こんにちは、まっつんです。

 

それでは予想に入っていきます。

【本ブログの予想法について】

今年から従来までのラップによる適性分析に加えて日刊スポーツ社が公開している「コンピ指数」という指数を活用した予想法にチャレンジしています。

またそのレースに適性のある「血統」「前走クラス・距離・ローテ」という視点での予想も加えております。

 

「LapConpi-Hybrid」と名付けました。

詳しい内容は以下の記事に記載してありますので、「どんな予想なのか」気になる方はご一読ください。

今年の予想方針について【ラップ予想+コンピ指数】

Line@は諸事情により、いったん募集を停止しています。
最近更新頻度を上げていますので、ちょこちょこ覗きにきて頂くか、以下Twitterからお知らせしています。

それでは、予想していきましょう。

これまでの反省・的中へのヒント

  • 前に回顧記事をしっかりと復習。(これがなかなかできない・・・)
  • トラックバイアスはあてにしすぎてはいけない。
  • 小頭数の場合は、1点勝負という選択もありなのではないか。
  • 当該コースでの勝利実績というのは、加点要素として考えるべき
  • 前走からの距離延長の逃げ、先行馬を見つけたら、ペースが上がるサイン!
  • 複勝、ワイドを上手に使うべし。
  • ハナに立ちたい馬が見当たらないときは先行馬が多くてもスローペースを疑え
  • 逆に過去ハナに立って好成績を挙げたことのある馬は近走逃げられていなくても、ハナ切るかも!?
  • 過去に好走した実績があれば、適性は複数あると判断すべし。
  • ペース予測に全力を尽くせ。それが的中への近道である。
  • 血統はあくまで付加情報として取り扱う。ベースはラップ予想で。
  • 勝てていない外国人ジョッキーは軸にすべきではない。(目安:G1勝ちの有無)
  • トライアルレースはスローペースになりやすく、本番はハイペースになりやすい。
  • 内枠の差し馬はコースにもよるが、包まれるリスクを考えると避けた方が良い。
  • 堅いと思われるレースは無理に手を広げるな

       

      レース予想

      過去5年間の分析

      詳しくはこちらの記事をご覧ください。

      2020年金鯱賞【G2】過去ラップ傾向/好走血統傾向/コース分析

      ラップ傾向

      基本的にスロー~平均ペースで流れるコースで瞬発力勝負になるレースが多い。

      ロングスパート勝負になるのは、中盤どれだけペースが緩むかにかかっており、脚に余裕があればあるほど早仕掛け気味にスパートに入っていく傾向があります。

      残り2Fに高低差2mの急坂が待ち構えていますが、それで上がりがかかるというわけでもないようで、パワーがある馬が力強く駆け上がっていくというイメージでしょう。

      瞬発力に長けた馬を上位にとって考えたいと思います。
      (パワー面は血統のほうが評価していきます。)

      <高評価馬(上方修正)>

      「後傾瞬発力」「平均瞬発力」

      <下方修正>

      「前傾差し」

      血統傾向

      サンデーサイレンスの血を持っている馬が14/16頭。

      ここも瞬発力が求められるという観点からサンデーサイレンスやキングカメハメハの血が好走していますね。

      サンデーサイレンス系orキングマンボ系の血は大前提として、相手には以下のような馬の血が入るのは好印象です。

      ・キングマンボ
      ・ミスタープロスペクター
      ・ロベルト
      ・ヴァイスリージェント
      ・グレイソヴリン

      <上方修正>

      ・キングマンボ
      ・ミスタープロスペクター
      ・ロベルト
      ・ヴァイスリージェント
      ・グレイソヴリン

      <下方修正>

      ・サンデーサイレンスorキングマンボの血を持たない馬は大幅減点

      前走距離・クラスの傾向

      前走G1の馬が10頭/16頭

      それか前走重賞勝ちの馬は高く評価します。

      前走距離は1800m以上ほしいところです。

      <上方修正>

      前走G1出走
      前走重賞勝ち

      <下方修正>
      1800m以下からの距離延長

      中京芝2,000m特徴

      正面スタンド前の直線やや左、上り坂の途中からのスタートでコースを1周する。

      スタートから向こう正面半ばまで緩い上り坂が続く。
      その後3~4コーナーにかけては緩やかな下り坂。

      最後の直線は412.5mで残り340m地点から240m地点にかけて高低差2mの急坂が設けられている。
      ラスト240mは平坦。

      (netkeibaコース分析より引用)

      隊列・ペース想定

      【想定ペース】スローペース(後傾ロングスパート)

      スローペースではあるものの、おそらくダイワキャグニーがレースペースを握る形になるでしょう。
      それ以外にハナを切りたい馬はいないのでダイワキャグニーの得意なペース。

      そうなれば、道中緩められるだけ緩めて残り3Fからの末脚勝負になると想定できます。
      去年のダノンプレミアムのように、逃げて緩んだ場合は逃げた馬が得意な展開に持っていきやすいので、後傾ロングスパートのラップになっていくと予想します。

      【想定隊列】

      番手 馬名 前走
      位置
      ラップ適性 母父 前走クラス・距離
      着順
      1 ④ダイワキャグニー 1番手 後傾ロングスパート キングカメハメハ
      (キングマンボ系)
      サンデーサイレンス
      (サンデーサイレンス系)
      東京 芝2000m
      白富士S 7着
      2 ⑫マイネルファンロン 5番手 後傾瞬発力
      後傾ロングスパート
      ステイゴールド
      (サンデーサイレンス系)
      ロージズインメイ
      (ヘイロー系)
      福島 芝2000m
      福島記念(G3)16着
      3 ⑨ブレスジャーニー 5番手 平均ロングスパート
      後傾ロングスパート
      バトルプラン
      (ミスタープロスペクター系)
      タニノギムレット
      (ロベルト系)
      京都 ダ1900m
      アルデバランS(OP)4着
      4 ⑦ギベオン 6番手 前傾差し ディープインパクト
      (サンデーサイレンス系)
      Ghostzapper
      (ヴァイスリージェント系)
      中山 芝2000m
      中山金杯(G3)10着
      5 ⑧サトノソルタス 6番手 後傾ロングスパート ディープインパクト
      (サンデーサイレンス系)
      Petionville
      (ミスタープロスペクター系)
      中京 芝2000m
      中日新聞杯(G3)5着
      6 ①ケイデンスコール 7番手 平均ロングスパート
      後傾瞬発力
      ロードカナロア
      (キングマンボ系)
      ハーツクライ
      (サンデーサイレンス系)
      東京 芝1600m
      東京新聞杯(G3)12着
      7 ②ラストドラフト 7番手 後傾ロングスパート ノヴェリスト
      (バードキャッチャー系)
      ディープインパクト
      (サンデーサイレンス系)
      中山 芝2200m
      AJCC(G2)3着
      8 ③ニシノデイジー 7番手 前傾差し
      平均ロングスパート
      ハービンジャー
      (ダンジグ系)
      アグネスタキオン
      (サンデーサイレンス系)
      中山 芝2200m
      AJCC(G2)6着
      9 ⑪ジュンヴァルカン 7番手 平均ロングスパート
      後傾ロングスパート
      ネオユニヴァース
      (サンデーサイレンス系)
      エンドスウィープ
      (ミスタープロスペクター系)
      阪神 ダ2000m
      仁川S(L)14着
      10 ⑩ロードマイウエイ 10番手 前傾差し
      後傾ロングスパート
      ジャスタウェイ
      (サンデーサイレンス系)
      ジャングルポケット
      (グレイソヴリン系)
      阪神 芝2000m
      チャレンジC(G3)1着
      11 ⑤サトノガーネット 11番手 後傾ロングスパート ディープインパクト
      (サンデーサイレンス系)
      Victory Note
      (ノーザンダンサー系)
      京都 芝2400m
      日経新春杯(G2)6着
      12 ⑥サートゥルナーリア 13番手 後傾瞬発力 ロードカナロア
      (キングマンボ系)
      スペシャルウィーク
      (サンデーサイレンス系)
      中山 芝2500m
      有馬記念(G1)2着

       

      <ラップ評価A(+20点)>

      後傾ロングスパート

      <ラップ評価B(+10点)>

      後傾瞬発力

      <ラップ評価C(±0)>

      平均瞬発力

      <ラップ評価D(‐10点)>

      前傾差し

      <血統評価A(+15点)>

      サンデーサイレンス系・キングマンボ系の血を持った上で、相手に書き血統を持っていること。

      ・キングマンボ
      ・ミスタープロスペクター
      ・ロベルト
      ・ヴァイスリージェント
      ・グレイソヴリン

      <血統評価D(-20点)>

      非サンデーサイレンス・キングマンボ

      <ローテ評価A(+10点)>

      前走G1出走
      前走重賞勝ち

      <ローテ評価D(-10点)>
      1800m以下からの距離延長

      コンピ指数調整

      順位 馬番 コンピ
      指数
      ラップ
      評価
      血統
      評価
      ローテ
      評価
      LCH
      指数
      現時点
      オッズ
      1 ⑥サートゥルナーリア 86 10 15 10 121 1.6
      2 ⑩ロードマイウエイ 66 20 15 10 111 5.0
      3 ④ダイワキャグニー 53 20 15 0 88 20.4
      4 ⑧サトノソルタス 51 20 15 0 86 26.3
      5 ②ラストドラフト 64 20 0 0 84 10.2
      6 ⑪ジュンヴァルカン 40 20 15 0 75 219.1
      7 ⑤サトノガーネット 52 20 0 0 72 14.3
      8 ③ニシノデイジー 58 10 0 0 68 15.7
      9 ⑦ギベオン 59 -10 15 0 64 18.6
      10 ①ケイデンスコール 46 10 15 -10 61 61.1
      11 ⑫マイネルファンロン 41 20 0 0 61 126.2
      12 ⑨ブレスジャーニー 47 20 -20 0 47 37.4

       

      指数1位で抜けているのは、やはりサートゥルナーリア。

      フィリーズレビューの記事で、指数上位から買うという文章を書いてしまったので、この流れからするとサートゥルナーリア本命なのですが、フィリーズレビューの記事に頂いたHighway dancerさんのコメントを元に改めて考え直しました。

      やはり、本命馬の選定は「ラップ適性が最も高い指数上位の馬」としたいと思います。

      もともと自分の予想のベースはラップの予想ですし、ラップ適性が合わない馬がコンピ指数のせいで上位に来ていたとしても意味がありませんものね。

      二転三転してしまい申し訳ありません。

      さてサートゥルナーリアについて少し書きたいと思います。

      サートゥルナーリアはもともと超極端な「瞬発力タイプ」の馬だと認識しています。
      勝った「ホープフルS」「皐月賞」「神戸新聞杯」はすべてスローからの瞬発力勝負。

      つまり一瞬の切れ味は物凄いものを秘めているものの、使える脚は一瞬というタイプの馬ということ。
      中山競馬場での成績が良いのは、直線が短く一瞬の脚でセーフティリードを広げることができるからです。

      神戸新聞杯も超スローペースでしたから、多少直線が長くても突き放してしまえば、その後にバテるということはまずあり得ません。
      これでサートゥルナーリアが勝った右回り3戦は説明がつきます。

      では負けた2戦の東京競馬場のレースはどうして負けたのか。
      巷では左回りが苦手だとか、東京競馬場の地下馬道が悪いとかいろいろな噂が流れています。

      しかし私の見解は違っていて

      「ロングスパート」が求められる展開になると一瞬の切れを使い切った後にバテて失速してしまう

      という特徴を持った馬なのではないかと思っています。

      ダービーでは確かにイレ込んでいて出遅れたということも敗因として大きいとは思いますが、最後ヴェロックスに差し返されています。
      天皇賞秋でも伸びかかったところで最後失速し、アエロリットに差し返されています。

      直線が長かったり、早めにスパートをかけられてしまうと最後まで脚が持たないというのがサートゥルナーリアの決定的な弱点だと私は思います。

      「スローからの瞬発力勝負に強いと言っても、有馬記念は結構早いペースでの追走から最後2着に突っ込んできているじゃないか!」という指摘もありそうですが、これはアエロリットがオーバーペースで逃げていて隊列が縦長になっていました。

      しかもサートゥルナーリアの位置取りは珍しく13番手。いつもなら先行している馬がなぜか後方待機。
      これは中山競馬の短い直線で武器である一瞬の切れ味を使うためのスミヨン騎手の戦略だったのでしょう。

      使った脚は一瞬で、しかも前の馬がバテてくるので自然とポジションを上げやすい位置取りにいたことが功を奏したとも言えます。

      このようにサートゥルナーリアの好走と凡走は説明がつくということなのです。

      今回ダイワキャグニーがスローから早めにスパートをかけるという展開が想定されます。
      そして東京ほどではありませんが、412mの長めの直線が待ち構えています。

      地力がとても高い馬なので、あっさり勝ってしまう可能性も大いにありますが、あわよくば差し返す馬がいたりする可能性は0ではないというのが今回の金鯱賞での私のサートゥルナーリアの評価です。

      ということで今回は指数2位のロードマイウエイを軸に勝負してみたいと思います。
      今回は上位馬の信頼度が高いことを考えると、指数5位までの馬に絞って買い目を絞ります。

      サートゥルナーリアが来ても来なくても当てられるように考えて馬券を買いたいと思います。

      結論

      <予想印>

      ◎⑩ロードマイウエイ
      〇⑥サートゥルナーリア
      ▲④ダイワキャグニー
      ☆⑧サトノソルタス
      △②ラストドラフト

      <買い目>

      【馬単マルチ】

      ⑩⇔⑥④⑧② 8点 各500円 計4000円

      ⑥-⑩ 400円
      ⑩-⑥ 800円

      【三連単1頭軸マルチ】

      ⑩ー⑥④⑧② 24点 計200円ずつ 4800円

       

      計10,000円

       

      以上の買い目を俺プロ(まっつん@logi)に投稿しています。

       

      記事の更新はこちらのTwitterから行っています。
      よろしければフォローお願いします。

      注意事項

      当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

      皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
      (予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

      それではよろしくお願いいたします。

      このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

      にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ