こんにちは、まっつんです。

今週は今年2つ目のG1、高松宮記念ですね!
G1レースが無観客というのも、残念ですが今の状況だと仕方がありませんね。

オリンピックですら怪しい状況の中で、競馬が楽しめるというだけでも我々競馬民にとってはありがたいこと。
競馬はネット投票が充実してくれていて本当に良かったと心から思います。

今年の高松宮記念は生粋のスプリンターが例年に比べて少ないレース。
過去の傾向からそういった馬たちが馬券になる可能性があるのか、分析していきましょう。

 

<記事の更新を受け取りたい方へ>

更新は既に登録して頂けている方はLine@、これから更新案内を受け取りたい方はTwitterにてお知らせしていますので、フォロー&通知ONしてお待ち頂ければ幸いです。

<ウマモブ参加しました>

競馬ブログのまとめサイトです。クリックして応援をお願いします!

↑このボタンをクリック

過去5年のレース分析(レースラップ/好走血統/前走距離・ローテ)

過去5年のレースラップと馬券内に入った馬の父・母父馬を挙げます。

私の予想は適性に合う馬を探しだすという考え方なので精度を高めていくために「血統の切り口」も加えていきます。

また今週から前走ローテ・距離にも注目してデータを集めるようにしましたので、参考にしていただけたら幸いです。

【レースラップを見る際の注意点】
前半2F目のラップは最速ラップとしてはカウントしません。2F目以外での最速ラップを赤文字にします。
→なぜなら前半2Fまではポジション争いがある為、ほとんどのレースで2F目が最速ラップになるからです。

 

【2019年】 前傾ラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順
1 ミスターメロディ Scat Daddy Deputy Minister 阪神 芝1400m
(ストームキャット系) (ヴァイスリージェント系) 阪急杯(G3)7着
2 セイウンコウセイ アドマイヤムーン Capote 京都 芝1,200m
(ミスタープロスペクター系) (ボールドルーラー系) シルクロードS(G3)15着
3 ショウナンアンセム ジャングルポケット クロフネ 中山 芝1,200m
(グレイソヴリン系) (ヴァイスリージェント系) オーシャンS(G3)5着
ハロンタイム 12.0 – 10.1 – 11.1 – 11.4 – 11.2 – 11.5
前後半ラップ 前半3F.33.2- 後半3F34.1

 

【2018年】 前傾ラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順
1 ファインニードル アドマイヤムーン Mark of Esteem 京都 芝1,200m
(ミスタープロスペクター系) (ネヴァーベンド系) シルクロードS(G3)1着
2 レッツゴードンキ キングカメハメハ マーベラスサンデー 東京 ダ1,600m
(キングマンボ系) (サンデーサイレンス系) フェブラリーS(G1)5着
3 ナックビーナス ダイワメジャー More Than Ready 中山 芝1,200m
(サンデーサイレンス系) (ヘイロー系) オーシャンS(G3)2着
ハロンタイム 12.0 – 10.3 – 11.0 – 11.4 – 11.5 – 12.3
前後半ラップ 前半3F 33.3 – 後半3F 35.2

 

【2017年】 前傾ラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順
1 セイウンコウセイ アドマイヤムーン Capote 京都 芝1,200m
(ミスタープロスペクター系) (ボールドルーラー系) シルクロードS(G3)2着
2 レッツゴードンキ キングカメハメハ マーベラスサンデー 京都 芝1,400m
(キングマンボ系) (サンデーサイレンス系) 京都牝馬S(G3)1着
3 レッドファルクス スウェプトオーヴァーボード サンデーサイレンス シャティン 芝1,200m
(ミスタープロスペクター系) (サンデーサイレンス系) 香港スプリント(G1)15着
ハロンタイム 12.3 – 10.3 – 11.2 – 11.4 – 11.3 – 12.2
前後半ラップ 前半3F 33.8 – 後半3F 34.9

 

【2016年】 前傾ラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順
1 ビッグアーサー サクラバクシンオー Kingmambo 京都 芝1,200m
(プリンスリーギフト系) (キングマンボ系) シルクロードS(G3)5着
2 ミッキーアイル ディープインパクト ロックオブジブラルタル 阪神 芝1400m
(サンデーサイレンス系) (ダンジグ系) 阪急杯(G3)1着
3 アルビアーノ Harlan’s Holiday Unbridled 中山 芝1,200m
(ストームキャット系) (ミスタープロスペクター系) オーシャンS(G3)5着
ハロンタイム 11.7 – 10.1 – 10.9 – 10.8 – 11.1 – 12.1
前後半ラップ 前半3F 32.7 – 後半3F 34.0

 

【2015年】 平均瞬発力ラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順
1 エアロヴェロシティ Pins Kaapstad 香港 芝1,200m
(トムフール系) (ターントゥ系) チェアマンズスプリント(G1)8着
1 ハクサンムーン ディープインパクト キングカメハメハ 中山 芝1,200m
(サンデーサイレンス系) (キングマンボ系) オーシャンS(G3)2着
1 ミッキーアイル ディープインパクト ロックオブジブラルタル 阪神 芝1400m
(サンデーサイレンス系) (ダンジグ系) 阪急杯(G3)2着
ハロンタイム 11.9 – 10.7 – 11.4 – 11.6 – 11.3 – 11.6
前後半ラップ 前半3F 34.0- 後半3F 34.5

中京芝1,200m特徴

向正面の真ん中付近がスタート地点。

スタートから120mは緩やかな上り坂、その後3~4コーナーにかけては緩やかな下り坂が続く。

コーナーはやや急なスパイラルカーブ。
最後の直線は412.5mで残り340m地点から240m地点にかけて高低差約2mの急坂が設けられており、傾斜は中山に次ぎ2番目にきつい。ラスト240mは平坦。

(netkeibaコース分析より引用)

本レースの傾向

ラップ傾向

G1レースということもあり、前傾ラップになるのはほぼ確実。

レースレベルが低くなった2015年は平均瞬発ラップになったが、今年のメンバーを見るとカギとなるのは「モズスーパーフレア」
あとは前目でハイペースでも耐えられる馬がどのくらいいるのか、隊列や枠順にも注意を払って検討をしていきたいと思います。

<ラップタイプ評価>
(A)前傾ラップ
(B)平均ラップ
(C)後傾ラップ

<加速タイプ評価>
(A)ロングスパートタイプ・前傾差しタイプ
(B)瞬発力タイプ

血統傾向

ラップと血統も密接に関係していると思っており、今回は前傾ラップが濃厚。
そう考えると2015年のデータは除外して共通項を探っていきたいと思います。

サンデーサイレンスの血を持っている馬は5/12頭となります。
サンデーの血は必須ではありません。父サンデー系で言うと2頭(うち、ディープインパクト1頭、ダイワメジャー1頭)。

代わりに台頭するのが「ミスタープロスペクター系」(5頭)「キングマンボ系」(3頭)「ストームキャット系」(2頭)「ヴァイスリージェント系」(2頭)「プリンスリーギフト系」(1頭)という短距離系の血統たちです。(キングマンボ系も広義のミスタープロスペクター系に入ります)

これらの血統を持っている馬たちに注目していきたいと思います。

<血統評価>

(A)「ミスタープロスペクター系」「キングマンボ系」「ストームキャット系」「ヴァイスリージェント系」「プリンスリーギフト系」「サンデー系」「ボールドルーラー系」の組み合わせ
(B)「ミスタープロスペクター系」「キングマンボ系」「ストームキャット系」「ヴァイスリージェント系」「プリンスリーギフト系」を保有している
(C)上記血統を持たない馬「サンデー系」のみは(C)評価とする

前走距離・クラスの傾向

前走オーシャンS・阪急杯・シルクロードS組が好走率が高いです。
前走の着順は問いません。

<前走ローテ評価>
(A)前走オーシャンS・阪急杯・シルクロードS組
(B)前走G1(フェブラリーS含む)
(C)前走G2組・条件戦・OP

<前走距離>
(A)前走1200m・前走1400m
(B)前走ダ1600m
(C)それ以外の距離からの出走

以上、高松宮記念の過去傾向の分析でした。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ