先週の反省をもとに馬場の傾向を分析してみることにしました。

やってみて思ったことは、直線の短い中山コースだからこそ狙える馬がいるということ。

東京や京都で好走する馬とパターンが違うので、ここを頭に入れていないから予想が狂ったのだと感じました。

この情報を元に、ターコイズS的中に向けて検討していきたいと思います。

中山競馬場 芝内回りコース トラックバイアス

芝内回りコース対象レース

中山競馬場における芝内回りコースを使うレースは以下の距離となります。

    • 芝1800m
    • 芝2000m
    • 芝2500m
    • 芝3600m

    12月7日・8日の芝内回りコース トラックバイアス

    【結論】攻略のポイント

    基本的にスローになりやすい。

    スローの為、前目で足を溜めていた瞬発力型タイプが最後1脚使って上位に抜け出るケースが目立つ。

     

    内回りでカーブがきついため、ロングスパートタイプの馬が脚を使うと外に振られて伸びなくなる。

    常総ステークスのサトノエルドールは1番人気に押される実力がありながら、大外をぶん回して3着が精一杯。

     

    狙いは好位に着けられる瞬発力タイプの馬。

    枠順の有利不利は特に見受けられない。スタートで前目のポジションに着けられるかが勝負。

    対象レース分析

    ※1~3着馬の位置取りを色分けし、1着 2着 3着と表記する。

    <12月7日(土)第3レース 2歳未勝利 芝1800m>

    馬券内馬は8番手以内 後傾瞬発型ラップ

    1コーナー 3(6,10)(9,12)(5,11)(14,15)13,1,16,2-(7,8)-4
    2コーナー 3-6(5,10)9,12(13,11,14,15)-(1,16)2,7,8-4
    3コーナー (*3,12)(5,6,10)(13,9,15)(11,14)(1,16)2(7,8,4)
    4コーナー (3,*12)(5,10)(9,15)(13,6,14)(1,11,4)2,8,16,7
    ハロンタイム 12.9 – 11.9 – 12.3 – 12.5 – 12.2 – 12.2 – 11.9 – 11.8 – 12.2
    前半後半ラップ 前半3F37.1 -後半3F 35.9

    <12月7日(土)第5レース 2歳新馬 芝1800m>

    馬券内馬は4角7番手以内 後傾瞬発型ラップ

    1コーナー 1(2,11)(9,10)-15,4,13,3,6,8(5,14)-12-7
    2コーナー 1,2(9,11)10-15,4(3,13)(5,8,6)-14-12-7
    3コーナー (*1,2)11(9,10)15(3,4,13)-5,8,14(6,7)12
    4コーナー (*1,2,11)10(9,15)(3,13)(4,5,8,7)-(14,6)12
    ハロンタイム 13.0 – 11.9 – 12.5 – 12.8 – 12.5 – 12.5 – 12.2 – 11.6 – 11.9
    上り 前半3F 37.4 – 後半3F 35.7

    <12月7日(土)第12レース 3歳以上2勝クラス 芝2000m>

    馬券内馬は4角5番手以内。後傾瞬発型ラップ。

    1コーナー 5,8(3,6,9)(1,4,12)7(2,10)11
    2コーナー 5(3,8)9,6,12(1,4)-7(2,10)11
    3コーナー 5(8,9)(3,6,12)7(1,4)(2,10)11
    4コーナー 5(9,7)(3,12)(8,6,4,10)(1,2)11
    ハロンタイム 13.0 – 12.1 – 12.6 – 12.6 – 12.6 – 12.0 – 12.0 – 11.7 – 11.4 – 12.1
    上り 前半3F  37.7 – 後半3F 35.2

    <12月8日(日)第4レース 2歳未勝利 芝2000m>

    馬券内馬は4角9番手以内。後傾瞬発型ラップ。

    1コーナー 9(10,18)(2,5,16)11,12,3(7,15)(4,13,17)(1,6)-14,8
    2コーナー 9,10(2,18)(5,11,16)3,12,7(4,15)(1,13,17)6(14,8)
    3コーナー 9(10,18,16)(2,5,11)(3,12)-(4,7)-(1,15)17(14,13)6=8
    4コーナー (*9,10,18)(2,5,11,16)(3,12)-7,4(17,6)(1,15)(14,13)=8
    ハロンタイム 12.5 – 11.4 – 12.2 – 12.5 – 12.8 – 12.4 – 12.3 – 11.8 – 12.0 – 12.2
    上り 前半3F 36.1 – 後半3F 36.0

    <12月8日(日)第10レース 常総ステークス 芝1800m>

    馬券内馬は最後方も前で脚を溜めていた組優勢。数字上はロングスパート型だが、実質は後傾瞬発型ラップ。

    1コーナー 3(2,6)-1,4,8(5,7)(9,10)
    2コーナー 3(2,6)-1,4,8,5,7,9,10
    3コーナー (*3,6)(2,1)4(9,5,8)(10,7)
    4コーナー (*3,6,1)(2,5,4)(9,10,8,7)
    ハロンタイム 12.7 – 11.7 – 11.8 – 11.9 – 12.0 – 12.2 – 12.0 – 11.5 – 11.9
    上り 前半3F 47.6 – 3F 35.4

    中山競馬場 芝外回りコース トラックバイアス

    芝外回りコース対象レース

    中山競馬場における芝外回りコースを使うレースは以下の距離となります。

    • 芝1200m
    • 芝1600m
    • 芝2600m

    12月7日・8日の芝外回りコース トラックバイアス

    【結論】攻略のポイント

    まず後傾ラップになるか、前傾ラップになるかを見極める必要がある。

    後傾ラップになる場合は、ロングスパート型ではなく、瞬発力に秀でたタイプ、かつ先行できるタイプを中心に馬券を構成していく必要がありそう。

    ペースはレースレベルに関係なく、メンバー依存する。

    狙いは先行馬。前後傾どちらになりそうかを見極めて狙い馬は決めていくべき。

    対象レース分析

    ※1~3着馬の位置取りを色分けし、1着 2着 3着と表記する。

    <12月7日(土)第4レース 2歳未勝利 芝1600m>

    馬券内馬は4角8番手以内。前傾差しタイプに有利な傾向。

    2コーナー (*2,3,8,11)(10,14)12(6,9,13)(1,4)7,5-16,15
    3コーナー 2(3,8)11(6,10)(12,14)9(13,1,4)(5,7)-16-15
    4コーナー (2,*3,8,14)(6,10,11)(9,12)1(13,4)5,7-16,15
    ハロンタイム 12.4 – 10.9 – 11.6 – 12.1 – 12.3 – 12.2 – 12.0 – 12.5
    上り 前半3F 34.9 – 後半3F 36.7

    <12月7日(土)第9レース 2歳1勝クラス 芝1200m>

    馬券内馬は4角5番手以内。こちらも前傾差しタイプ有利。

    3コーナー 5(4,6,11)(2,9,12)-(8,10)-1,7=3
    4コーナー 5(4,6,11)(9,12)2(8,10)-(1,7)=3
    ハロンタイム 12.0 – 10.7 – 11.3 – 11.8 – 11.6 – 11.9
    上り 前半3F 34.0 – 後半3F 35.3

    <12月8日(日)第3レース 2歳未勝利 芝1200m>

    馬券内馬は4角7番手以内。平均ラップだが、ラスト3Fまでペースが緩まない厳しいレース。
    前傾差しタイプに有利なトラックバイアスと言える。

    3コーナー (*3,6)(13,14,12)(1,4,16)7(2,8,5)(11,9)10=15
    4コーナー (3,*6,13)(1,14,12)(2,4,16)(8,5)(11,7,9)-10-15
    ハロンタイム 12.2 – 10.7 – 11.211.3 – 11.7 – 12.2
    上り 前半3F 35.1 – 後半3F 35.2

    <12月8日(日)第5レース 2歳新馬 芝1600m>

    馬券内は4角7番手以内。新馬戦らしくスローの瞬発力戦で他のレースとは違ったパターン。
    その場合は外回りでも後傾瞬発型ラップになっていた。

    2コーナー 4(9,7)14(3,6,8)(12,15)(2,13,16)(5,11)1,10
    3コーナー (*4,9)(7,14)(3,6)8(2,12,15)13,11(16,1)-5
    4コーナー 4(9,7)(3,14)(6,8)15(2,12)(13,11,1)16,5
    ハロンタイム 12.9 – 12.1 – 12.4 – 12.4 – 12.0 – 11.9 – 11.4 – 12.0
    上り 前半3F 37.4 – 後半3F 35.3

    <12月8日(日)第12レース 3歳以上2勝クラス 芝1600m>

    馬券内は4角7番手以内。スローペースになり、後傾瞬発力型のラップになっている。
    中山マイル戦はメンバー依存しがち。

    2コーナー (*2,5)8(1,6,9,13)3(4,10)(15,16)(7,14)12,11
    3コーナー 2(5,8)1(6,9,13)(3,10)4(14,15,16,11)(7,12)
    4コーナー (*2,5)8(1,6,9)(3,4,10,13)(15,16,11)14,12,7
    ハロンタイム 12.7 – 11.7 – 11.6 – 11.9 – 11.8 – 11.5 – 11.2 – 11.9
    上り 前半3F 36.0 – 後半3F 34.6

     

    総括

    いかがでしたでしょうか。

    私としても初めての試みではありますが、馬場の傾向を間違わないように先週の結果を整理してみました。

    これを見て「使える!」と思って頂けた方はコメントなど頂けると嬉しく思います。

    もしリクエストが多ければ正式なコンテンツとして今後作成することも検討します。

     

    まずは重賞予想に関連するコースの分析から初めてみたいと思っています。

    予想の精度が向上したかどうかは、私の予想記事を見て頂けると幸いです。

     

    Line@(Line公式アカウント)始めました!ブログの更新などお知らせしますので、良かったら友だち登録してみてください。

    友だち追加

     

    注意事項

    当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

    皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
    (予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

    それではよろしくお願いいたします。

     

    このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

    にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ