こんにちは、まっつんです。

昨日のクイーンカップ、本命ルナシオンはまさかの10着。

 

ゴリ押ししてしまって申し訳ありませんでした。

出遅れて、掛かって、外を回って、伸びないという最悪のレース。

 

度外視したいところですが、次のローテーションが気になるところ。

怪物の登場だと思ったのに・・・これは冷静にレースを回顧しながら次の馬券に活かせるように反省していきたいと思っています。

 

さて、今日の京都記念は寂しいメンバーになりましたね。

主力の牝馬は強いメンバーが揃っていますが、クラージュゲリエまで回避してしまい、9頭立て。

最近小頭数の競馬が多いですね。

 

出来れば小点数で仕留めたいものですね。

それでは予想に入っていきましょう。

 

【本ブログの予想法について】

今年から従来までのラップによる適性分析に加えて日刊スポーツ社が公開している「コンピ指数」という指数を活用した予想法にチャレンジしています。

「LapConpi-Hybrid」と名付けました。

詳しい内容は以下の記事に記載してありますので、「どんな予想なのか」気になる方はご一読ください。

今年の予想方針について【ラップ予想+コンピ指数】

もしこの予想に興味があるという方は、Line@への登録をお願いします。
記事更新時にお知らせさせて頂きます!

友だち追加

Twitterも始めました!良かったらフォロー&通知onをお願いします。

それでは、予想していきましょう。

枠順

    <京都記念 枠順>

    1. ①カレンブーケドール(牝4・53.0・津村明秀)
    2. ②プリンスオブぺスカ(牡6・56.0・藤井勘一郎)
    3. ③クラージュゲリエ(牡4・55.0・川田将雅)
    4. ④アメリカズカップ(牡6・56.0・和田竜二)
    5. ⑤ステイフーリッシュ(牡5・56.0・岩田康誠)
    6. ⑥アルメリアブルーム(牝6・54.0・フォーリー)
    7. ⑦クロノジェネシス(牝4・54.0・北村友一)
    8. ⑧ドレッドノータス(騙7・57.0・坂井瑠星)
    9. ⑨ノーブルマーズ(牡7・56.0・シュタルケ)
    10. ⑩ガンコ(牡7・56.0・松田大作)

     

    レース展開予想

    過去のラップ傾向

    過去5年のレースラップを並べてみます。
    ※前半2F目のラップは最速ラップとしてはカウントしません。2F目以外での最速ラップを赤文字にします。
    →前半2Fまではポジション争いがある為、ほとんどのレースで最速ラップになります。

    【2019年】 後傾瞬発型ラップ

    <勝ち馬> ダンビュライト(道中2番手-2着馬道中3番手-3着馬道中9番手)

    ハロンタイム 12.9 – 11.2 – 13.1 – 13.1 – 13.0 – 12.2 – 12.2 – 12.0 – 11.9 – 11.1 – 12.1
    前後半ラップ 前半3F.37.2- 後半3F 35.1

     

    【2018年】後傾瞬発型ラップ(重馬場)

    <勝ち馬> クリンチャー(道中4番手-2着馬道中5番手-3着馬道中6番手)

    ハロンタイム 12.5 – 11.5 – 13.3 – 13.0 – 12.7 – 12.6 – 12.2 – 12.2 – 12.2 – 11.8 – 12.3
    前後半ラップ 前半3F 37.3 – 後半3F 36.3

     

    【2017年】平均瞬発力ラップ(稍重)

    <勝ち馬> サトノクラウン(道中3番手-2着馬道中4番手-3着馬道中5番手)

    ハロンタイム 13.0 – 11.5 – 11.9 – 11.8 – 12.0 – 12.6 – 12.9 – 12.4 – 12.3 – 11.9 – 11.8
    前後半ラップ 前半3F 36.4 – 後半3F 36.0

     

    【2016年】 平均ロングスパートラップ(重)

    <勝ち馬> サトノクラウン(道中2番手-2着馬道中8番手-3着馬道中6番手)

    ハロンタイム 13.0 – 12.0 – 13.0 – 13.0 – 12.6 – 12.7 – 12.4 – 12.3 – 12.112.1 – 12.5
    前後半ラップ 前半3F 37.0 – 3F 36.7

     

    【2015年】 後傾瞬発力ラップ

    <勝ち馬> ラブリーデイ(道中2番手-2着馬道中1番手-3着馬道中10番手)

    ハロンタイム 12.8 – 11.4 – 12.6 – 12.3 – 12.1 – 12.2 – 12.4 – 11.7 – 11.4 – 11.0 – 11.6
    前後半ラップ 前半3F36.8 – 後半3F 34.0

     

    <京都芝2,200m特徴>

    内回りコースの直線入り口付近からスタート。直線が平坦でテンの入りは速くなるが、1コーナーまでの距離は397mと長く、それまでにほぼ位置取りが決まり、外回りでバックストレッチも長いため、ゆったりとしたペースになることが多い。

    古馬のレースは上がりの速い競馬が多く、下り坂で一気にペースが速くなる。そのまま最後の直線でどこまでトップスピードを維持できるかの勝負。一瞬の切れよりも、スピードの持続力が問われる。

    ある程度の位置を取らないと差し届かないことが多い。道中のペース、展開次第で逃げ・先行馬の行った行ったになり、レース展開を読むことが重要。

    (競馬ラボにおけるコース攻略検証・見解記事より引用)

     

    過去のレース傾向は瞬発系のラップが多いのですが、持続型という記載がありますね。

    京都記念に関しては、瞬発ラップに偏るということなのかもしれません。

     

    前日のトラック・バイアス

    京都競馬場のレースをすべて確認しましたが、あまり内外の有利不利はないように感じました。

    特に内は荒れている形跡もないため、フラットな評価で良いでしょう。

    後半のレースでは外が伸びつつあったので、外目も後半になればなるほど伸びるようになるかもしれませんね。

    隊列・ペース想定

    結論ですが、スロー~平均ペースを想定したいと思います。

    前でレースを引っ張る馬は多くありませんが、好位に付けたい馬が多いです。

     

    ドレッドノータスや、アメリカズカップあたりの馬が先手を主張してくるとしても、

    ガンガン引っ張るというような展開はあまり想定できません。

    ロングスパート型の馬が多いので、スローからの早仕掛け的な展開になると思われます。

    <隊列想定>

    1. ④アメリカズカップ【56.0】(後傾瞬発力※重馬場巧者)2番手
    2. ⑨ノーブルマーズ【56.0】(後傾ロングスパート)2番手
    3. ⑤ステイフーリッシュ【56.0】(前傾差し・後傾ロングスパート)2番手
    4. ⑧ドレッドノータス【57.0】(平均ロングスパート)4番手
    5. ①カレンブーケドール【53.0】(前傾差し・平均ロングスパート※重馬場巧者)4番手
    6. ⑦クロノジェネシス【54.0】(前傾差し・平均ロングスパート・後傾ロングスパート)5番手
    7. クラージュゲリエ【55.0】(後傾瞬発力)5番手
    8. ⑩ガンコ【56.0】(後傾瞬発力※重馬場巧者)7番手
    9. ②プリンスオブぺスカ【56.0】(平均ロングスパート・後傾瞬発力)8番手
    10. ⑥アルメリアブルーム【54.0】(前傾差し・平均ロングスパート※重馬場巧者)9番手

     

    後傾ロングスパート、平均ロングスパートの馬は高く評価します。

    瞬発系の馬は一段階評価を下げ、前傾差しタイプに関してはタフな流れになれば台頭する可能性はありますが、ほとんどロングスパート適性も併せ持っている馬たちばかりなので特に評価を変更する必要はなさそうです。

     

    あとは重馬場での好走歴のある馬を高く評価しておきたいと思います。

    【加算対象】

    後傾ロングスパート・平均ロングスパート +20

    重馬場適性 +10

    【減算対象】

    後傾瞬発力タイプ -10

     

    コンピ指数調整

    【コンピ指数】

    順位 馬番 コンピ指数 適性 重馬場
    1 ①カレンブーケドール【53.0】
    (前傾差し・平均ロングスパート※重馬場巧者)
    77 +20 +10 107
    2 ⑦クロノジェネシス【54.0】
    (前傾差し・平均ロングスパート・後傾ロングスパート)
    75 +20 ±0 95
    3 ⑤ステイフーリッシュ【56.0】(前傾差し・後傾ロングスパート) 72 +20 ±0 92
    4 ⑧ドレッドノータス【57.0】(平均ロングスパート) 54 +20 ±0 74
    5 ⑥アルメリアブルーム【54.0】
    (前傾差し・平均ロングスパート※重馬場巧者)
    53 +20 +10 83
    6 ⑨ノーブルマーズ【56.0】
    (後傾ロングスパート)
    51 +20 ±0 71
    7 ④アメリカズカップ【56.0】(後傾瞬発力※重馬場巧者) 47 -10 +10 47
    8 ②プリンスオブぺスカ【56.0】
    (平均ロングスパート・後傾瞬発力)
    46 +20 ±0 66
    9 ⑩ガンコ【56.0】(後傾瞬発力※重馬場巧者) 40 -10 +10 40

     

     

    調整後順位 馬名 補正後コンピ指数 現時点オッズ
    1 ①カレンブーケドール【53.0】
    (前傾差し・平均ロングスパート※重馬場巧者)
    107 2.9
    2 ⑦クロノジェネシス【54.0】
    (前傾差し・平均ロングスパート・後傾ロングスパート)
    98 2.7
    3 ⑤ステイフーリッシュ【56.0】
    (前傾差し・後傾ロングスパート)
    92 4.4
    4 ⑥アルメリアブルーム【54.0】
    (前傾差し・平均ロングスパート※重馬場巧者)
    83 10.2
    5 ⑧ドレッドノータス【57.0】(平均ロングスパート) 74 12.6
    6 ⑨ノーブルマーズ【56.0】
    (後傾ロングスパート)
    71 12.9

     

    ん~また堅い・・・。

    しかし小頭数かつロングスパート適性を皆が持っているので、順当に決まる可能性が高いということでしょう。

    京都の2200mがクロノジェネシスに合うのか私には少し疑問ですので、カレンブーケドールを軸に勝負していきたいと思います。

     

    結論

    <予想印>

    ◎①カレンブーケドール
    〇⑤ステイフーリッシュ
    ▲⑦クロノジェネシス
    ☆⑥アルメリアブルーム
    △⑧ドレッドノータス
    △⑨ノーブルマーズ

    <買い目>

    【三連単】

    ①ー⑤⑥⑦⑧⑨-⑤⑥⑦⑧⑨ 計20点 各500円 計10,000円

     

    以上の買い目を俺プロ(まっつん@logi)に投稿しています。

     

    Line@参加者募集中!

    Line@では予想記事をはじめ最新記事をお知らせしますので、このブログを2~3回読んだことがあるあなたは是非登録をお願いします!

    友だち追加

    Twitterも始めました!良かったらフォローをお願いします。

    注意事項

    当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

    皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
    (予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

    それではよろしくお願いいたします。

    このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

    にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ