こんにちは、まっつんです。

先週のダービートライアル「青葉賞」に引き続き、今週は京都新聞杯(G2)が行われます。

去年のダービー馬ロジャーバローズを輩出したレースですね。

今年はダントツ1番人気が想定される「アドマイヤビルゴ」が出走します。
果たして死角はあるのでしょうか。

それでは過去傾向を見ていきます。

↓新しい予想の方針を下記の記事にまとめましたので、ご一読頂ければ幸いです。

新予想法【Family Line Lap(FLL)適性予想】(血統・系統・ラップ予想)※収支公開中

新しい予想でも、血統傾向・ラップ傾向・コース傾向は重視していきますので引き続き過去の傾向は分析していきます。

<記事の更新を受け取りたい方へ>
更新は既に登録して頂けている方はLine@、これから更新案内を受け取りたい方はTwitterにてお知らせしていますので、フォロー&通知ONしてお待ち頂ければ幸いです。

<ウマモブ参加しました>
競馬ブログのまとめサイトです。クリックして応援をお願いします!

↑このボタンをクリック

過去5年のレース分析(レースラップ/好走血統/前走距離・ローテ)

血統・前走ローテ

過去5年の3着以内馬の父・母父・母母父・母母母父の系統を一覧表形式でまとめています。

色で分けていますので、どういう系統の血を持った馬たちが好走しているか、感覚的に把握して頂ければと思います。

血統の傾向

その条件を踏まえた上での特徴を分析していきます。
過去5年間の血統傾向を見ると、以下6パターンに振り分けられます。

① 米国ノーザンダンサー系 × 欧州ノーザンダンサー系 × サンデーサイレンス系

過去の該当馬:アドマイヤアルバ/シャルドネゴールド/ダノンディスタンス/アグネスフォルテ/ポルトドートウィユ

② ナスルーラ系(バードキャッチャー系)× 欧州ノーザンダンサー系 × サンデーサイレンス系

過去の該当馬:スマートオーディン/プラチナムバレット/サトノソロモン

③ オールド血統 × 欧州ノーザンダンサー系 × サンデーサイレンス系

過去の該当馬:ロジャーバローズ/アルバートドック

④ サンデーサイレンス系 × 欧州ノーザンダンサー系 × ロベルト系 or  ミスタープロスペクター系

過去の該当馬:サトノクロニクル/サトノラーゼン/ロイカバード

⑤ キングカメハメハ × サンデーサイレンス系 × ミスタープロスペクター系 or ロベルト系

過去の該当馬:レッドジェニアル/ステイフーリッシュ

全体的に米国系の血統×欧州ノーザンという組み合わせが目立ちますね。
これらのパターンに該当しそうな馬を探していきたいと思います。

前走ローテ傾向

前走G3・OP敗退組からの巻き返しが多い印象があります。

1勝クラスの負けからでも馬券になっているケースもあるので、あまり前走の結果は気にしない方が的中できるかもしれませんね。

京都 芝2,200m特徴

【京都 芝2,200m特徴】

ダートと芝の違いこそありますが、ダートの1900mと似たようなコースとなってます。

2200mは外回りで行われ、スタート地点は第4コーナーの終わりにあります。
第1コーナーまで400mもあり距離があるためごちゃつきにくく、枠による有利不利は少なそうな印象です。
小高い丘のような3コーナーまでは淡々とレースが進むことが多いです。

向正面~3コーナーは高低差4mもあってスピードがついた状態で4コーナーに差し掛かります。
内回りと比べてコーナーのカーブは比較的ゆるいため、内側・外側でも大きな有利・不利はなさそうです。

【枠傾向】

データ数こそ少ないもののハッキリとした傾向が出ていますね。
これを見る限りは内枠が有利で、次いで8枠もやや有利な状況です。
中でも2枠は連対率が20%を超えており、京都芝2200mは明らかに内枠有利と言えるでしょう。

逆に真ん中付近の4~7枠はパッとしない成績です。8枠が優勢なのは馬群に包まれるリスクが少ないから、と考えられます。

思い切って中枠の人気馬は外して内枠の特に2枠の穴馬で勝負すれば、大穴馬券が穫れるかもしれませんね。

【脚質傾向】

もっとも連対率が高いのは、「先行」脚質でした。
勝率が最も高かったのも先行脚質なので、京都芝2200mでは先行の馬を中心に狙ってみると良いかもしれません。

最も単勝回収率が高いのも、先行脚質でした。
連対率も高く単勝回収率も高いので、京都芝2200mでは先行馬を中心とした馬券を買うことを推奨します。

【ペース傾向】
結果は明らかにスローペースになる傾向という分析結果が出ました。

そしてハイペースになることはほとんどありません。
京都芝2200mでは、ほぼ確実にスローペースになると考えて予想を組み立てましょう。

【参考サイト】引用:調教タイム理論(競馬場分析)

レースラップの傾向

過去5年のレースラップを見ていきます。

【レースラップを見る際の注意点】
前半2F目のラップは最速ラップとしてはカウントしません。2F目以外での最速ラップを赤文字にします。
→なぜなら前半2Fまではポジション争いがある為、ほとんどのレースで2F目が最速ラップになるからです。

【2019年】 平均ロングスパートラップ

ハロンタイム 12.6 – 10.5 – 12.3 – 12.2 – 12.4 – 12.4 – 12.4 – 11.8 – 11.7 – 11.5 – 12.1
前後半ラップ 前半3F35.4- 後半3F35.3

【2018年】 平均ロングスパートラップ

ハロンタイム 12.5 – 10.5 – 11.7 – 11.7 – 12.1 – 13.2 – 12.6 – 12.1 – 11.3 – 11.4 – 11.9
前後半ラップ 前半3F 34.7 – 後半3F 34.6

【2017年】 後傾ロングスパートラップ

ハロンタイム 12.7 – 11.1 – 12.8 – 12.4 – 13.1 – 13.1 – 12.7 – 12.6 – 11.6 – 11.5 – 11.6
前後半ラップ 前半3F 36.6- 後半3F 34.7

【2016年】 後傾瞬発力ラップ

ハロンタイム 12.4 – 11.1 – 12.6 – 12.3 – 12.4 – 12.3 – 12.8 – 12.2 – 11.8 – 10.8 – 11.9
前後半ラップ 前半3F 36.1- 後半3F 34.5

【2015年】 後傾ロングスパートラップ

ハロンタイム 12.3 – 10.7 – 12.2 – 12.1 – 12.1 – 12.6 – 12.5 – 11.9 – 11.4 – 11.9 – 11.6
前後半ラップ 前半3F 35.2 – 後半3F 34.9

レースレベルにもよりますが、基本的には平均ペースからのロングスパート戦になるケースが多いようです。

2分11秒台で走破するようなことがあれば、本番のダービーでも期待が持てます。
逆に超スローになるような展開であれば、瞬発力勝負になってしまうということでしょう。

メンバーをみて、このあたりは判断したいですね。

これらの分析結果を踏まえて、予想を組み立てていきたいと思います。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ