こんにちは、まっつんです。

先週の皐月賞、コントレイル強かったですね・・・
血統的な傾向には当てはまっていなかったので、買い目から外しましたが、強い馬は強い!!

直行ローテに関してはもはや問題とはならないようですね。
外厩もノーザンファーム1強という形にはならず、他の外厩施設でもしっかりと仕上げが出来るということでしょう。

私の方は、◎サリオスが2着、△ガロアクリークが3着でワイドを取ることができました。
本線決着にならないと私の買い方だと大きな利益が出ないというのがネックですが、軸さえ当てられればマイナスにはなりにくいというのも特徴なのかなと思っています。

しっかりとワイドで的中を繰り返しつつ、ドンピシャで来た時に大きな利益を上げられるようにしていきたいと思っています。
それでは今週土曜日の福島牝馬Sの過去傾向を見ていきたいと思います。

↓新しい予想の方針を下記の記事にまとめましたので、ご一読頂ければ幸いです。

新予想法【Family Line Lap(FLL)適性予想】(血統・系統・ラップ予想)※収支公開中

新しい予想でも、血統傾向・ラップ傾向・コース傾向は重視していきますので引き続き過去の傾向は分析していきます。

<記事の更新を受け取りたい方へ>
更新は既に登録して頂けている方はLine@、これから更新案内を受け取りたい方はTwitterにてお知らせしていますので、フォロー&通知ONしてお待ち頂ければ幸いです。

<ウマモブ参加しました>
競馬ブログのまとめサイトです。クリックして応援をお願いします!

↑このボタンをクリック

過去5年のレース分析(レースラップ/好走血統/前走距離・ローテ)

血統・前走ローテ

過去5年の3着以内馬の父・母父・母母父・母母母父の系統を一覧表形式でまとめています。
色で分けていますので、どういう系統の血を持った馬たちが好走しているか、感覚的に把握して頂ければと思います。

血統の傾向

ニジンスキー・サドラーズウェルズ・ノーザンダンサー直系を保持している

①4世代目までにニジンスキー系・サドラーズウェルズ系・ノーザンダンサー直系を保有している。

ナスルーラ系を2世代保持

②4世代目までにナスルーラ系(レッドゴッド・プリンスリーギフト・ボールドルーラー・グレイソヴリン・ネヴァーベンド等)を2世代保持

キングマンボ系を保持していないこと

過去5年間でキングマンボ系を保持している馬は1頭も馬券に絡んでいません。

③キングマンボ系を保持していない(していたら除外)

今回は非常にシンプルですが、これらの条件を満たす馬から馬券を組み立てたいと思います。

血統にお詳しい方は、よかったら参考にしてみてください。

前走ローテ傾向

前走中山牝馬S組が8頭馬券内です。
着順は特に関係なさそうです。

条件戦からの馬は前走1着であれば馬券になっていますが、勝ち馬は出ていません。
これを踏まえると、条件戦上がりの馬はあくまで紐まで、軸馬は前走重賞組から選ぶべきかと思います。

福島 芝1,800m特徴

【福島 芝1,800m特徴】

ホームストレッチの真ん中あたりにスタート地点があり、ゴール前の坂を上りながらのスタートです。
1コーナーからはゆるやかな下り坂で、向正面に入るとまた上り坂というアップダウンのあるコースです。

第4コーナーからはまたゆるやかな下りで、さらにスパイラルカーブになっているのでスピードが落ちないまま直線に向かいます。
そのため内側が空きやすく、ローカル競馬場ながらイン強襲の差しや追い込みも決まりやすい印象です。

【枠傾向】
枠による大きな有利不利は特にみられませんが、なぜか5枠の成績が極端に悪いそうです。
軸馬がこの枠に入ったら少し疑っても良いかもしれません。

【脚質傾向】

逃げ・先行馬が有利な傾向となっており、差し馬は連対率が下がるので軸馬は先行馬から選びたいですね。
追い込みの馬が穴をあけるケールもあるようなので買い目には入れておいた方がよいでしょう。

【ペース傾向】

ハイペースになることはほとんどなく、平均からスローで推移することが多いようです。

【参考サイト】 調教タイム理論(競馬場分析)

レースラップの傾向

過去5年のレースラップを見ていきます。

【レースラップを見る際の注意点】
前半2F目のラップは最速ラップとしてはカウントしません。2F目以外での最速ラップを赤文字にします。
→なぜなら前半2Fまではポジション争いがある為、ほとんどのレースで2F目が最速ラップになるからです。

【2019年】 後傾瞬発力ラップ

ハロンタイム 12.7 – 12.0 – 12.5 – 12.8 – 12.2 – 11.7 – 11.5 – 11.2 – 11.5
前後半ラップ 前半3F37.2- 後半3F34.2

【2018年】 前傾ラップ

ハロンタイム 12.4 – 11.2 – 11.5 – 12.1 – 11.8 – 11.7 – 12.2 – 11.7 – 12.2
前後半ラップ 前半3F 35.1 – 後半3F 36.1

【2017年】 前傾ラップ

ハロンタイム 12.4 – 11.1 – 11.4 – 12.0 – 12.0 – 11.8 – 11.8 – 12.1 – 12.2
前後半ラップ 前半3F 34.9- 後半3F 36.1

【2016年】 後傾瞬発力ラップ

ハロンタイム 12.5 – 11.4 – 11.7 – 12.6 – 12.5 – 12.2 – 11.8 – 11.3 – 11.5
前後半ラップ 前半3F 35.6-後半3F 34.6

【2015年】 前傾ラップ

ハロンタイム 12.3 – 10.8 – 11.5 – 12.2 – 12.0 – 11.8 – 11.7 – 11.7 – 12.0
前後半ラップ 前半3F 34.6- 後半3F35.4

コースの傾向とは少し異なり、前傾ラップの傾向が強くなっています。
おそらく重賞レースなので、レースレベルが高いことが原因かと思います。

もちろん、後傾瞬発ラップになるケースもあるのでメンバー、隊列を踏まえて判断が必要と思います。

これらの分析結果を踏まえて、予想を組み立てていきたいと思います。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ