こんにちは、まっつんです。

コロナで外出自粛ということで都市部の方と都市近郊の方は緊張感が高まってきましたね。
私は静岡県東部に住んでいますので、「東京に行くな」という空気が漂っています。

自粛の中でも、競馬が出来ることに感謝しかありません。
馬券をもって競馬場で絶叫したい気持ちはありますが、馬券を買う術があるだけで感謝ですね。

プロ野球の藤浪投手やタレントの志村けんさんまでコロナに感染しているというニュースはいよいよコロナウイルスが身近まで迫ってきているということです。

競馬関係者にも感染者が出て競馬が中止になるという可能性も秘めている状況です。
頑張って感染予防をしながら開催に向けて努力している関係者に感謝しながら、自分自身もコロナの媒介者にならないように注意を払って行動していきたいと思います。

それでは頑張って予想していきましょう。

 

<記事の更新について>

基本的に以下のスケジュール感で更新をしております。

・前週の予想回顧(週明け月~火曜日)
・当週の重賞の過去傾向分析記事(火~木曜日)
・当週の重賞の高適性推奨馬紹介(金~土曜日)
・予想記事(重賞前日)

更新のお知らせはTwitterをメインに行っております。

Line@は諸事情により、いったん募集を停止しています。
Twitterは以下のアカウントをフォローして頂ければ、更新のお知らせをいたします。

<ウマモブ参加しました>

競馬ブログのまとめサイトです。クリックして応援をお願いします!

↑このボタンをクリック

 

これまでの反省・的中へのヒント

  • 前に回顧記事をしっかりと復習。(これがなかなかできない・・・)
  • トラックバイアスはあてにしすぎてはいけない。
  • 小頭数の場合は、1点勝負という選択もありなのではないか。
  • 当該コースでの勝利実績というのは、加点要素として考えるべき
  • 前走からの距離延長の逃げ、先行馬を見つけたら、ペースが上がるサイン!
  • 複勝、ワイドを上手に使うべし。
  • ハナに立ちたい馬が見当たらないときは先行馬が多くてもスローペースを疑え
  • 逆に過去ハナに立って好成績を挙げたことのある馬は近走逃げられていなくても、ハナ切るかも!?
  • 過去に好走した実績があれば、適性は複数あると判断すべし。
  • ペース予測に全力を尽くせ。それが的中への近道である。
  • 血統はあくまで付加情報として取り扱う。ベースはラップ予想で。
  • 勝てていない外国人ジョッキーは軸にすべきではない。(目安:G1勝ちの有無)
  • トライアルレースはスローペースになりやすく、本番はハイペースになりやすい。←3回目
  • 内枠の差し馬はコースにもよるが、包まれるリスクを考えると避けた方が良い。
  • 堅いと思われるレースは無理に手を広げるな
  • 次走狙えそうな馬は記事にしてストックしておく
  • トラックバイアスを検討する(過去傾向で枠順の有利不利がなかったか?/前週・当週の馬場傾向はどうか?)
  • 不良馬場のハンデ戦は軽ハンデ馬を狙え。
  • 不良馬場は10番手以内のポジション取りが大切。
  • 近走で出遅れ気味な馬は、出遅れ癖を疑っておくべし。(EX:阪神大賞典キセキ)

日経賞【G2】予想

過去傾向・高適性馬

過去傾向・高適性馬ランキングはこちらです。

<日経賞過去傾向>

2020年日経賞【G2】過去ラップ傾向/好走血統傾向/コース分析

<日経賞高適性馬ランキング>

日経賞【G2】の高適性馬ランキング(2020.03.28/中山芝2,500m)

高適性馬ランキング

今回の日経賞における、高適性馬は以下の通りです。
各項目の評価方法は記事後半のラップ傾向・血統傾向・前走ローテ傾向に記載しています。

【第1位】 レッドレオン/モズベッロ(90点満点)

レッドレオン/モズベッロ

ラップ適性、血統面、ローテ面すべて満点評価です。

ラップ面の評価ですが、基本的に後傾ロングスパートになりやすいレースですが、先行したい馬(前走で5番手以内に付けた馬)が10頭もいます。

そう考えるとある程度のポジション取りは必要でヤマカツライデンが5番枠からスッとハナを切ると思いますが、外からスティッフェリオが2番手を取りにいき、残りの先行馬も前目のポジションに殺到します。

長距離なのでハイペースになることはないと思いますが、ある程度締まったペースになることが想定されます。

そうなると平均ラップで好走してきている、レッドレオン・モズベッロ・アイスバブル・ミッキースワローあたりが浮上してきます。

どれも力のある馬たちですから、他の項目で優劣をつけていきます。
その中で血統・前走ローテの面で評価できるのが「日経新春杯組の2頭」です。

血統的にはサンデーサイレンス×米国系の軽い血統の馬が多く好走しており、ミスタープロスペクター系やストームキャット系の馬たちは過去の傾向から見ても合いそうな感じです。

どちらを上に取るかという部分は別途検討したいと思いますが、高く評価したいと思います。

【第2位】 エタリオウ・サンアップルトン(80点)

エタリオウ

3歳時から格の高いレースでずっと2着を続けていた「エタリオウ」
去年のこのレースでも2着に好走していますが、宝塚記念あたりから着順を落とし始めています。

この理由は燃え尽きたとかそういう話ではなく、「全体的なレースのペースアップ」が起因しているんじゃないと思います。

去年の春、ノーザンファーム生産馬がG1を席巻していましたよね。
それはおそらく「後傾」タイプの馬が量産されていたから。

この馬も後傾ラップでは好走できるものの、ペースが上がると走れないタイプなんじゃないかと思っています。

実際に負けたレースは以下の前後半ラップとなっています。

宝塚記念(35.5-35.3)   平均ラップ
京都大賞典(
35.4-35.2)  平均ラップ
ジャパンカップ(36.4-37.2)前傾ラップ
有馬記念(35.0-37.6)前傾ラップ

つまり、スローが見込めない今回も凡走する可能性が高いということ。
これだけ傾向がはっきりしている馬であれば、平均ペースに張る今回はバッサリ切っても良いかなと思っています。

サンアップルトン

この馬はエタリオウとは対照的に前々走で平均ラップでの好走歴があります。
2着ではありますが、タイム差なしだったので「後傾ラップの方が向いてはいる」ものの、平均ラップで走れない馬ではないと言えます。

その上で他の項目で満点を取れているという意味では、紐として適切な馬なのかなと思っています。

【第3位】 アイスバブル・ミッキースワロー(70点)

この2頭はラップ適性では平均ロングスパートに対応できるので、問題はなさそうで、評価を下げたポイントは血統面・ローテ面です。

それでも上位にランクインしているという点ではここは買いかなと思っています。

アイスバブル

アイスバブル2走前の中日新聞杯で1番人気に支持されている馬。
前走の万葉Sは鞍上と距離が敗因。

中日新聞杯は前目にいた馬が全滅するような最後の末脚勝負だったので度外視しても良いでしょう。

現在43倍の11番人気。妙味も含めて買い目に入れておきたいなと思っています。

ミッキースワロー

この馬はペース関係なく、堅実な末脚を繰り出せる、高いレベルで安定している馬です。

中山競馬場は好走歴が多いですが、外回りでの好走が目立つという点で内回りに対する不安がありますので、強く推すことはできませんが、決して切ることの出来ない馬かなと思っています。

<出走馬評価表>

順位 馬番 ラップ
評価
決め脚
評価
血統
評価
ローテ
評価
距離
評価
レース
適性
現時点
オッズ
1 レッドレオン A 20 A 10 A 20 A 20 A 20 90 7.5
1 モズベッロ A 20 A 10 A 20 A 20 A 20 90 6.8
2 エタリオウ B 10 A 10 A 20 A 20 A 20 80 5.3
2 サンアップルトン B 10 A 10 A 20 A 20 A 20 80 8.5
3 アイスバブル A 20 A 10 A 20 C 0 A 20 70 38.4
3 ミッキースワロー A 20 A 10 B 10 B 10 A 20 70 4.2
4 サトノクロニクル B 10 A 10 B 10 B 10 A 20 60 10.5
4 ガンコ B 10 A 10 A 20 C 0 A 20 60 50.4
5 マイネルカレッツア B 10 A 10 B 10 C 0 A 20 50 140.5
5 ヤマカツライデン B 10 A 10 B 10 C 0 A 20 50 106.2
5 ウインイクシード B 10 A 10 B 10 B 10 B 10 50 16.6
5 スティッフェリオ B 10 A 10 B 10 C 0 A 20 50 20.9
6 ボンデザール B 10 B 0 A 20 C 0 B 10 40 29.0
7 ソウルスターリング A 20 B 0 C 0 C 0 C 0 20 7.4

買い目の検討

1位のレッドレオン・モズベッロ共に軸にするには魅力的な馬ですよね。
どっちを上に取るか、非常に悩ましい…

レース映像を見て、モズベッロにしようと思います。

レッドレオンの前走は、確かにハンデ差もありましたし、直線で前が詰まる不利があったところもありましたので逆転する可能性は十分にあるとは思います。

しかしレッドレオンを見ていて気が付いたこと。
それは「エンジンのかかりが遅い」というところ。

好位に着けていたのに、直線でモタモタしているうちに位置取りを悪くして前が詰まる。
エンジンがかかってからの伸びは素晴らしいとは思いますが、直線の短い中山では致命傷になる可能性があると思いました。

対してモズベッロはスタートが少し悪いですが、二の足が良いので多少出負けしても長距離であれば問題はなさそう。

直線に入ってからの反応も良かったですから、ハンデ差だけではないストロングポイントがあると思います。

相手にレッドレオンとサンアップルトンを本線とした馬単マルチ。
押さえでアイスバブルとミッキースワローを入れて勝負します。

結論

<予想印>

◎⑩モズベッロ
〇④レッドレオン
▲⑪サンアップルトン
☆⑭ミッキースワロー
△⑬アイスバブル

<買い目>

【馬単マルチ】

⑩⇔④⑪ 4点 各1000円 計4000円

⑩⇔⑭⑬ 4点 各300円   計1200円

【三連単フォーメーション】

④⑩⑪-④⑩⑪⑬⑭ー④⑩⑪⑬⑭ 36点 計100円ずつ 3600円

⑩-④⑪⑬⑭ー④⑪⑬⑭ 12点 計100円ずつ 1200円

計10,000円

以上の買い目を俺プロ(まっつん@logi)に投稿しています。

 

毎日杯【G3】予想

過去傾向・高適性馬

過去傾向・高適性馬ランキングはこちらです。

<毎日杯過去傾向>

2020年 毎日杯【G3】過去ラップ傾向/好走血統傾向/コース分析

<毎日杯高適性馬ランキング>

毎日杯【G3】の高適性馬ランキング(2020.03.28/阪神芝1,800m)

高適性馬ランキング

今回の毎日杯における、高適性馬は以下の通りです。
各項目の評価方法は記事後半のラップ傾向・血統傾向・前走ローテ傾向に記載しています。

【第1位】 ストーンリッジ(90点満点)

ラップ適性、血統面、ローテ面すべて満点評価です。

ラップ面の評価ですが、このレースは後傾ロングスパートのレースが想定されます。

もちろん、その前提で瞬発力勝負に強い、抜けて強い馬がいれば別ですが、アルジャンナもサトノインプレッサも正直そこまでの器ではないと思います。

新馬戦のラップも優秀で、スローではありましたが
11.2-11.0-11.0と最後まで長く良い脚を使っていました。

前走の負けは、勝ったコルテジアとのキャリアの差かなと思います。
アルジャンナにしっかりと先着した実力はもう認めて良いと思います。

【第2位】 ダノンアレー(70点)

平均ラップでのロングスパート戦が2レース続いて、連続2着となっています。
これは、もしかしたらですがもう少しスローで流れた方がこの馬の持ち味が生きるのかもしれません。

ダートデビューで芝路線に切り替えてきているので、新馬戦については分析が出来ていませんが、血統背景や決め脚でも上位に浮上してもおかしくはないと思います。

前走2着で評価を下げていますが、それ以外に減点材料はないので、期待して良いと思います。

【第3位】 アーニングフェイム(60点)

アルジャンナ・サトノインプレッサも同点評価ではありますが、人気しすぎて妙味がないことと、血統的に評価が低いのでこの馬を推奨します。

エイシンフラッシュ産駒は重賞ではワンパンチ足りないという話が、ブロガー&YoutuberのGANMAさんが言っていましたが、3着ならあるかなと思っています。

単騎逃げが期待される今回のメンバー構成において、自分のリズムで運んでどこまで粘れるかといったところでしょう。
人気のアルジャンナ、サトノインプレッサが瞬発力タイプなので、仕掛けどころを間違ったら伸びてこれない可能性もあると思いますので、狙ってみたい1頭です。

<出走馬評価表>

順位 馬番 ラップ
評価
決め脚
評価
血統
評価
ローテ
評価
距離
評価
レース
適性
現時点
オッズ
1 ストーンリッジ A 20 A 10 A 20 A 20 A 20 90 3.8
2 ダノンアレー B 10 A 10 A 20 B 10 A 20 70 11.1
3 アーニングフェイム B 10 A 10 A 20 C 0 A 20 60 133.1
4 アルジャンナ A 20 B 0 C 0 A 20 A 20 60 1.9
5 サトノインプレッサ A 20 B 0 C 0 A 20 A 20 60 3.0
6 メイショウダジン A 20 A 10 C 0 A 20 B 10 60 34.6
7 メイショウラツワン A 20 B 0 A 20 C 0 A 20 60 107.9
8 アーヴィンド A 20 A 10 C 0 C 0 A 20 50 27
9 トウケイタンホイザ A 20 B 0 B 10 C 0 A 20 50 42.1
10 テイエムフローラ C 0 A 10 C 0 C 0 B 10 20 36.6

買い目の検討

ここは小点数で勝負してみようと思います。

ワイドを本線に、馬単マルチをベースに資金配分をしていきます。

一発大きいところを狙っていきたいと思います。

結論

<予想印>

◎⑥ストーンリッジ
〇⑤ダノンアレー
▲③アーニングフェイム

<買い目>

【馬単マルチ】

⑥⇔⑤ 2点 各2000円 計4000円
⑥⇔③ 2点 各200円 計400円

【ワイド】

⑥-⑤ 4000円
⑥ー③ 1000円
③-⑤ 600円

計10,000円

以上の買い目を俺プロ(まっつん@logi)に投稿しています。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ