こんにちは、まっつんです。

皐月賞の裏開催で若干地味な印象がありますが、アンタレスSの過去傾向についてみていきたいと思います。
ダート戦線においては、上半期の大一番である帝王賞ロードの開幕戦という位置づけになるレースです。

ダート戦は前傾ラップになるケースが多く、ラップ分析だけではなかなか読み切れなかったのですが、
血統という要素を取り入れた今、どんな結論にたどり着けるのか、今から楽しみにしています。

どんな血統の馬が好走しているのか、まずは過去の傾向から見ていきたいと思います。

↓新しい予想の方針を下記の記事にまとめましたので、ご一読頂ければ幸いです。

新予想法【Family Line Lap(FLL)適性予想】(血統・系統・ラップ予想)について

新しい予想でも、血統傾向・ラップ傾向・コース傾向は重視していきますので引き続き過去の傾向は分析していきます。

<記事の更新を受け取りたい方へ>
更新は既に登録して頂けている方はLine@、これから更新案内を受け取りたい方はTwitterにてお知らせしていますので、フォロー&通知ONしてお待ち頂ければ幸いです。

<ウマモブ参加しました>
競馬ブログのまとめサイトです。クリックして応援をお願いします!

↑このボタンをクリック

過去5年のレース分析(レースラップ/好走血統/前走距離・ローテ)

血統・前走ローテ

過去5年の3着以内馬の父・母父・母母父・母母母父の系統を一覧表形式でまとめています。
色で分けていますので、どういう系統の血を持った馬たちが好走しているか、感覚的に把握して頂ければと思います。

過去傾向

血統の傾向

キングマンボ系

①4世代目までに「ナスルーラ系」「欧州ノーザンダンサー系」内包している馬に好走傾向あり。

ミスタープロスペクター系

②サンデーサイレンス系×ミスタープロスペクター系を持っている馬に好走傾向あり

③ヘイロー系×ミスタープロスペクター系を持っている馬に好走傾向あり

ヴァイスリージェント系

④ヴァイスリージェント系×ナスルーラ系を持っている馬に好走傾向あり

サンデーサイレンス系

⑤サンデーサイレンス系×ナスルーラ系と欧州ノーザンダンサー系を両方保有している馬に好走傾向あり。

上記5パターンの血統を保持する馬が、好走傾向にあります。
血統にお詳しい方は、よかったら参考にしてみてください。

前走ローテ傾向

前走名古屋大賞典組が好成績。
毎年1頭は必ず馬券に絡んでいるので、軸にするならこのローテを経由した馬がよさそう。

マーチSからのローテは臨戦馬が多いが、過去5年では3着どまりとなっており、
過去8年間の阪神開催実施においてマーチSからのローテで連対している2頭もマーチSでは着外だった。

そこからの巻き返しになっているため、マーチSの好走馬は逆に買えないという傾向が出ている模様。
それだけマーチSとは求められる適性とは違うということなのでしょう。

距離延長はあまりよくなく、G1フェブラリーSから臨戦してきたアスカノロマン以外はすべて同距離か距離短縮組となっているのが面白い点ですね。

阪神 芝1,600m特徴

【阪神ダート1,800m特徴】

メインスタンドの目の前からスタートし、いきなり直線の坂を上ります。

第1コーナーまで直線が300メートルほどしかなく、先行争いの激化が予想され、向正面の中ほどまでは平坦が続きそこからゆるやかな下り坂がずっと続きます。

ゴール前200メートルまでは下り坂なのでスピードに乗りやすく、このスピードを維持したまま急坂を上りきれるか?が勝負の分かれ目となりそうです。

【枠傾向】
枠による大きな有利不利は特にみられませんが、比較的外枠の方が競馬がしやすいコースとなっています。

8枠に軸馬が入った場合は、プラス要素と捉えて良いでしょう。

【脚質傾向】

逃げ・先行馬が有利な傾向となっており、位置取りが後ろになればなるほど好走率が下がっていく傾向がありそうです。

先行馬が揃っている場合は共倒れする可能性もありますが、基本は逃げ・先行馬から狙うのがセオリーと言えます。

【ペース傾向】

平均ペースが78%になっているそうです。
これはおそらく「平坦」なコースを多く走るからペースの緩急があまり起こらないことに起因しているのでしょう。

スローになりにくいのは、前半の先行争いが厳しく、最初にペースがグッと上昇し、そこから淡々とレースが流れていくからだと思います。

【参考サイト】 調教タイム理論(競馬場分析)

レースラップの傾向

過去5年のレースラップを見ていきます。

【レースラップを見る際の注意点】
前半2F目のラップは最速ラップとしてはカウントしません。2F目以外での最速ラップを赤文字にします。
→なぜなら前半2Fまではポジション争いがある為、ほとんどのレースで2F目が最速ラップになるからです。

【2019年】 前傾ラップ

ハロンタイム 12.4 – 10.4 – 12.5 – 12.0 – 12.7 – 13.2 – 12.6 – 12.0 – 13.0
前後半ラップ 前半3F35.3- 後半3F37.6

【2018年】 前傾ラップ

ハロンタイム 12.7 – 10.7 – 12.3 – 12.2 – 12.3 – 12.0 – 12.3 – 12.3 – 13.0
前後半ラップ 前半3F 35.7 – 後半3F 37.6

【2017年】 平均ロングスパートラップ

ハロンタイム 12.5 – 10.8 – 13.0 – 12.5 – 12.4 – 12.1 12.112.0 – 12.5
前後半ラップ 前半3F 36.3- 後半3F 36.6

【2016年】 前傾ラップ

ハロンタイム 12.4 – 10.7 – 13.1 – 12.1 12.112.1 – 12.2 – 12.3 – 12.9
前後半ラップ 前半3F 36.2- 後半3F 37.4

【2015年】 前傾ラップ

ハロンタイム 12.7 – 11.0 – 12.6 – 11.8 – 12.0 – 12.1 – 12.1 – 12.3 – 13.0
前後半ラップ 前半3F 36.3 – 後半3F 37.4

コースの傾向とは少し異なり、前傾ラップの傾向が強くなっています。
おそらく重賞レースなので、レースレベルが高いことが原因かと思います。

前半から中盤にかけてタイトなペースになることが多いため、タフなレースになることが想定されます。

これらの分析結果を踏まえて、予想を組み立てていきたいと思います。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ