こんにちは、まっつんです。
今週からいよいよ研究の成果を発揮するべく、FLL適性予想で予想をお届けしたいと思います。

枠順が発表されましたが、1番人気のコントレイルは1枠1番。
内枠に包まれるリスクというのは間違いなくあります。

2歳マイル王者のサリオスもマイルからの距離延長という不安もありますし、個人的には波乱の要素は多いのではないかと思っています。

そんな中で、血統の要素とラップの要素を使って、的中に1歩でも近づけるように結論を出していきたいと思います。

それでは、予想に入っていきます。

↓新しい予想の方針を下記の記事にまとめましたので、ご一読頂ければ幸いです。

新予想法【Family Line Lap(FLL)適性予想】(血統・系統・ラップ予想)について

 

<記事の更新を受け取りたい方へ>
更新は既に登録して頂けている方はLine@、これから更新案内を受け取りたい方はTwitterにてお知らせしていますので、フォロー&通知ONしてお待ち頂ければ幸いです。

<ウマモブ参加しました>
競馬ブログのまとめサイトです。クリックして応援をお願いします!

↑このボタンをクリック

これまでの反省・的中へのヒント

  • 前に回顧記事をしっかりと復習。(これがなかなかできない・・・)
  • トラックバイアスはあてにしすぎてはいけない。
  • 小頭数の場合は、1点勝負という選択もありなのではないか。
  • 当該コースでの勝利実績というのは、加点要素として考えるべき
  • 前走からの距離延長の逃げ、先行馬を見つけたら、ペースが上がるサイン!
  • 複勝、ワイドを上手に使うべし。
  • ハナに立ちたい馬が見当たらないときは先行馬が多くてもスローペースを疑え
  • 逆に過去ハナに立って好成績を挙げたことのある馬は近走逃げられていなくても、ハナ切るかも!?
  • 過去に好走した実績があれば、適性は複数あると判断すべし。
  • ペース予測に全力を尽くせ。それが的中への近道である。
  • 血統はあくまで付加情報として取り扱う。ベースはラップ予想で。
  • 勝てていない外国人ジョッキーは軸にすべきではない。(目安:G1勝ちの有無)
  • トライアルレースはスローペースになりやすく、本番はハイペースになりやすい。←3回目
  • 内枠の差し馬はコースにもよるが、包まれるリスクを考えると避けた方が良い。
  • 堅いと思われるレースは無理に手を広げるな
  • 次走狙えそうな馬は記事にしてストックしておく
  • トラックバイアスを検討する(過去傾向で枠順の有利不利がなかったか?/前週・当週の馬場傾向はどうか?)
  • 不良馬場のハンデ戦は軽ハンデ馬を狙え。
  • 不良馬場は10番手以内のポジション取りが大切。
  • 近走で出遅れ気味な馬は、出遅れ癖を疑っておくべし。(EX:阪神大賞典キセキ)
  • 3連単禁止、馬単マルチ・ワイドに資金集中させて的中・回収率向上を目指す。
  • 競馬場の水はけについて、どこかでまとめてみたい。
  • 前傾ラップの場合は、瞬発系ラップ適性の高い馬の評価を見直せ
  • ノーザンファーム外厩神話は絶対ではなくなってきている。
  • 3歳→5歳の馬の成長力を侮るなかれ※特に牝馬(ラッキーライラック/クロノジェネシス/リスグラシューなど)

FLL予想【第1章】血統編

過去の好走血統

過去の傾向はこちらの記事にて分析をしております。

皐月賞【G1】<2020>過去ラップ傾向/好走血統傾向/コース分析

上記記事においても分析をしましたが、過去5年における好走血統は以下の通りです。

父キングマンボ系

①4世代目までに「サンデーサイレンス系」と「欧州ノーザンダンサー系 or   ナスルーラ系」を内包している馬に好走傾向あり。

父・母父サンデーサイレンス系

②4世代目までに「ヘイロー系」「ロベルト系」「サーゲイロード系」などヘイルトゥリーズンに通ずる血がクロスしており、
かつ欧州ノーザンダンサー系・ナスルーラ系を内包している馬が好走。

③サンデーサイレンス系×欧州ノーザンダンサー系×ナスルーラ系の馬も好走している。

オールド血統

④リボー系×ナスルーラ系

⑤ネイティブダンサー系×ストームキャット系

上記5系統の血統を保持する馬が、好走傾向にあります。

出走馬の血統分析

ロジカル

パターンに合致した馬を1頭ずつ見ていきたいと思います。

①父キングマンボ系で4世代目までに「サンデーサイレンス系」と「欧州ノーザンダンサー系 or   ナスルーラ系」を内包している馬

過去の該当馬:サートゥルナーリア/ドゥラメンテ/ダンビュライト/サンリヴァル

ラインベック(×)

過去の好走馬たちは「父キングマンボ系」だったので父がディープインパクトになっている点で完全合致とはなりませんでしたが、
血統構成としては当てはまる馬です。

父   :ディープインパクト(サンデーサイレンス系)
母父  :キングカメハメハ(キングマンボ系)
母母父 :Salt Lake(ヴァイスリージェント系)
母母母父:Spectacular Bid(ボールドルーラー系)

サートゥルナーリアとドゥラメンテと同系の配合ですね。

ただその2頭と違うのは戦績です。2頭とも圧倒的な強さを見せていたのに対してラインベックは勝ち味に欠けています。
押さえ程度の評価に留めておこうと思います。

ガロアクリーク

この馬もラインベック同様、変形ではありますがサートゥルナーリアや、ドゥラメンテと同型の血を持っています。
また、パターン③のサンデーサイレンス系×欧州ノーザンダンサー系×ナスルーラ系にも該当しています。

父   :キンシャサノキセキ(サンデーサイレンス系)
母父  :Kingmambo(キングマンボ系)
母母父 :Nashwan(レッドゴッド系)
母母母父:Lyphard(リファール系)

前走のスプリングSでも高く評価をしていましたが、この馬キンシャサノキセキ産駒だという概念は捨てた方が良いと思います。
去年のサートゥルナーリアのように、ロードカナロア産駒でも中長距離が走れるのと同じです。

前々走、2,200mで4着に敗れた後、距離短縮で好走が出来たので、今回の200mの延長がどう影響するかが気になるところですが、
余力十分で突き抜けたところを見ると、まだ奥があるように思えます。

枠も外目に付けられましたから、一発ある可能性は十分。
人気薄で忘れられがちですが、スプリングSの勝ち馬であるということを忘れてはいけません。

②4世代目までに「ヘイロー系」「ロベルト系」「サーゲイロード系」などヘイルトゥリーズンに通ずる血がクロス、かつ欧州ノーザンダンサー系・ナスルーラ系を内包している馬

過去の該当馬:ディーマジェスティ/マカヒキ/サトノダイヤモンド/サートゥルナーリア

コルテジア

父   :シンボリクリスエス(ロベルト系)
母父  :ジャングルポケット(グレイソヴリン系)
母母父 :サンデーサイレンス(サンデーサイレンス系)
母母母父:Nijinsky(ニジンスキー系)

きさらぎ賞の勝ち馬ですが、血統的にはめちゃくちゃ重厚なスタミナ血統です。
ヘイルトゥリーズンののクロスを持っており、ロベルト×サンデーサイレンス系という点も成長力や爆発力を秘めています。

切れる脚が使えるというよりは、しぶとい脚を使えるタイプなので、皐月賞のようなタフなレースには向く気がしています。
前傾ラップへの経験がありませんが、魅力満点の馬だと思いますね。

※③のサンデーサイレンス系×ナスルーラ系×欧州ノーザンダンサー系にも該当しています。

ブラックホール(×)

父   :ゴールドシップ(サンデーサイレンス系)
母父  :キングカメハメハ(キングマンボ系)
母母父 :フジキセキ(サンデーサイレンス系)
母母母父:ノーザンテースト(ノーザンダンサー系)

ゴールドシップ・フジキセキとなっており、サンデーサイレンスの3×4のクロスとなっています。
しかしヘイルトゥリーズンのクロスにはなっていないため、少し協調材料には欠けるかなという印象です。

前走スプリングSで4着に敗れているのが気がかりです。
弥生賞以外では馬券外から巻き返した馬がいません。

クリスタルブラック

父   :キズナ(サンデーサイレンス系)
母父  :タイキシャトル(ヘイロー系)
母母父 :Kris.S(ロベルト系)
母母母父:Star Choice(マンノウォー系)

ヘイルトゥリーズンの5×5×5ということで多重クロスしていますね。
これが良い形で反映されたのかどうかは、ここで真価を問われることでしょう。

前走の京成杯、なかなか見られない豪快な追い込みで勝ちましたが、今回先行馬が多いため、
展開が向く可能性も高いですよね。

鞍上の吉田豊騎手が腹を決めて後方待機の戦法を取れば、末脚一閃で突き抜けるイメージも想像できますね。

③サンデーサイレンス系×欧州ノーザンダンサー系×ナスルーラ系の馬

過去の該当馬:エポカドーロ/サンリヴァル/ディーマジェスティ/ドゥラメンテ/キタサンブラック

キメラヴェリテ

父   :キズナ(サンデーサイレンス系)
母父  :Cozzene(グレイソヴリン系)
母母父 :HounerGrades(ダンジグ系)
母母母父:Rubiano(ミスタープロスペクター系)

一発ありそうな馬ですね。
マイペースで逃げて、最後押し切る競馬が出来るかもしれません。

目立っていませんが、この馬、2,000mでの持ち時計は1番(1分58秒9)
(次点はダーリントンホールの葉牡丹賞で、1分59秒1です。)

皐月賞のスピード勝負に関しては、適性が向きそうな気がしています。

スタミナ面はダンジグ系・グレイソヴリン系から、スピード面はミスタープロスペクター系母母母父のRubianoとキズナの母父StormCatから受け継いでいるようでバランスが
良さそうな馬です。

この馬が馬券に入ったら、アドマイヤビルゴはどんだけ強いんだ!?って思ってしまいますが、もしかしたら皐月賞で既存の勢力図が一掃されるという可能性も0ではないのではないかと私は思います。

ヴェルトライゼンデ

父   :ドリームジャーニー(サンデーサイレンス系)
母父  :Acatenango(ハンプトン系)
母母父 :BeMyGuest(ノーザンダンサー系)
母母母父:Elektrant(バードキャッチャー系)

少し拡大解釈ではありますが、バードキャッチャー系はナスルーラ系の祖先なのでナスルーラ系統の馬として扱うことで、該当する形になります。

母父Acatenangoはスタミナ型で中山に向いた血脈だそうです。
感覚的に少しスピード面で不足しそうな感じもしますので、当日の馬場や求められる適性によって判断が分かれそうな感じもします。

タフなレースかつ、早い上がりが求められるような展開にならなければ、十分勝負できそうな血統ですね。

サリオス

父   :ハーツクライ(サンデーサイレンス系)
母父  :Lomitas(ニジンスキー系)
母母父 :タイガーヒル(ダンジグ系)
母母母父:Alkalde(バードキャッチャー系)

こちらも少し拡大解釈ですが、ヴェルトライゼンデと同じくバードキャッチャー系と欧州ノーザンダンサー系の組み合わせでピックアップした馬です。

相当馬格のある馬ですし、中山の坂も苦にしなかったあたりは評価できると思います。
マイルに寄っているという見解もありますが、果たしてそうなのでしょうか?

スタミナ的にも全然足りそうな印象ですし、あっさり勝ってもおかしくなさそうな血統の持ち主です。

④リボー系×ナスルーラ系を内包している馬

過去の該当馬:アルアイン・ダンビュライト

アメリカンシード

父   :Tapit (ボールドルーラー系)
母父  :Stormin Fever(ストームキャット系)
母母父 :Stalwart(リボー系)
母母母父:Northjet (ノーザンダンサー系)

前走若葉S組がもしかしたらハイレベルであるという前提に立った時に、買い目に入れておいても損はないと思ってます。

穴をあけた馬が共通して持っていた血統ですし、レクセランスとタイム差なしの2着に好走していますから、能力的に全然足りないということはないと思います。
大穴取りたい方は参考情報として頭に入れておいても良いと思います。

⑤ネイティブダンサー系×ストームキャット系

過去の該当馬:ジェネラーレウーノ・ダノンキングリー

該当なし

FLL適性予想【第2章】ラップ編

想定されるペース

今回、おそらく平均~ハイペースになる可能性は高いでしょう。
G1レースですし、先行馬も多く先行争いの激化が予想されます。

血統面で条件をクリアした馬のラップタイプ分類

前傾ラップ適性有

サリオス
ブラックホール

平均ラップ適性有

キメラヴェリテ
アメリカンシード
ヴェルトライゼンデ
クリスタルブラック

後傾ラップ適性有

ガロアクリーク
ラインベック
コルテジア

決め脚タイプについて

ロングスパート戦になるか、瞬発戦になるかの判断は難しいところですね。

ただ、タイトなレースになるのは間違いないと思いますから、前傾、平均ラップの中で優劣をつけて軸馬を決めていきたいと思っています。

 

結論

<予想印>

◎ ⑦サリオス
〇 ⑪クリスタルブラック
▲ ⑭キメラヴェリテ
☆ ⑰ヴェルトライゼンデ
△ ⑯ガロアクリーク
△ ③コルテジア
△ ⑩アメリカンシード

<買い目>

【馬単マルチ】

⑦⇔③⑩⑪⑭⑯⑰ 12点 各200円 計2,400円

⑪⇔③⑦⑩⑭⑯⑰ 12点 各100円 計1,200円

【馬単フォーメーション】

⑦⑪-⑦⑪⑭⑰ 6点 各100円 計600円

⑦⑪⑭⑰-⑦⑪ 6点 各100円 計600円

【ワイド】

⑦ー③⑩⑪⑭⑯⑰ 6点 各500円 計3,000円

⑪ー③⑦⑩⑭⑯⑰ 6点 各300円 計1,800円

⑭-⑦⑪⑯⑰   4点 各100円 計400円

合計 10,000円

 

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ