こんにちは、まっつんです。

今日はフィリーズレビューの過去の傾向を見ていきます。

先週のチューリップ賞では阪神JF組の馬が上位を独占しましたが、今週は桜の女王の候補が生まれるのでしょうか。

それでは過去の傾向を見ていきます。

 

<記事の更新を受け取りたい方へ>

更新は既に登録して頂けている方はLine@、これから更新案内を受け取りたい方はTwitterにてお知らせしていますので、フォロー&通知ONしてお待ち頂ければ幸いです。

 

 

過去5年のレース分析(レースラップ/好走血統/前走距離・ローテ)

過去5年のレースラップと馬券内に入った馬の父・母父馬を挙げます。

私の予想は適性に合う馬を探しだすという考え方なので精度を高めていくために「血統の切り口」も加えていきます。

【レースラップを見る際の注意点】
前半2F目のラップは最速ラップとしてはカウントしません。2F目以外での最速ラップを赤文字にします。
→なぜなら前半2Fまではポジション争いがある為、ほとんどのレースで2F目が最速ラップになるからです。

【2019年】 平均瞬発型ラップ(稍重)

着順 馬名 母父 前走距離・クラス
着順
1 ノーワン ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
カーリアン
(ニジンスキー系)
芝1,600m
未勝利
1着
2 プールヴィル Le Havre
(ブラッシンググルーム系)
Kendargent
(グレイソヴリン系)
芝1,400m
紅梅S(L)
2着
3 ジュランビル キンシャサノキセキ
(サンデーサイレンス系)
Deputy minister
(ヴァイスリージェント系)
芝1,400m
500万下
1着
(万両賞)
ハロンタイム 12.2 – 10.8 – 11.9 – 11.9 – 11.7 – 11.3 – 12.2
前後半ラップ 前半3F.34.9- 後半3F 35.2

 

【2018年】 前傾ラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス
着順
1 リバティハイツ キングカメハメハ
(キングマンボ系)
Dubawi
(ミスタープロスペクター系)
芝1,400m
500万下
2着
2 アンコールプリュ ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
ウイニングチケット
(グレイソヴリン系)
芝1,400m
500万下
1着
3 デルニエオール ステイゴールド
(サンデーサイレンス系)
メジロマックイーン
(マイバブー系)
芝1,400m
500万下
1着
ハロンタイム 12.3 – 10.3 – 11.1 – 11.7 – 12.0 – 11.9 – 12.2
前後半ラップ 前半3F 33.7 – 後半3F 36.1

 

【2017年】前傾ラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス
着順
1 カラクレナイ ローエングリン
(サドラーズウェルズ系)
アグネスタキオン
(サンデーサイレンス系)
芝1,400m
500万下
1着
(万両賞)
2 レーヌミノル ダイワメジャー
(サンデーサイレンス系)
タイキシャトル
(ヘイロー系)
芝1,600m
クイーンC【G3】
3着
3 ゴールドケープ ワークフォース
(キングマンボ系)
デュランダル
(サンデーサイレンス系)
芝1,600m
阪神JF【G1】
6着
ハロンタイム 12.0 – 10.2 – 11.3 – 12.0 – 11.8 – 11.7 – 12.0
前後半ラップ 前半3F 33.5 – 後半3F 35.5

 

【2016年】 後傾瞬発力

着順 馬名 母父 前走距離・クラス
着順
1 ソルヴェイグ ダイワメジャー
(サンデーサイレンス系)
ジャングルポケット
(グレイソヴリン系)
芝1,400m
500万下
5着
2 アットザシーサイド キングカメハメハ
(キングマンボ系)
アグネスタキオン
(サンデーサイレンス系)
芝1,600m
阪神JF【G1】
5着
3 キャンディバローズ ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
タイキシャトル
(ヘイロー系)
芝1,600m
阪神JF【G1】
9着
ハロンタイム 12.2 – 11.2 – 11.6 – 12.2 – 11.7 – 11.5 – 11.7
前後半ラップ 前半3F 35.0 – 後半3F 34.9

 

【2015年】 前傾ラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス
着順
1 クイーンズリング マンハッタンカフェ
(サンデーサイレンス系)
Anabaa
(ダンジグ系)
芝1,600m
500万下
1着
(菜の花賞)
2 ペルフィカ ゼンノロブロイ
(サンデーサイレンス系)
Sky Mesa
(ボールドルーラー系)
芝1,400m
2歳新馬
1着
3 ムーンエクスプレス アドマイヤムーン
(ミスタープロスペクター系)
メジロライアン
(ノーザンテースト系)
芝1,600m
阪神JF【G1】
4着
ハロンタイム 12.2 – 11.0 – 11.5 – 12.0 – 11.7 – 11.8 – 12.3
前後半ラップ 前半3F 34.7 – 後半3F 35.8

阪神芝1,400m特徴

1200mのスタート地点から200m後ろに引いた2コーナー奥のポケットがスタート地点で、内回りコースを使用。スタートして平坦~下り坂となるためテンが速くなる傾向がある。脚質や枠の特徴は1200mと似ているが、3コーナーまでの距離が443mと長くなるためか、揉まれずに行ける1枠のアベレージがグンとアップする。また、1200mよりクラスが上がるに連れて差し馬の成績が上昇する。

2つのコーナーではそれぞれ膨らむため、馬群が横広になりがちで外の馬の距離損は無視できないが、最初の長い直線でそれぞれポジションを確保できるため枠順にはさほどこだわる必要はない。数頭で雁行した場合に外が不利になる程度である。

(競馬ラボにおけるコース攻略検証・見解記事より引用)

 

本レースの傾向

ラップ傾向

スタートして、平坦~下り坂になっているとありますが、スローにはなりにくいレースです。
前傾ラップ、あるいは平均ラップで「瞬発力」に秀でたタイプを上位に取りたいところ。

<高評価馬(上方修正)>

「前傾差し」「平均瞬発力」

<下方修正>

「後傾ロングスパート」

血統傾向

サンデーサイレンスの血を持っている馬が12/15頭。

サンデーサイレンスとの掛け算で評価が上がってくるのは「ナスルーラ」「ノーザンダンサー(欧州)」「キングマンボ系」「母父タイキシャトル」ですね。

<上方修正>

・サンデーサイレンス系×ナスルーラ系
・サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系(欧州)
・サンデーサイレンス系×キングマンボ系
・サンデーサイレンス系×タイキシャトル

<下方修正>

ナスルーラ、ノーザンダンサー(欧州)、キングマンボ、サンデーサイレンスを持たない馬。

前走距離・クラスの傾向

阪神JFからの直行ローテの場合、着順関係なく評価をすべき。

また前走1,400m、1600m組以外のローテは減点しても良さそう。

1,200mからの延長ローテは連対馬が出ていないのは大きな特徴と言える。

 

以上、フィリーズレビューの過去傾向の分析でした。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ