カペラステークス予想

こんにちは、まっつんです。

今日の中日新聞杯、1着のサトノガーネットは重めの印を打っていたものの、2・3着は外れ。

 

もっと試行錯誤が必要だと感じました。

点数を絞り、しっかりと当てていけるようにするにはどうすればよいのか。

 

これからの課題ですので、少しずつ軌道修正していきたいと思います。

今考えているのは2つの仮説です。

  • 馬の能力の絶対値を図る方法が必要なのではないか
  • 走ってきたクラスの違いで評価に差をつけていく必要があるのではないか

何か良い方法があったらコメントいただけると幸いです。

枠順

<カペラS 枠順>

  1. ドリュウ(牡4・Mデムーロ・56.0)
  2. ビップライブリー(牡6・北村宏・56.0)
  3. ヒザクリゲ(牝4・石橋脩・54.0)
  4. ゴールドクイーン(牝4・古川・55.0)
  5. ハングリーベン(牡5・野中・56.0)
  6. ダノングッド(牡7・矢野・56.0)
  7. コパノキッキング(セ4・藤田菜・58.0)
  8. シャインヴィットゥ(牡5・田中勝・56.0)
  9. オウケンビリーヴ(牝6・横山典・54.0)
  10. レッドアネラ(牝4・内田博・54.0)
  11. ハニージェイド(牝5・柴山・54.0)
  12. テーオージーニアス(牡4・丸山・56.0)
  13. タテヤマ(牡5・大野・56.0)
  14. シュウジ(牡6・三浦・57.0)
  15. ヒロシゲゴールド(牡4・津村・56.0)
  16. オールドベイリー(セ5・武藤・56.0)

 

地方組、条件上がり組が混在し、実績馬の斤量が積まれている、これまた難解なレースですね…

1頭1頭しっかりとみていきましょう。

 

レース展開想定

レース展開は前傾ラップでしょう。

ゴールドクイーンの先行力は相当なもの。
そして自分である程度流れるペースを作って後続に脚を使わせて押し切るのが勝ちパターン。

ポイントはそのゴールドクイーンに競りかけていく馬がいるかどうか。

想定される隊列は以下の通りです。

 

<想定隊列>

  1. ④ゴールドクイーン(前傾逃げタイプ)
  2. ⑮ヒロシゲゴールド(前傾先行タイプ)
  3. ⑩レッドアネラ(前傾先行タイプ)
  4. ③ヒザクリゲ(前傾先行タイプ)
  5. ⑭シュウジ(後傾瞬発力タイプ)
  6. ⑬タテヤマ(前傾差しタイプ)
  7. ②ビップライブリー(後傾ロングスパートタイプ)
  8. ⑤ハングリーベン(後傾ロングスパートタイプ)
  9. ⑦コパノキッキング(前傾差しタイプ)
  10. ⑧シャインヴィットゥ(前傾差しタイプ)
  11. ⑥ダノングッド(後傾瞬発力タイプ)
  12. ⑨オウケンビリーヴ(前傾差しタイプ)
  13. ⑫テーオージーニアス(前傾差しタイプ)
  14. ⑯オールドベイリー(前傾差しタイプ)
  15. ①ドリュウ(後傾瞬発力タイプ)※ロングスパート展開だと一歩足りなくなる
  16. ⑪ハニージェイド(前傾差しタイプ)

 

レースラップを使った適性分析

今回は前傾ラップ、しかもゴールドクイーンがハナを切り、ある程度流れるペースで引っ張っていくことを想定しています。

ゴールドクイーンが潰れるような展開になれば、後ろで控える前傾差しタイプにもチャンスが出てくると思いますが、おそらくその展開にはならないと思っています。

 

そのカギを握るのは「ヒロシゲゴールド」。

これまではヒロシゲゴールドはハナにこだわるレースをしていましたが、4月の天保山Sでハナを切れずにバテて惨敗。

それからはハナにこだわらないレースを続けており、ゴールドクイーンと対戦したながつきSではゴールドクイーンにハナを譲っています。

したがってヒロシゲゴールドは番手の競馬になると思います。

 

レッドアネラヒザクリゲも好位を追走できれば良いタイプ。

ハナにこだわりがないので、ゴールドクイーンに競りかける必要はありません。

 

そしてもう一頭人気のコパノキッキングをどう見るか。

近走は逃げるレースをしていますが、それは地方競馬だから。
地方競馬は前を取らないと勝負にならないため、中央の差し馬でも逃げに回るケースは多いもの。

過去の中央のレースを見ても本質的には差し馬であり、フェブラリーSなんかは後方から上がり最速で追い込むようなレースをしています。

それを踏まえて好位から中団の差し競馬になると想定しておきます。

 

ハイペースだが、前がつぶし合うような展開にはならないと踏んで、今回は行った行ったの決着になるというのが私の予想です。

したがって今回、適性に合うと思われる馬たちは以下の通りです。

 

<【中心視】前傾逃げ・先行タイプ>

  1. ④ゴールドクイーン(前傾逃げタイプ)
  2. ⑮ヒロシゲゴールド(前傾先行タイプ)
  3. ⑩レッドアネラ(前傾先行タイプ)
  4. ③ヒザクリゲ(前傾先行タイプ)

 

<【押さえ】前傾差しの実力馬>

  1. ⑬タテヤマ(前傾差しタイプ)
  2. ⑦コパノキッキング(前傾差しタイプ)
  3. ⑫テーオージーニアス(前傾差しタイプ)

 

結論

<予想印>

◎④ゴールドクイーン
〇⑩レッドアネラ
▲③ヒザクリゲ
☆⑮ヒロシゲゴールド
△⑦コパノキッキング
△⑬タテヤマ
△⑫テーオージーニアス

<買い目>

【馬連】

④-⑩ 2000円
④-③ 1500円
④-⑮ 900円

【3連複フォーメーション】

④-⑩③⑮-⑩③⑮⑦⑬⑫ 12点×300円=3600円

【3連単フォーメーション】
④-⑩③⑮⑦-⑩③⑮⑦⑬⑫ 20点×100円=2000円

 

合計10000円

 

以上の買い目を俺プロ(まっつん@logi)に投稿しています。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

 

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ