こんにちは、まっつんです。

今週行われる愛知杯は例年とは異なり「小倉競馬場」で行われますね。

 

過去の傾向があてにならないので、予想が難しいですが、ラップの傾向を見極めるために「愛知杯の過去レースラップ」と「小倉記念の過去レース傾向」をそれぞれ分析しながら、ペースや展開を予想していきたいと思います。

ちなみに9年前の中京競馬場改修の時には小倉開催だったようですね。

その時のデータもせっかくなので分析してみたいと思います。

 

ハンデ戦というのも余計にレースを難解なものにしていますが、なんとか的中に結びつけたいと思います!

 

<本予想法について>

今年から従来までのラップによる適性分析に加えて日刊スポーツ社が公開している「コンピ指数」という指数を活用した予想法にチャレンジしています。

「LapConpi-Hybrid」と名付けました。

 

詳しい内容は以下の記事に記載してありますので、「どんな予想なのか」気になる方はご一読ください。

今年の予想方針について【ラップ予想+コンピ指数】

 

もしこの予想に興味があるという方は、Line@への登録をお願いします。
記事更新時にお知らせさせて頂きます!

友だち追加

Twitterも始めました!良かったらフォロー&通知onをお願いします。

それでは、予想していきましょう。

枠順

  1. ①サヴォワールエメ【牝4・51.0・荻野琢真】
  2. ②センテュリオ【牝5・55.0・ルメール】
  3. ③レイホーロマンス【牝7・52.0・酒井学】
  4. ④モルフェオルフェ【牝5・53.0・丹内祐次】
  5. ⑤デンコウアンジュ【牝7・56.0・柴田善臣】
  6. ⑥アルメリアブルーム【牝6・53.0・武豊】
  7. ⑦アロハリリー【牝5・55.0・北村友一】
  8. ⑧パッシングスルー【牝4・54.0・池添謙一】
  9. ⑨リリックドラマ【牝6・53.0・菱田裕二】
  10. ⑩ランドネ【牝5・53.0・吉田隼人】
  11. ⑪ウインシャトレーヌ【牝6・53.0・横山武史】
  12. ⑫カレンシリエージョ【牝5・49.0・藤田菜七子】
  13. ⑬レッドランディーニ【牝5・52.0・西村淳也】
  14. ⑭フェアリーポルカ【牝5・53.0・和田竜二】
  15. ⑮ポンデザール【牝5・54.0・藤岡康太】
  16. ⑯サラキア【牝5・55.0・川田将雅】

レース展開予想

過去のラップ傾向

過去5年のレースラップを並べてみます。
※前半2F目のラップは最速ラップとしてはカウントしません。2F目以外での最速ラップを赤文字にします。
→前半2Fまではポジション争いがある為、ほとんどのレースで最速ラップになります。

愛知杯(中京競馬場)

【2019年】後傾瞬発力型ラップ

<勝ち馬> ワンプレスアウェイ(54.0)

ハロンタイム 12.9 – 11.4 – 12.9 – 12.8 – 12.2 – 11.8 – 11.7 – 11.8 – 11.2 – 11.3
前後半ラップ 前半3F 37.2 – 後半3F 34.3

 

【2018年】 平均瞬発力ラップ

<勝ち馬> エテルナミノル(54.0)

ハロンタイム 12.2 – 11.3 – 12.1 – 12.3 – 12.4 – 12.6 – 12.1 – 11.8 – 11.3 – 12.0
前後半ラップ 前半3F 35.6 – 後半3F 35.1

 

【2017年】 後傾瞬発力ラップ ※雪・稍重馬場

<勝ち馬> マキシマムドパリ(53.0キロ)

ハロンタイム 12.9 – 11.6 – 12.7 – 12.3 – 12.1 – 11.8 – 11.9 – 11.8 – 11.7 – 12.6
前後半ラップ 前半3F37.2  – 3F 36.1

 

【2016年】 平均瞬発力ラップ

<勝ち馬> バウンスシャッセ(55.5)

ハロンタイム 12.3 – 11.4 – 12.5 – 11.9 – 11.1 – 11.5 – 12.2 – 12.4 – 11.5 – 12.0
前後半ラップ 前半3F 36.2 – 3F 35.9

 

※2015年は開催なし

【2011年】 平均ロングスパートラップ  (小倉開催)

<勝ち馬> フミノイマージン(56.0)

ハロンタイム 12.2 – 11.5 – 11.7 – 12.7 – 12.0 – 11.9 – 11.811.811.8 – 12.0
前後半ラップ 前半3F 35.4 – 3F 35.6

※前半3F目で最速ラップとなっているが、残り4Fから準最速ラップが3F連続で刻まれている為、ロングスパートラップと判断。

 

お、2011年の小倉開催だけロングスパートラップになっている・・・。

小倉だからなのか、たまたまこの年だけそういうメンバーが集まったからなのか?

 

同じ小倉芝2000mの小倉記念の傾向も見ていきましょう。

小倉記念 過去レース傾向

【2019年】 平均ロングスパートラップ

<勝ち馬> メールドグラース(57.5)

ハロンタイム 12.0 – 11.5 – 12.0 – 12.9 – 12.0 – 11.511.5 – 11.6 – 11.6 – 12.2
前後半ラップ 前半3F 35.5 – 3F 35.4

 

【2018年】後傾ロングスパートラップ
※最速はラスト2Fですがラスト3Fで急にペースアップしているのでロングスパートとします。

<勝ち馬> トリオンフ(57.0)

ハロンタイム 12.5 – 11.2 – 11.9 – 12.5 – 11.9 – 11.7 – 11.7 – 11.110.9 – 11.5
前後半ラップ 前半3F 35.6 – 3F 33.5

 

【2017年】前傾ラップ

<勝ち馬> タツゴウゲキ(52.0)

ハロンタイム 12.3 – 10.8 – 11.3 – 12.3 – 11.6 – 11.5 – 11.9 – 11.9 – 11.8 – 12.2
前後半ラップ 前半3F 34.4 – 3F 35.9

 

【2016年】後傾(平均)ロングスパートラップ

<勝ち馬> クランモンタナ(54.0)

ハロンタイム 12.5 – 11.7 – 12.0 – 12.5 – 11.8 – 11.8 – 11.6 – 11.7 – 11.8 – 12.6
前後半ラップ 前半3F 36.2 – 3F 36.1

【2015年】前傾ラップ

<勝ち馬> アズマシャトル(56.0)

ハロンタイム 11.9 – 10.7 – 11.4 – 12.2 – 11.7 – 11.8 – 12.0 – 12.1 – 12.2 – 12.0
上り 前半3F 34.0 – 3F 36.3

 

前傾ラップもしくはロングスパート系のラップが刻まれていますね。

牡馬が出走しているレースなので、一概に比較して良いのかという声もありそうですが、中京競馬場とは明らかに傾向が異なっているということは間違いありませんね

 

小倉2000mの特徴

小倉2000mのコースの特徴は以下の通りです。

<小倉芝2000m特徴>

スタンド前の直線ポケットからスタートし、最初のコーナーまでの距離は472m。

コーナーまでの距離があるため、極端なハイペースになることは少ないが、直線を走る距離が長く、1800mよりペースは速くなる。

向正面でペースが落ち着き、3コーナーあたりから再びペースアップ。

先行争いやメンバー、馬場によってここでの攻防が激しくなり、ラップが大きく動く時がある。

枠順は内だから良いということはなく中枠が優勢。クラスが上がってテンが速くなると差し、追い込みも決まるが、施行数の多い3歳未勝利、古馬500万は小倉のセオリー通りに先行馬が有利。底力のない馬が差し切るのは難しい。

(競馬ラボにおけるコース攻略検証・見解記事より引用)

 

なるほど小倉2000mならではの特徴で、「ロングスパート適性」のある馬というのは高く評価していく必要がありそうですね。

枠順については特に気にする必要はなさそうなので、補正は特に入れずロングスパート適性のある馬には注目しておきましょう。

 

もし前傾ラップになりそうな展開であれば、前傾タイプを評価し、例年であれば好走する「後傾瞬発力タイプ」というのは敢えて割り引いて考えていく方がよさそうですね。

 

隊列・ペース想定

結論ですが、平均~ハイペースと想定したいと思います。

それは以下のように想定される隊列から判断しています。

<隊列想定>

  1. ④モルフェオルフェ【53.0】(前傾逃げ・平均ロングスパート)前走1番手
  2. ⑦アロハリリー【55.0】(平均ロングスパート)前走2番手※小倉巧者。前2走で小倉2連勝。
  3. ⑨リリックドラマ【53.0】(後傾瞬発力)前走1番手
  4. ⑩ランドネ【53.0】(後傾瞬発力)前走1番手
  5. ①サヴォワールエメ【51.0】(後傾ロングスパート)前走2番手
  6. ⑯サラキア【55.0】(後傾ロングスパート)前走3番手・前々走1番手
  7. ⑧パッシングスルー【54.0】(後傾瞬発力)前走3番手
  8. ②センテュリオ【55.0】(平均瞬発力・後傾ロングスパート)前々走4番手
  9. ⑭フェアリーポルカ【53.0】(後傾瞬発力)前走6番手
  10. ⑥アルメリアブルーム【53.0】(平均ロングスパート)前走9番手※博多Sで小倉2000m経験あり。当時は+22キロで出走も4着とそこそこの結果は残している。もちろん後傾ロングスパートラップに該当。逆に後傾瞬発ラップだと厳しい傾向
  11. ⑫カレンシリエージョ【49.0】(平均ロングスパート)前々走7番手
  12. ⑪ウインシャトレーヌ【53.0】(後傾・平均ロングスパート)前走9番手※こちらも傾向はっきり瞬発ラップは向かない。
  13. ⑮ポンデザール【54.0】(後傾瞬発力)前走10番手
  14. ⑬レッドランディーニ【52.0】(後傾ロングスパート)前走12番手
  15. ③レイホーロマンス【52.0】(後傾瞬発力後傾・平均ロングスパート)前走13番手 →記載が間違っていたので修正しました。
  16. ⑤デンコウアンジュ【56.0】(後傾瞬発力・前傾差し)前走13番手※ペース関係なく最後には良い脚で追い込んでくるタイプ。

 

これらの馬の中で、「小倉巧者」の馬がいます。
アロハリリーやカレンシリエージョなどです。

これらの馬は+10ポイント加点したいと思います。

また、平均~ハイペースなので「平均ロングスパート」「前傾逃げ・差し」タイプには+20点加点し、後傾瞬発力タイプの馬には-10ポイントしたいと思います。

【加算対象】

小倉で勝ち星のある馬 +10点
前傾逃げ・差しタイプ +20点
平均ロングスパートタイプ∔20点
後傾ロングスパートタイプ+10点
ハンデ54キロ未満(1キロ減につき2点)

【減算対象】

後傾瞬発力タイプ -10点
ハンデ55キロ以上(1キロ増につき-2点)

コンピ指数調整

【コンピ指数】

順位 馬番 コンピ指数 ラップ
適性
小倉
実績
ハンデ
1 ②センテュリオ 80 ⁺10 +10 -2 98
2 ⑯サラキア 75 ⁺10 +10 -2 93
3 ⑧パッシングスルー 60 -10   50
4 ⑤デンコウアンジュ 56 ⁺20 -4 72
5 ⑭フェアリーポルカ 55 -10 +2 47
6 ⑥アルメリアブルーム 54 ⁺20 +10 +2 86
7 ⑮ポンデザール 52 -10   42
8 ⑩ランドネ 51 -10 +2 43
9 ⑬レッドランディーニ 50 +10 +4 64
10 ①サヴォワールエメ 49 +10 +6 65
11 ⑦アロハリリー 48 ⁺20 +10 -2 76
12 ③レイホーロマンス 46 ⁺20 +10 +4 80
13 ⑪ウインシャトレーヌ 43 +20 +2 65
14 ⑫カレンシリエージョ 42 ⁺20 +10 +10 82
15 ⑨リリックドラマ 41 -10 +2 33
16 ④モルフェオルフェ 40 +20 +2 62

 

いい感じの数値ですね♪

調整後の順位は以下のようになりました。

 

調整後順位 馬名 補正後コンピ指数 現時点オッズ
1 ②センテュリオ 98 4.3
2 ⑯サラキア 93 6.2
3 ⑥アルメリアブルーム 86 16.2
4 ⑫カレンシリエージョ 82 40.5
5 ③レイホーロマンス 80 31.4
6 ⑦アロハリリー 76 11.2
7 ⑤デンコウアンジュ 72 17.0
8 ①サヴォワールエメ 65 18.3
9 ⑪ウインシャトレーヌ 65 106

この中でラップ適性・コース適性ともに満点をつけて上位に指数を上げてきた⑥⑫③を本線に馬券を組み立てていきたいと思います。

 

結論

<予想印>

◎⑥アルメリアブルーム
〇⑫カレンシリエージョ
▲③レイホーロマンス
☆②センテュリオ
△⑯サラキア
△⑦アロハリリー
△⑤デンコウアンジュ
△①サヴォワールエメ
△⑪ウインシャトレーヌ

<買い目>

【3連複フォーメーション】

③⑥⑫-②③⑥⑫⑯-①②③⑤⑥⑦⑪⑫⑯ 計46点 各100円

【馬単BOX】

②③⑥⑫⑯ 計20点 各200円

【ワイドBOX】

③⑥⑫ 計3点 各400円

【馬連】

⑥-③⑫ 計2点 各100円

 

以上の買い目を俺プロ(まっつん@logi)に投稿しています。

 

Line@参加者募集中!

Line@では予想記事をはじめ最新記事をお知らせしますので、このブログを2~3回読んだことがあるあなたは是非登録をお願いします!

友だち追加

Twitterも始めました!良かったらフォロー&通知onをお願いします。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ