こんにちは、まっつんです。

今日は高松宮記念。しかも不良馬場という・・・。
予想がとても難しいですね。

自分の適性分析ももしかしたらアテにならないかもしれないという懸念もありますが、
それはみんな同じ条件ですよね。

自分のやり方を信じつつ、軸馬だけは「不良馬場」に適性のあるあの馬にしようと思います。

それでは予想していきます。

 

<記事の更新について>

基本的に以下のスケジュール感で更新をしております。

・前週の予想回顧(週明け月~火曜日)
・当週の重賞の過去傾向分析記事(火~木曜日)
・当週の重賞の高適性推奨馬紹介(金~土曜日)
・予想記事(重賞前日)

更新のお知らせはTwitterをメインに行っております。

Line@は諸事情により、いったん募集を停止しています。
Twitterは以下のアカウントをフォローして頂ければ、更新のお知らせをいたします。

<ウマモブ参加しました>

競馬ブログのまとめサイトです。クリックして応援をお願いします!

↑このボタンをクリック

 

これまでの反省・的中へのヒント

  • 前に回顧記事をしっかりと復習。(これがなかなかできない・・・)
  • トラックバイアスはあてにしすぎてはいけない。
  • 小頭数の場合は、1点勝負という選択もありなのではないか。
  • 当該コースでの勝利実績というのは、加点要素として考えるべき
  • 前走からの距離延長の逃げ、先行馬を見つけたら、ペースが上がるサイン!
  • 複勝、ワイドを上手に使うべし。
  • ハナに立ちたい馬が見当たらないときは先行馬が多くてもスローペースを疑え
  • 逆に過去ハナに立って好成績を挙げたことのある馬は近走逃げられていなくても、ハナ切るかも!?
  • 過去に好走した実績があれば、適性は複数あると判断すべし。
  • ペース予測に全力を尽くせ。それが的中への近道である。
  • 血統はあくまで付加情報として取り扱う。ベースはラップ予想で。
  • 勝てていない外国人ジョッキーは軸にすべきではない。(目安:G1勝ちの有無)
  • トライアルレースはスローペースになりやすく、本番はハイペースになりやすい。←3回目
  • 内枠の差し馬はコースにもよるが、包まれるリスクを考えると避けた方が良い。
  • 堅いと思われるレースは無理に手を広げるな
  • 次走狙えそうな馬は記事にしてストックしておく
  • トラックバイアスを検討する(過去傾向で枠順の有利不利がなかったか?/前週・当週の馬場傾向はどうか?)
  • 不良馬場のハンデ戦は軽ハンデ馬を狙え。
  • 不良馬場は10番手以内のポジション取りが大切。
  • 近走で出遅れ気味な馬は、出遅れ癖を疑っておくべし。(EX:阪神大賞典キセキ)

マーチS【G3】予想

過去傾向・高適性馬

過去傾向・高適性馬ランキングはこちらです。

<マーチS過去傾向>

2020年 マーチステークス【G3】過去ラップ傾向/好走血統傾向/コース分析

<マーチS高適性馬ランキング>

マーチS【G3】の高適性馬ランキング(2020.03.29/中山ダ1,800m)

高適性馬ランキング

今回のマーチSにおける、高適性馬は以下となっています。

【第1位】 タイムフライヤー(70点満点)

ラップ適性、血統面、ローテ面すべて満点評価です。

ラップ適性も問題ありませんし、前走フェブラリーS組は着順関係なく、馬券になっているケースが多いレースです。

ただし、不安点が2点あります。
それは鞍上ミナリク騎手と、右回り。

ミナリク騎手は今年、数々の人気馬に騎乗しているのですが、重賞未勝利。
勝率4.6%/連対率8%/複勝率11.6%という数字は驚愕の一言。

重賞でも共同通信杯のビターエンダーの2着以外は馬券に絡んでいません。

右回りでも崩れてはいませんが、ダートになってから馬券に絡めていないのは気になるところ

【第2位】クリンチャー/ローズプリンスダム/メイショウワザシ/アシャカトブ(60点)

クリンチャー

芝G1でも好走してきたくらいの競争能力の持ち主。
長距離G1でも馬券になっていたので、スタミナには定評があります。

昔凱旋門賞にも出たんですよね。豊富なキャリア、環境への変化等のタフさにも信頼が置けます。

母父のブライアンズタイムからもパワーを受け継いでいるでしょうから、ダート適性という点でも問題はないはずです。

あとは重・不良馬場になった時に結果が出せるか。
これが未知数な点です。

ローズプリンスダム

前走総武S組は無条件で買い。これが過去5年からのセオリー。

この馬はムラ馬なところがあるので、軸としての信頼は難しいところですが一発あってもおかしくはないですね。
過去名鉄杯でも水が浮くような馬場でスマハマの3着に好走していますから、流れに乗れさえすれば可能性は十分かなと思っています。

血統的な後押しもあります。

メイショウワザシ

この馬も総武Sの勝ち馬ですから、無条件で買いでしょう。
しかもその総武Sは重馬場でしたから文句はありません。

懸念点は同型との兼ね合いで、リアンヴェリテとのハナ争いでしょう。

リアンヴェリテは過去の傾向を見ると雨馬場になるとスピード負けして大敗しているケースが目立ちます。
出来れば逃げたいところですが、3番手あたりでも競馬はできる馬。

鞍上の柴田善臣騎手も外枠から無理にハナを切ろうとはしないと思いますので、番手競馬でどこまでやれるかがポイントだと思います。

アシャカトブ

この馬が一番気になっています。
ハナを切る必要もありませんし、好位からの競馬でも問題なし。

過去5年で好走傾向にあるキングカメハメハの血を持っているのも好感が持てます。

重馬場でも好走実績があります。
ローテ的にも前走3勝クラス1着から馬券に絡んでいる馬も多いです。
ただし3着が多いので1着になれるとまで強気になれるローテではありません。

ワイド軸という形であればよいかもしれません。

【第3位】 テーオーフォース・ルールソヴァール(50点)

3位に穴馬2頭が来ていますので、考察していきます。

テーオーフォース

結構人気の盲点になっていますね。(現在単勝137.9倍)
仁川Sでクリンチャーに前走0.3秒差の5着。3走前に3勝クラスですが勝ち星あり、クリンチャーと4.5キロの斤量差があります。

クリンチャーを評価するなら、一緒に評価しなければならない1頭です。
不良馬場の経験はありませんが、シンボリクリスエス産駒でパワーもありますしこの人気なら押さえておいて損はない馬かなと思います。

ルールソヴァール

10ヵ月ぶりの出走ですが、当レースと相性の良い2年前には佐賀記念を制しています。

血統的にも相性のよいヴァイスリージェントを保持していますから、押さえておいて損はないと思います。

【番外編】 不良馬場が苦手?な馬(5頭)

過去不良馬場で大幅に着順を落としている馬がいましたのでご紹介します。

サンマルデューク

2017年ブラジルC(不良馬場) → 10着
2017年ラジオ日本賞(不良馬場)→ 15着
2015年BSN賞(不良馬場)→12着

レピアーウィット

2019年太秦S(不良馬場)→16着
2018年清里特別(重) →13着※1番人気

テルペリオン

2019年ブラジルC(重)→15着※2番人気
2018年ブリリアントS(重)→8着※3番人気

リアンヴェリテ

2019年総武S(重)→13着※3番人気
2018年1000万下(重)→15着

ナムラアラシ

2019年ブラジルC(重)→14着
2019年名鉄杯(重)→8着
2018年アンタレスS(不良)→8着※2番人気

<出走馬評価表>

順位 馬番 ラップ
評価
決め脚
評価
血統
評価
ローテ
評価
レース
適性
現時点
オッズ
1 タイムフライヤー A 20 A 10 A 20 A 20 70 4.0
2 クリンチャー A 20 A 10 A 20 B 10 60 4.9
2 ローズプリンスダム B 10 A 10 A 20 A 20 60 71.9
2 メイショウワザシ B 10 A 10 A 20 A 20 60 8.0
2 アシャカトブ B 10 A 10 A 20 A 20 60 14.2
3 テーオーフォース A 20 A 10 A 20 C 0 50 169.1
3 ルールソヴァール A 20 A 10 A 20 C 0 50 236.4
4 テルペリオン B 10 A 10 A 20 C 0 40 43.8
5 コマビショウ B 10 B 0 A 20 C 0 30 26.6
5 スワーヴアラミス A 20 A 10 C 0 C 0 30 2.5
5 リアンヴェリテ A 20 A 10 C 0 C 0 30 53.3
5 メイショウスミトモ A 20 A 10 C 0 C 0 30 216.5
6 サンマルデューク B 10 A 10 C 0 C 0 20 145.3
6 ナムラアラシ C 0 A 10 B 10 C 0 20 52.0
7 レピアーウィット B 10 B 0 C 0 C 0 10 99.6
7 ワイルドカード C 0 B 0 B 10 C 0 10 6.4

買い目の検討

まず、不安点があるタイムフライヤーは1位ですが、個人的に軸にはできないかなと思っています。
正直一長一短がある馬たちばかりなので、どれを軸にするという判断が難しいです。

そこで軸馬は2頭とします。
⑭メイショウワザシと⑯アシャカトブの2頭から馬単のマルチとワイド。

そして軸馬1位~2位の馬を中心とした三連複フォーメーションで手広く勝負してみたいと思います。

結論

<予想印>

◎⑯アシャカトブ
〇⑭メイショウワザシ
▲⑦タイムフライヤー
☆②クリンチャー
△⑤ローズプリンスダム
×③テーオーフォース
×⑥ルールソヴァール

<買い目>

【馬単マルチ】

⑯⇔②③⑤⑥⑦⑭ 12点 各200円 計2400円

⑭⇔②③⑤⑥⑦⑯ 12点 各200円 計2400円

【ワイドフォーメーション】

⑭⑯-②③⑤⑥⑦⑭⑯ 11点 各200円 計2200円

【三連複フォーメーション】

②⑤⑦⑭⑯-②⑤⑦⑭⑯ー②③⑤⑥⑦⑭⑯ 30点 計100円ずつ 3000円

計10,000円

以上の買い目を俺プロ(まっつん@logi)に投稿しています。

 

高松宮記念【G1】予想

過去傾向・高適性馬

過去傾向・高適性馬ランキングはこちらです。

<高松宮記念過去傾向>

2020年高松宮記念【G1】過去ラップ傾向/好走血統傾向/コース分析

<高松宮記念高適性馬ランキング>

高松宮記念【G1】の高適性馬ランキング(2020.03.29/中京芝1,200m)

高適性馬ランキング

今回の高松宮記念における、高適性馬は以下となっています。

【第1位】 アウィルアウェイ・セイウンコウセイ(90点満点)

ラップ適性、血統面、ローテ面すべて満点評価となりました。1頭ずつ見ていきましょう。

アウィルアウェイ

シルクロードSを末脚一閃で差し切り1着。当時のハイペースを演出したモズスーパーフレアが今回も出走するとなれば、
同様な末脚に期待しても良いと思います。

3走前のCBC賞では大外枠からの出走で、ペースも不良馬場でこの馬にしてはペースも遅めだったように思います。
内目の枠からスルスルと馬群を縫って伸びてくるか、馬場の真ん中から伸びてきてくれることを期待したいと思います。

懸念点は好走が平坦コースに偏っていることです。京都ばかり集中して出走させていることが不安な点ではあります。
ただ充実期を迎える4歳という年齢はとても魅力的。多少の足りない点も成長力で補ってくれるという期待もあります。

セイウンコウセイ

過去3年で2回馬券になっている点は評価できる点です。
中京コースでの適性は間違いなく高いです。

CBC賞でも不良馬場の中58キロで3着に好走している点も強みですね。
12番枠からの出走ですが、内目に逃げたい馬はほとんどいないので、すんなり好ポジションを取って、厳しいペースでの前残りに期待します。

【第2位】 タワーオブロンドン・ダノンスマッシュ・モズスーパーフレア・ナックビーナス・ティーハーフ・ラブカンプー(80点)

次点は5頭も当てはまってしまいました。
血統面で少し評価を落としてしまっている馬たちですが、好走してもおかしくない素地は持っていますので、こちらもチェックしていきたいと思います。

タワーオブロンドン

この馬もモズスーパーフレアの作ったハイペースで好走した実績があるのは高く評価できるポイントです。
またローテーションとしても58キロの前走で3着に敗れてから、57キロに戻るのは好材料ですね。

もともと京王杯SCなど左回りのコースでも結果を出しているように、中山よりも中京の方が向いているんじゃないかと思えるくらいのポテンシャルを持っていますので、今回も勝ち負けしてくれる可能性は高いと思います。

不安は「前が詰まる」リスクがあること。
鞍上の福永Jは最短距離を走らせようと意識が強く、逆に行き場をなくしてしまうケースが多い気がするので、多少ロスがあっても進路を確保するような騎乗をしてほしいところです。

ダノンスマッシュ

この馬は個人的には不安の多い馬だなと思っています。

最近出遅れ癖があるということと、タワーオブロンドンよりもハイペース適性という意味では劣るということ。
鞍上川田Jも最近出遅れ癖があるので、またやらかしてしまうんじゃないかという不安もあります。

また、中京コースや左回りも、右回りに比べるとパフォーマンスを落としがちな馬です。
今まで左回りで馬券内に入ったことは一度もないんです。

ただ能力は間違いないですから、馬券内に食い込んでくる可能性は十分あります。
買うか買わないかはこれから迷いたいと思いますが、なんとなく嫌いたい馬ではあります。

モズスーパーフレア

適性や指数という意味では上位評価できるのですが、個人的には大箱の競馬場が向かないんじゃないかと思っています。

中山競馬場での良績が集中している理由はおそらく、ハイペースで後続の脚をしっかりと削ぐ走りが出来ることとコーナーワークでセーフティリードを取って直線に向かうことが出来る点だと思っています。

あとは中山と違ってスタートで上り坂がある点も最後にスタミナを持たせきれない原因かと思います。
この馬にとって最後の坂は味方すると思いますが、少し直線が長すぎます。

最後捕まえられてしまう可能性が高いと思いますので3着までかなと思っています。

ただし、今回はスタートさえ悪くなければすんなりハナに立てるような気がするので、去年の高松宮記念のようにハナを切るのにいっぱいいっぱいになるようなことはないんじゃないかと思っています。

ビュンビュン飛ばしてほしいですね。

ナックビーナス

過去3着に入ったことのある実績があり、ローテや適性面でも問題はありません。
ある程度前に着ける必要がある馬ですが、ハナを切る必要はないため、モズスーパーフレアの後をついていく形になるかと思います。

この馬の買い時が正直とても難しいです。
ただ、去年の高松宮記念では3角で不利があったようで、失速したことが敗因のようです。

7歳牝馬ではありますが、場体重もどんどん増やして衰えも感じませんから、相手としては組み入れておきたいなと思っています。

ティーハーフ

ティーハーフもハマるときは人気薄でも平気で突っ込んできます。
そして過去の戦歴を見ていて気付いたのですが、この馬中京競馬場は悪くないです。

過去高松宮記念、馬券には絡んでいませんが、2017年4着、2019年5着に好走しています。
CBC賞でも4着に入ったこともありますが、展開の助けがあれば一発あってもおかしくないかなと思っています。

ラブカンプー

この馬、すごーく気になっています。
血統的にはプリンスリーギフト系とミスタープロスペクター系のくみあわせということで良さそうな感じです。

ローテーションも特に問題はなく、マイナス材料が私の評価軸からすると少ないです。
もちろん、毎度大敗を繰り返していますからアテにはできませんが、去年のショウナンアンセムポジションで押さえておいても良いかなと思っています。

すんなり先行したりしたら、もしかするかもしれません。
枠も良いですし、スプリンターズSの2着馬なんですから。

ノームコアとかよりは、こっちを狙いたいなというのが個人的な感想です。

<出走馬評価表>

順位 馬番 ラップ
評価
決め脚
評価
血統
評価
ローテ
評価
ローテ
評価
レース
適性
現時点
オッズ
1 アウィルアウェイ A 20 A 10 A 20 A 20 A 20 90 24.1
1 セイウンコウセイ A 20 A 10 A 20 A 20 A 20 90 14.8
2 タワーオブロンドン A 20 A 10 B 10 A 20 A 20 80 3.2
2 ダノンスマッシュ A 20 A 10 B 10 A 20 A 20 80 4.1
2 ティーハーフ A 20 A 10 B 10 A 20 A 20 80 359.7
2 ナックビーナス A 20 A 10 B 10 A 20 A 20 80 38.6
2 モズスーパーフレア A 20 A 10 B 10 A 20 A 20 80 20.3
2 ラブカンプー B 10 A 10 A 20 A 20 A 20 80 550.1
3 ダイメイプリンセス A 20 A 10 C 0 A 20 A 20 70 321.1
4 グランアレグリア B 10 A 10 A 20 C 0 A 20 60 3.5
4 シヴァ-ジ A 20 A 10 B 10 C 0 A 20 60 40.3
4 ステルヴィオ B 10 B 0 B 10 A 20 A 20 60 35.3
4 ダイアトニック B 10 B 0 B 10 A 20 A 20 60 14.8
5 モズアスコット B 10 A 10 B 10 B 10 B 10 50 9.8
6 アイラブテーラー B 10 A 10 C 0 C 0 A 20 40 24.1
6 クリノガウディ- B 10 A 10 C 0 C 0 A 20 40 81.7
6 グルーヴィット B 10 A 10 A 20 C 0 C 0 40 76.5
7 ノームコア B 10 A 10 B 10 C 0 C 0 30 35.1

買い目の検討

軸馬は1位のアウィルアウェイとセイウンコウセイで悩みましたが、不良馬場の適性という意味で昨年のCBC賞で不良馬場の中3着に入った「セイウンコウセイ」を軸に指名したいと思います。

メンバーも豪華で実力が拮抗している中で、一番の不確定要素は不良馬場適性です。

正直不良馬場を走っている馬自体が少ない中で、実績があるという点は頼もしいところです。
あとは、2位までの馬8頭を相手に手広く流していきたいと思います。

結論

<予想印>

◎⑫セイウンコウセイ
〇②アウィルアウェイ
▲⑨タワーオブロンドン
☆⑥ダノンスマッシュ
△④ティーハーフ
△⑤ラブカンプー
△⑮ナックビーナス
△⑯モズスーパーフレア

<買い目>

【馬単マルチ】

⑫⇔②④⑤⑥⑨⑮⑯ 14点 各300円 計4,200円

【ワイド】

⑫-②④⑤⑥⑨⑮⑯ 7点 各500円 計3500円

【三連複1頭軸流し】

⑫-②④⑤⑥⑨⑮⑯ 21点 各100円 計2100円

【馬連】

②-⑫ 200円

計10,000円

以上の買い目を俺プロ(まっつん@logi)に投稿しています。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ