こんにちは、まっつんです。

高松宮記念の裏番組ではありますが、ダート重賞のマーチSが行われます。
めっちゃ荒れそうなレースですね!!

しかも不良馬場。

難しいレースになりそうですが、しっかり読み解いていきましょう。
今回は特別に不良馬場で着順を落としている馬もピックアップしてみたいと思います。

この馬たちの中でどの馬が適性が高いのか、見ていきましょう。

<記事の更新について>

基本的に以下のスケジュール感で更新をしております。

・前週の予想回顧(週明け月~火曜日)
・当週の重賞の過去傾向分析記事(火~木曜日)
・当週の重賞の高適性推奨馬紹介(金~土曜日)
・予想記事(重賞前日)

更新のお知らせはTwitterをメインに行っております。

Line@は諸事情により、いったん募集を停止しています。
Twitterは以下のアカウントをフォローして頂ければ、更新のお知らせをいたします。

<ウマモブ参加しました>

競馬ブログのまとめサイトです。クリックして応援をお願いします!

↑このボタンをクリック

マーチS(G3)高適性馬

結論

今回のマーチSにおける、高適性馬は以下の通りです。
各項目の評価方法は記事後半のラップ傾向・血統傾向・前走ローテ傾向に記載しています。

【第1位】 タイムフライヤー(70点満点)

ラップ適性、血統面、ローテ面すべて満点評価です。

ラップ適性も問題ありませんし、前走フェブラリーS組は着順関係なく、馬券になっているケースが多いレースです。

ただし、不安点が2点あります。
それは鞍上ミナリク騎手と、右回り。

ミナリク騎手は今年、数々の人気馬に騎乗しているのですが、重賞未勝利。
勝率4.6%/連対率8%/複勝率11.6%という数字は驚愕の一言。

重賞でも共同通信杯のビターエンダーの2着以外は馬券に絡んでいません。

右回りでも崩れてはいませんが、ダートになってから馬券に絡めていないのは気になるところ

【第2位】クリンチャー/ローズプリンスダム/メイショウワザシ/アシャカトブ(60点)

クリンチャー

芝G1でも好走してきたくらいの競争能力の持ち主。
長距離G1でも馬券になっていたので、スタミナには定評があります。

昔凱旋門賞にも出たんですよね。豊富なキャリア、環境への変化等のタフさにも信頼が置けます。

母父のブライアンズタイムからもパワーを受け継いでいるでしょうから、ダート適性という点でも問題はないはずです。

あとは重・不良馬場になった時に結果が出せるか。
これが未知数な点です。

ローズプリンスダム

前走総武S組は無条件で買い。これが過去5年からのセオリー。

この馬はムラ馬なところがあるので、軸としての信頼は難しいところですが一発あってもおかしくはないですね。
過去名鉄杯でも水が浮くような馬場でスマハマの3着に好走していますから、流れに乗れさえすれば可能性は十分かなと思っています。

血統的な後押しもあります。

メイショウワザシ

この馬も総武Sの勝ち馬ですから、無条件で買いでしょう。
しかもその総武Sは重馬場でしたから文句はありません。

懸念点は同型との兼ね合いで、リアンヴェリテとのハナ争いでしょう。

リアンヴェリテは過去の傾向を見ると雨馬場になるとスピード負けして大敗しているケースが目立ちます。
出来れば逃げたいところですが、3番手あたりでも競馬はできる馬。

鞍上の柴田善臣騎手も外枠から無理にハナを切ろうとはしないと思いますので、番手競馬でどこまでやれるかがポイントだと思います。

アシャカトブ

この馬が一番気になっています。
ハナを切る必要もありませんし、好位からの競馬でも問題なし。

過去5年で好走傾向にあるキングカメハメハの血を持っているのも好感が持てます。

重馬場でも好走実績があります。
ローテ的にも前走3勝クラス1着から馬券に絡んでいる馬も多いです。
ただし3着が多いので1着になれるとまで強気になれるローテではありません。

ワイド軸という形であればよいかもしれません。

【第3位】 テーオーフォース・ルールソヴァール(50点)

3位に穴馬2頭が来ていますので、考察していきます。

テーオーフォース

結構人気の盲点になっていますね。(現在単勝137.9倍)
仁川Sでクリンチャーに前走0.3秒差の5着。3走前に3勝クラスですが勝ち星あり、クリンチャーと4.5キロの斤量差があります。

クリンチャーを評価するなら、一緒に評価しなければならない1頭です。
不良馬場の経験はありませんが、シンボリクリスエス産駒でパワーもありますしこの人気なら押さえておいて損はない馬かなと思います。

ルールソヴァール

10ヵ月ぶりの出走ですが、当レースと相性の良い2年前には佐賀記念を制しています。

血統的にも相性のよいヴァイスリージェントを保持していますから、押さえておいて損はないと思います。

【番外編】 不良馬場が苦手?な馬(5頭)

過去不良馬場で大幅に着順を落としている馬がいましたのでご紹介します。

サンマルデューク

2017年ブラジルC(不良馬場) → 10着
2017年ラジオ日本賞(不良馬場)→ 15着
2015年BSN賞(不良馬場)→12着

レピアーウィット

2019年太秦S(不良馬場)→16着
2018年清里特別(重) →13着※1番人気

テルペリオン

2019年ブラジルC(重)→15着※2番人気
2018年ブリリアントS(重)→8着※3番人気

リアンヴェリテ

2019年総武S(重)→13着※3番人気
2018年1000万下(重)→15着

ナムラアラシ

2019年ブラジルC(重)→14着
2019年名鉄杯(重)→8着
2018年アンタレスS(不良)→8着※2番人気

<出走馬評価表>

順位 馬番 ラップ
評価
決め脚
評価
血統
評価
ローテ
評価
レース
適性
現時点
オッズ
1 タイムフライヤー A 20 A 10 A 20 A 20 70 4.0
2 クリンチャー A 20 A 10 A 20 B 10 60 4.9
2 ローズプリンスダム B 10 A 10 A 20 A 20 60 71.9
2 メイショウワザシ B 10 A 10 A 20 A 20 60 8.0
2 アシャカトブ B 10 A 10 A 20 A 20 60 14.2
3 テーオーフォース A 20 A 10 A 20 C 0 50 169.1
3 ルールソヴァール A 20 A 10 A 20 C 0 50 236.4
4 テルペリオン B 10 A 10 A 20 C 0 40 43.8
5 コマビショウ B 10 B 0 A 20 C 0 30 26.6
5 スワーヴアラミス A 20 A 10 C 0 C 0 30 2.5
5 リアンヴェリテ A 20 A 10 C 0 C 0 30 53.3
5 メイショウスミトモ A 20 A 10 C 0 C 0 30 216.5
6 サンマルデューク B 10 A 10 C 0 C 0 20 145.3
6 ナムラアラシ C 0 A 10 B 10 C 0 20 52.0
7 レピアーウィット B 10 B 0 C 0 C 0 10 99.6
7 ワイルドカード C 0 B 0 B 10 C 0 10 6.4

想定隊列・ペース

番手 馬番 馬名 前走
位置
ペース適性 決め脚タイプ 母父 前走クラス・距離
着順
1 11 リアンヴェリテ 1番手 前傾 逃げ ゴールドアリュール
(サンデーサイレンス系)
Cozzene
(グレイソヴリン系)
京都 ダ1800m
みやこS(G3)13着
2 14 メイショウワザシ 1番手 平均 ロングスパート アイルハウアナザー
(ミスタープロスペクター系)
マンハッタンカフェ
(サンデーサイレンス系)
中山 ダ1800m
総武S 1着
3 10 スワーヴアラミス 2番手 後傾
前傾
ロングスパート
バテ差し
ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
Sligo Bay
(サドラーズウェルズ系)
京都 ダ1900m
アルデバランS(OP)2着
4 9 テルペリオン 2番手 平均 ロングスパート フリオーソ
(ロベルト系)
ダンスインザダーク
(サンデーサイレンス系)
阪神 ダ2000m
仁川S(L)15着
5 12 ワイルドカード 3番手 後傾 瞬発力 ストリートセンス
(ミスタープロスペクター系)
Unbridled’s Song
(ミスタープロスペクター系)
阪神 ダ1800m
ベテルギウスS(1着)
6 16 アシャカトブ 3番手 平均 ロングスパート シニスターミニスター
(ボールドルーラー系)
キングカメハメハ
(キングマンボ系)
中山 ダ1800m
上総S(3勝)1着
7 7 タイムフライヤー 3番手 前傾 バテ差し ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
ブライアンズタイム
(ロベルト系)
東京 ダ1600m
フェブラリーS(G1)5着
8 5 ローズプリンスダム 4番手 平均 ロングスパート ロージズインメイ
(ヘイロー系)
シンボリクリスエス
(ロベルト系)
中山 ダ1800m
総武S(OP)6着
9 6 ルールソヴァール 7番手 前傾 バテ差し フレンチデピュティ
(ヴァイスリージェント系)
フジキセキ
(サンデーサイレンス系)
東京 ダ2100m
スレイプニルS(OP)16着
10 4 レピアーウィット 9番手 平均 瞬発力 ヘニーヒューズ
(ストームキャット系)
RunningStag
(グレイソヴリン系)
中山 ダ1800m
ポルックスS(OP)14着
11 8 コマビショウ 9番手 平均 瞬発力 エンパイアメーカー
(ミスタープロスペクター系)
ホワイトマズル
(リファール系)
阪神 ダ2000m
仁川S(L)4着
12 15 ナムラアラシ 9番手 後傾 ロングスパート エンパイアメーカー
(ミスタープロスペクター系)
エンドスウィープ
(ミスタープロスペクター系)
阪神 ダ2000m
仁川S(L)8着
13 2 クリンチャー 10番手 前傾 バテ差し ディープスカイ
(サンデーサイレンス系)
ブライアンズタイム
(ロベルト系)
阪神 ダ2000m
仁川S(L)2着
14 3 テーオーフォース 10番手 前傾 バテ差し シンボリクリスエス
(ロベルト系)
スペシャルウィーク
(サンデーサイレンス系)
阪神 ダ2000m
仁川S(L)5着
15 13 メイショウスミトモ 13番手 前傾 バテ差し ゴールドアリュール
(サンデーサイレンス系)
アジュディケーティング
(ダンジグ系)
阪神 ダ2000m
仁川S(L)13着
16 1 サンマルデューク 15番手 平均 ロングスパート ロージズインメイ
(ヘイロー系)
サンデーサイレンス
(サンデーサイレンス系)
中山 ダ1800m
ポルックスS(OP)12着

過去5年間の分析

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

2020年 マーチステークス【G3】過去ラップ傾向/好走血統傾向/コース分析

ラップ傾向

前傾ラップですが、特に面白いのが残り1000m地点でラップが最速になりやすいこと。
まったく緩まずに進むので、なし崩し的に脚が使わされるので、かなり後ろで脚を溜めていた追い込み馬が突っ込んでくるケースも目立つ。

追い打ちをかけるように最後の直線で急坂があるので、みんなバテバテになってしまう感じです。

逃げる馬は後ろからプレッシャーをかけられている分苦戦傾向で、3番手あたりの馬がバテてきた逃げ馬を交わして粘り込むような感じなのでしょう。

3番手あたりが取れそうな先行馬や後方で脚を溜められそうな有力馬には要注目です!

<ラップタイプ評価>
(A)前傾ラップ
(B)平均ラップ
(C)後傾ラップ

<加速タイプ評価>
(A)ロングスパートタイプ・前傾差しタイプ
(B)瞬発力タイプ

血統傾向

サンデーサイレンス系の馬が9頭/15頭いました。

他、以下の系統の馬たちが好走しています。

ヴァイスリージェント 4頭
リファール 3頭
ボールドルーラー系 3頭
ミスタープロスペクター 3頭
ロベルト系 2頭
その中でも3頭ずつ好走馬を送り出しているキングカメハメハとホワイトマズルは父・母父に持っていたらA評価とします。
ヴァイスリージェント、リファール、ボールドルーラー系を持つ馬に関してもA評価としたいと思います。

それ以外に

サンデーサイレンス系
ミスタープロスペクター系
ロベルト系

での組み合わせとなっている血統もA評価とします。

B評価は上記に上げた

ミスタープロスペクター系
ロベルト系

のうち父、母父のどちらかに入っている馬をB評価とします。

それ以外の馬がC評価となります。

<血統評価A>

キングカメハメハを父か母父保有
ホワイトマズルを父か母父に保有

ストームキャット/ヴァイスリージェント/ロベルトの血を父か母父に1頭でも持つ馬。
サンデーサイレンス系・ミスタープロスペクター系・ロベルト系の組み合わせになっている馬。

<血統評価B>

ロベルト系・ミスタープロスペクター系の血を父・母父どちらかに持っている馬

<血統評価C>

それ以外

前走距離・クラスの傾向

馬券内に6頭も送り出している「総武S組」は高く評価したいです。
あとは佐賀記念の連対馬とG1からの直行組も気になります。

3勝クラスからの勝ち上がりは1着が前提。

<前走ローテ評価A>

前走 総武S(着順問わず)
前走 佐賀記念 (2着以内)
前走 3勝クラス(1着)
前走 G1(着順問わず)

<前走ローテ評価B>
前走 仁川S(3着以内)

<前走ローテ評価C>

その他のローテ、上記着順条件に満たない馬

中山ダ1,800m特徴

スタート地点は正面スタンド前の直線入り口で、コースを1周する。

最初の1コーナーまでの距離は375m。コース全体の高低差は4.4mで、JRAのダートコースの中で最も大きい。
最後の直線は308mで、中央4場の中では最短。スタート後すぐと最後の直線で急坂があるため、非常にタフなコース。

(netkeibaコース分析より引用)

これらの分析結果をもとに、最終的な予想は検討したいと思います。
以上、マーチSの高適性馬ランキングでした。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ