阪神カップ(G2)予想

こんにちは、まっつんです。

今週は有馬記念ですが、その前に古馬短距離G2レースである阪神カップが行われます。

 

1200mに実績のある馬も、1600mで実績のある馬も出走してくる、非常に難解なレースですね。

しかも阪神の内回りコースという癖のあるコース。

 

桜花賞馬グランアレグリアは果たして好走できるのか?

今回から過去5年のレース傾向も踏まえて予想を組み立てていきます。

枠順

  1. ①マイスタイル(牡5・57.0 田中勝春)
  2. ②レッツゴードンキ(牝7・55.0 岩田康誠)
  3. ③ノーワン(牝3・54.0 坂井瑠星)
  4. ④レインボーフラッグ(牡6・57.0 藤岡佑介)
  5. ⑤グランアレグリア(牝3・54.0 ルメール)
  6. ⑥メイショウショウブ(牝3・54.0 松山弘平)
  7. ⑦ショウナンライズ(牡6・57.0 藤岡康太)
  8. ⑧グァンチャーレ(牡7・57.0 池添謙一)
  9. ⑨シュウジ(牡6・57.0 幸英明)
  10. ⑩フィアーノロマーノ(牡6・57.0 スミヨン)
  11. ⑪シヴァージ(牡4・57.0 川田将雅)
  12. ⑫ロジクライ(牡6・57.0 横山典弘)
  13. ⑬グランドボヌール(牡5・57.0 和田竜二)
  14. ⑭メイショウケイメイ(牝3・54.0 古川吉洋)
  15. ⑮ワンアフター(牡6・57.0 吉田隼人)
  16. ⑯イベリス(牝4・54.0 福永祐一)
  17. ⑰スマートオーディン(牡6・57.0 武豊)
  18. ⑱ストーミーシー(牡6・57.0 北村友一)

 

実に多彩なメンバー。しかもフルゲート・・・

荒れそうな匂いがプンプンしますね~。

 

過去傾向分析

結論から申し上げます。

過去の傾向から見えることは以下の通り。

  • 内外の有利はあまりないが1枠は有利。
    これは揉まれずに進むことが出来るからと考えられるが、スタートしてからの直線が長いので、外枠でもポジションをしっかり取れれば問題はない。
  • ゆったりと流れるので、後傾ラップに強い馬が上位に残りやすい。
    ロングスパートになりやすいが、瞬発力型が多いと直線よーいドンになることもある。
  • 前が早くなることもあるが、基本はロングスパート適性の高い馬を狙っていくべきかと思われる。

 

過去のレース、振り返ってみて損はないと思いますので復習のために乗せておきます。

2018年阪神カップ

1着 2枠3番 ダイアナヘイロー 牝5 55.0 菱田裕二  1.21.1
2着 1枠2番 ミスターメロディ 牡3 56.0 C・デムーロ 1.21.2(1/2)
3着 3枠6番 スターオブペルシャ騙5 57.0 杉原誠人  1.21.5(1 3/4)

3コーナー 3(2,9,12)(11,16)1(7,8,13)5,10,15(6,14)-4
4コーナー 3(2,9,12)(1,11,16)(7,8,13)(5,10)6,15,14-4
ハロンタイム 12.4 – 11.1 – 11.3 – 11.4 – 11.3 – 11.5 – 12.1
前後半ラップ 前半3F 34.8 – 後半3F 34.9

短距離にしてはややスローな流れからのロングスパート戦。
逃げたダイアナヘイローが早めに仕掛けて後続の脚を鈍らせたようなレース。

内回りコースだけあって、外を回してくるとコースロスが生じる。
インが伸びる馬場だっただけに内枠勢で決着。

レース映像はこちら(YouTubeより)

2017年阪神カップ

1着 1枠2番  イスラボニータ  牡6 57.0 ルメール 1.19.5※R
2着 6枠12番  ダンスディレクター牡7 57.0 武豊   1.19.5(ハナ)
3着 5枠10番  サングレーザー  牡3 56.0 福永   1.19.7(1 1/4)

3コーナー (*11,15)18(1,12)9,2(5,7)4(6,8,16)(3,10)(13,14)-17
4コーナー (*11,15)18(1,12)9(2,7)5(4,16)6(8,10)3(13,14)-17
ハロンタイム 12.1 – 10.7 10.8 – 11.2 – 11.5 – 11.7 – 11.5
前後半ラップ 前半3F 33.6 – 後半3F 34.7

極端な前傾ラップのレースとなり、先に仕掛けた者からバテていくというレース。内外に偏りはなかったようだが、4コーナー早めから追い通しだった1番人気のモズアスコットは仕掛けが早すぎたのか、最後失速し4着に敗れた。

レース映像はこちら(YouTubeより)

2016年阪神カップ

1着 1枠2番 シュウジ     牡3 56.0 川田将雅 1.21.9
2着 3枠6番 イスラボニータ  牡5 57.0 ルメール 1.21.9(アタマ)
3着 8枠15番  フィエロ     牡7 57.0 デムーロ 1.21.9(クビ)

3コーナー 8,6,14(4,5)(2,15)(1,3,9,16)(11,13,10)12
4コーナー 8,6(4,5,14)(2,15)(3,16)(1,9)10(11,13)12
ハロンタイム 12.5 – 11.1 – 11.3 – 11.6 – 11.6 – 11.3 – 12.5
前後半ラップ 前半3F 34.9 – 3F 35.4

平均ペースだが、短距離にしてはややスローな流れと言っても良いレース。
直線よーいドンのレースで、瞬発力のある馬が上位に台頭。

この年の勝ち馬シュウジが今年も出走していますね。最近はダート馬になりつつありますが、果たして?

レース映像はこちら(YouTubeより)

2015年阪神カップ

1着 7枠13番 ロサギガンティア 牡4 57.0 デムーロ 1.21.4
2着 8枠15番 ダンスディレクター牡5 57.0 浜中 俊 1.21.4(ハナ)
3着 1枠1番   ビッグアーサー  牡4 57.0 藤岡康太 1.21.6(1 1/2)

3コーナー 7(4,17)(1,6,13)(9,16)(3,14)(8,15)(5,10)12,2,11
4コーナー (*7,4,17)(1,6,13,16)(3,9,14)15(8,12)(5,10)2,11
ハロンタイム 12.5 – 11.1 – 11.2 – 11.8 – 11.3 – 11.7 – 11.8
前後半ラップ 前半3F 34.8 – 後半3F 34.8

この年も短距離にしてはややスロー気味のペース。
残り3Fでペースが上がっているが、誰が仕掛けたというよりは、みんな並んでペースアップをしたような形。

最後はロングスパートで長く脚が使えた馬が外から伸びてきて1着、2着。

レース映像はこちら(YouTubeより)

2014年阪神カップ

1着 4枠8番 リアルインパクト 牡6 57.0 ビュイック 1.20.7
2着 8枠18番  コパノリチャード   牡4 57.0 武豊    1.20.7(ハナ)
3着 2枠3番 ダイワマッジョーレ牡5 57.0 デムーロ  1.20.7(クビ)

3コーナー 10,6(2,18)4(3,8)(1,16)(13,17)(5,14)(7,9)(11,15)12
4コーナー 10,6(2,18)(4,8)3(1,16)13(5,14,17)(7,9)11,15,12
ハロンタイム 12.0 – 11.4 – 10.9 – 11.211.2 – 11.6 – 12.4
前後半ラップ 前半3F 34.3 – 後半3F 35.2

逃げたいハクサンムーンがすんなりとハナを切る。
しかし2番手に付けたミッキーアイルが終始プレッシャーをかける厳しい展開で、ラップ自体も中間のペースが落ちない流れになった。

ただし前傾差しタイプが一気に差し込んできたというわけでもなく、長く良い脚を使える馬の我慢比べになったようなレースと言える。

レース映像はこちら(YouTubeより)

レース展開想定

レース展開を見ていきます。※はネガティブ要素
<表記の仕方:馬名(適性タイプ)好走時位置取り>

  1. ⑧グァンチャーレ(後傾瞬発)1番手
  2. ①マイスタイル(後傾瞬発・後傾ロングスパート)1番手
  3. ⑬グランドボヌール(後傾ロングスパート)2番手 ※能力疑問
  4. ⑦ショウナンライズ(後傾ロングスパート)3番手 ※能力疑問
  5. ⑪シヴァージ(前傾差し)3番手※ダート馬
  6. ⑩フィアーノロマーノ(前傾差し)3番手
  7. ⑤グランアレグリア(後傾ロングスパート)4番手
  8. ⑥メイショウショウブ(後傾瞬発)4番手
  9. ⑯イベリス(前傾差し)5番手
  10. ⑭メイショウケイメイ(前傾差し)※能力疑問 5番手
  11. ⑫ロジクライ(後傾ロングスパート・前傾差し)7番手
  12. ③ノーワン(後傾瞬発)8番手 ※近走冴ず
  13. ⑨シュウジ(前傾差し)6番手
  14. ⑮ワンアフター(前傾差し・後傾ロングスパート)10番手
  15. ④レインボーフラッグ(前傾差し)12番手 ※G3に壁
  16. ⑱ストーミーシー(後傾瞬発)13番手
  17. ②レッツゴードンキ(前傾差し・後傾ロングスパート)14番手
  18. ⑰スマートオーディン(後傾ロングスパート)18番手

 

ペース想定

前に行きたい馬が多いですね。

逃げたい馬が競り合うというよりも好位のポジション取りが激しくなりそうなので、平均~ハイペースと想定してみたいと思います。

レースラップを使った適性分析

平均~ハイペースになるとすれば、「前傾差し」の馬を本線にし、能力のある後傾ロングスパート型の馬を押さえに据えていきます。

<本命候補(前傾差し)

  1. ⑩フィアーノロマーノ(前傾差し)3番手
  2. ⑯イベリス(前傾差し)5番手
  3. ⑫ロジクライ(後傾ロングスパート・前傾差し)7番手
  4. ⑨シュウジ(前傾差し)6番手
  5. ⑮ワンアフター(前傾差し・後傾ロングスパート)10番手
  6. ②レッツゴードンキ(前傾差し・後傾ロングスパート)14番手

<押さえ>

  1. ①マイスタイル(後傾瞬発・後傾ロングスパート)1番手
  2. ⑤グランアレグリア(後傾ロングスパート)4番手
  3. ⑰スマートオーディン(後傾ロングスパート)18番手

     

      結論

      <予想印>

      ◎⑩フィアーノロマーノ
      〇⑫ロジクライ
      ▲②レッツゴードンキ
      ☆⑮ワンアフター
      △⑨シュウジ
      △⑯イベリス
      △①マイスタイル
      △⑤グランアレグリア
      △⑰スマートオーディン

      <買い目>
      【馬連】
      ⑩-⑫ 1000円
      ⑩ー② 800円
      ⑩-⑮ 500円
      ⑫-② 800円
      ⑫-⑮ 500円

      計3600円

      【ワイド】

      ⑩-⑫ 1000円
      ⑩ー② 1000円
      ⑫-② 1000円

      計3000円

      【三連複フォーメーション】
      ⑩⑫②-⑩⑫②⑮ー⑩⑫②⑮⑨⑯①⑤⑰

      34点 各100円 計3400円

       

      以上の買い目を俺プロ(まっつん@logi)に投稿しています。

       

      Line@始めました!

      Line@では、トラックバイアスに関する記事や予想記事などの最新記事をお知らせしますので、よろしければご活用ください。

      友だち追加

       

      注意事項

      当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

      皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
      (予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

      それではよろしくお願いいたします。

       

      このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

      にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ