 後半3F 35.6

ここも比較的ペースは遅め。前にいた馬が優勢。

 

【2015年】 平均ロングスパート

<勝ち馬> エアハリファ(道中10番手-2着馬道中15番手-3着馬道中9番手)

ハロンタイム 12.7 – 10.8 – 11.8 – 12.3 – 11.9 – 11.9 – 12.0
前後半ラップ 前半3F35.3 後半3F 35.8

 

<東京ダート1400m特徴>

1300mのスタート地点をそのまま100m延ばしたところからスタート。

JRAのダートコースで1400mは4場あるが、スタートからダートを走るのはこのコースのみ。最初のコーナーまでは442mあって、下りの直線距離が長いため前半のペースはかなり速くなる。下級条件では上がりがかかるため切れ味は不要。他のコースで上がりの差で負けていたバテないタイプの逃げ・先行馬は狙い目となる。

後ろから行く馬もなし崩しに脚を使わされ、バテているので、後方一気はあまり期待できない。

(競馬ラボにおけるコース攻略検証・見解記事より引用)

 

東京コースで、かつ例年後方からの差し・追い込みが決まっているイメージが強いので、後方からの馬を狙いたくなるが、ここはひとつ冷静に判断していきたい。

下級条件であれば、能力の高い馬がそのまま好走する舞台なのであろうが、今回はG3。

行われるレースのほとんどが下級条件なので、上記のコースの特徴はあまり当てはまらないと思われる。

 

意識しなければいけないのは

  • ダートスタート
  • 最初のコーナーまで下り坂になっている為、ペースは上がりやすい
  • バテない末脚を持った馬が優位

 

これらのポイントを踏まえるとロングスパートでも平均ラップ以上での適性を持った馬を上位に取っていく必要があると思われる。

前傾差しタイプというのは、「前の馬がバテて下がってくるから、末脚が光って見える」のであって長く足が使えるかどうかというのは別の話です。

 

前傾差しタイプの中で捲れる脚を持っていたり、ロングスパート戦で崩れていない戦歴を持っている馬には評価をつけていきたいと思います。

また芝スタートではないので、今回ダート初挑戦のモズアスコットにとっては有利な点は感じられないというのが正直なところ。しかも58キロという・・・。

 

あとはダート適性がどれだけあるかですか、正直全くの未知数なので、押さえまでが適当でしょう。

隊列・ペース想定

結論ですが、平均ペースと想定したいと思います。

なぜならメンバーを見ると前に行きたい馬が少ないから。

 

根岸ステークスは例年差し馬が台頭するというイメージが頭にあると思いますので、ここが今回の予想のポイント。

前傾ラップを派手に差し込んでくる馬ではなく、長く良い脚を使える馬を中心に組み立ててみたいと思います。

 

<隊列想定>

⑥ワイドファラオ【58.0】(前走9番手・前傾逃げ)

⑯ドリームキラリ【56.0】(前走1番手・平均瞬発力)

⑩ノボバカラ【56.0】(前走2番手・平均ロングスパート)

⑬ヨシオ【56.0】(前走3番手・前傾差し・平均ロングスパート)

⑤コパノキッキング【58.0】(前走4番手・前傾差し)

⑧ブルベアイリーデ【56.0】(前走5番手・前傾差し・平均ロングスパート)

②テーオーヘリオス【56.0】(前走7番手・平均瞬発力)

③ミッキーワイルド【56.0】(前走7番手・平均ロングスパート・前傾差し)

④ワンダーリーデル【57.0】(前走10番手・平均瞬発力・重馬場巧者)

⑪モズアスコット【58.0】(前走10番手・平均ロングスパート)

⑮ダノンフェイス【56.0】(前走10番手・平均ロングスパート)

①テーオージーニアス【56.0】(前走11番手・前傾差し・1200m以上は(0-0-0-4))

⑦スマートアヴァロン【56.0】(前走12番手・平均ロングスパート)

⑭サングラス【56.0】(前走12番手・平均瞬発力)

⑨カフジテイク【56.0】(前走13番手・前傾差し・平均ロングスパート)

⑫アードラー【56.0】(前走14番手・前傾差し)

 

<加減点項目>

【加点】

平均ロングスパート +20点

前傾逃げ +10点

先行馬(1~6番手)+10点

【減点】

前傾差し -10点

平均瞬発力 -10点

 

これらをもとに優劣をつけていきます。

今回は紐荒れする可能性は大いにあると思っていますので、敢えて点数を広げて勝負したいと思っています。

 

コンピ指数調整

【コンピ指数】

順位 馬番 コンピ指数 適性 位置取り
1 ⑤コパノキッキング【58.0】(前傾差し) 88 -10 ⁺10 88
2 ③ミッキーワイルド【56.0】(平均ロングスパート・前傾差し) 68 +20 ±0 88
3 ④ワンダーリーデル【57.0】(平均瞬発力) 59 -10 ±0 49
4 ⑥ワイドファラオ【58.0】(前傾逃げ) 58 +10 +10 78
5 ⑯ドリームキラリ【56.0】(平均瞬発力) 57 -10 +10 57
6 ⑮ダノンフェイス【56.0】(平均ロングスパート) 56 +20 ±0 76
7 ⑪モズアスコット【58.0】(平均ロングスパート) 52 +20 ±0 72
8 ⑨カフジテイク【56.0】(前傾差し・平均ロングスパート) 51 +20 ±0 71
9 ①テーオージーニアス【56.0】(前傾差し) 50 -10 ±0 40
10 ⑦スマートアヴァロン【56.0】(平均ロングスパート) 49 +20 ±0 69
11 ⑧ブルベアイリーデ【56.0】(前傾差し・平均ロングスパート) 48 +20 ⁺10 78
12 ⑫アードラー【56.0】(前傾差し) 47 -10 ±0 66
13 ⑬ヨシオ【56.0】(前傾差し・平均ロングスパート) 43 +20 ⁺10 73
14 ⑩ノボバカラ【56.0】(平均ロングスパート) 42 +20 ⁺10 72
15 ②テーオーヘリオス【56.0】(平均瞬発力) 41 -10 ±0 31
16 ⑭サングラス【56.0】(平均瞬発力) 40 ー10 ±0 30

 

 

調整後順位 馬名 補正後コンピ指数 現時点オッズ
1 ③ミッキーワイルド【56.0】(平均ロングスパート・前傾差し) 88 4.4
2 ⑤コパノキッキング【58.0】(前傾差し) 88 2.1
3 ⑥ワイドファラオ【58.0】(前傾逃げ) 78 15.9
4 ⑧ブルベアイリーデ【56.0】(前傾差し・平均ロングスパート) 78 28.8
5 ⑮ダノンフェイス【56.0】(平均ロングスパート) 76 13.7
6 ⑬ヨシオ【56.0】(前傾差し・平均ロングスパート) 73 72.5
7 ⑩ノボバカラ【56.0】(平均ロングスパート) 72 212.9
8 ⑪モズアスコット【58.0】(平均ロングスパート) 72 9.4
9 ⑨カフジテイク【56.0】(前傾差し・平均ロングスパート) 71 42.4

 

本命・馬券の軸はミッキーワイルドにしたいと思います。

理由は平均ロングスパートの適性で指数を上げてきた馬だから。

(実はミッキーの馬主は私が前に働いていた会社の相談役ですw。ちなみにダ〇ンはその会社の会長の所有する馬ですww)

 

とはいえ荒れる前提で馬券を組んでいきますので、3連複・ワイドを中心に購入していきたいと思います。

 

結論

<予想印>

◎③ミッキーワイルド
〇⑧ブルベアイリーデ
▲⑮ダノンフェイス
☆⑤コパノキッキング
△⑥ワイドファラオ
△⑬ヨシオ
△⑩ノボバカラ
×⑪モズアスコット
×⑨カフジテイク

<買い目>

【ワイド】

③-⑧ 2100円
③ー⑨ 500円
③-⑩ 500円
③-⑬ 500円
③-⑮ 2100円

【3連複軸1頭流し】

③ー⑤⑥⑧⑨⑩⑪⑬⑮

計28点 各100円

【3連複フォーメーション】

③-⑥⑧⑮-⑥⑧⑨⑩⑬⑮

計15点 各100円

合計10,000円

 

以上の買い目を俺プロ(まっつん@logi)に投稿しています。

Line@参加者募集中!

Line@では予想記事をはじめ最新記事をお知らせしますので、このブログを2~3回読んだことがあるあなたは是非登録をお願いします!

友だち追加

Twitterも始めました!良かったらフォローをお願いします。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ