こんにちは、まっつんです。

今週は重賞4つあります。大変です(苦笑)
今日は日経賞の過去の傾向を見ていきます。

このレースも阪神大賞典と似て、特殊なコースですが、「有馬記念」と同じ舞台であるというのは大きな特徴です。

有馬記念からの直行ローテの馬が多く絡んでいる傾向がありますが、エタリオウが該当しますね。
去年も好走していましたが、今年は連続好走なるのでしょうか?

そのあたりにも注目しながら、分析していきたいと思います。

<記事の更新を受け取りたい方へ>

更新は既に登録して頂けている方はLine@、これから更新案内を受け取りたい方はTwitterにてお知らせしていますので、フォロー&通知ONしてお待ち頂ければ幸いです。

<ウマモブ参加しました>

競馬ブログのまとめサイトです。クリックして応援をお願いします!

↑このボタンをクリック

過去5年のレース分析(レースラップ/好走血統/前走距離・ローテ)

過去5年のレースラップと馬券内に入った馬の父・母父馬を挙げます。

私の予想は適性に合う馬を探しだすという考え方なので精度を高めていくために「血統の切り口」も加えていきます。

また今週から前走ローテ・距離にも注目してデータを集めるようにしましたので、参考にしていただけたら幸いです。

【レースラップを見る際の注意点】
前半2F目のラップは最速ラップとしてはカウントしません。2F目以外での最速ラップを赤文字にします。
→なぜなら前半2Fまではポジション争いがある為、ほとんどのレースで2F目が最速ラップになるからです。

 

【2019年】 後傾ロングスパートラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順
1 メイショウテッコン マンハッタンカフェ LemonDropKid 京都 芝2,400m
(サンデーサイレンス系) (キングマンボ系) 日経新春杯(G2)9着
2 エタリオウ ステイゴールド CactusRidge 京都 芝3,000m
(サンデーサイレンス系) (ストームキャット系) 菊花賞(G1)2着
3 サクラアンプルール キングカメハメハ サンデーサイレンス 中山 芝2,200m
(キングマンボ系) (サンデーサイレンス系) AJCC(G2)5着
ハロンタイム 7.0 – 11.8 – 12.5 – 12.3 – 12.6 – 13.1 – 12.9 – 13.1 – 11.9 – 11.6 – 11.8 – 11.6 – 12.0
前後半ラップ 前半(推定)3F37.5- 後半3F35.4

 

【2018年】 後傾瞬発力ラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順
1 ガンコ ナカヤマフェスタ シングスピール 京都 芝2,400m
(サンデーサイレンス系) (サドラーズウェルズ系) 松籟S(1600万下) 1着
2 チェスナットコート キングカメハメハ マーベラスサンデー 東京 芝2,400m
(キングマンボ系) (サンデーサイレンス系) 早春S(1600万下) 1着
3 サクラアンプルール キングカメハメハ サンデーサイレンス 中山 芝1,800m
(キングマンボ系) (サンデーサイレンス系) 中山記念(G2)4着
ハロンタイム 7.1 – 12.1 – 11.8 – 12.4 – 12.7 – 13.3 – 12.2 – 11.9 – 12.0 – 12.4 – 11.9 – 11.6 – 12.5
前後半ラップ 前半(推定)3F37.2- 後半3F36.0

 

【2017年】 平均ロングスパート

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順
1 シャケトラ マンハッタンカフェ シングスピール 京都 芝2,400m
(サンデーサイレンス系) (サドラーズウェルズ系) 日経新春杯(G2)2着
2 ミライヘノツバサ ドリームジャーニー シルバーチャーム 中山 芝2,200m
(サンデーサイレンス系) (トムフール系) AJCC(G2)3着
3 アドマイヤデウス アドマイヤドン サンデーサイレンス 中山 芝2,500m
(ミスタープロスペクター系) (サンデーサイレンス系) 有馬記念(G1)11着
ハロンタイム 6.9 – 11.4 – 12.3 – 12.3 – 12.2 – 12.9 – 12.5 – 12.2 – 12.0 – 11.9 – 11.811.8 – 12.6
前後半ラップ 前半(推定)3F36.8- 後半3F36.2

 

【2016年】 後傾瞬発力ラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順
1 ゴールドアクター スクリーンヒーロー キョウワアリシバ 中山 芝2,500m
(ロベルト系) (レイズアネイティヴ系) 有馬記念(G1)1着
2 サウンズオブアース ネオユニヴァース Dixieland Band 中山 芝2,500m
(サンデーサイレンス系) (ノーザンダンサー系) 有馬記念(G1)2着
3 マリアライト ディープインパクト エルコンドルパサー 中山 芝2,500m
(サンデーサイレンス系) (キングマンボ系) 有馬記念(G1)4着
ハロンタイム 7.0 – 12.1 – 12.6 – 13.1 – 13.1 – 13.7 – 13.5 – 13.2 – 12.4 – 12.2 – 11.8 – 10.9 – 11.2
前後半ラップ 前半3F 38.3 – 後半3F 33.9

 

【2015年】 平均ロングスパートラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス・着順
1 アドマイヤデウス アドマイヤドン サンデーサイレンス 京都 芝2,400m
(ミスタープロスペクター系) (サンデーサイレンス系) 日経新春杯(G2)1着
1 ウインバリアシオン ハーツクライ Storm Bird 中山 芝2,500m
(サンデーサイレンス系) (ストームキャット系) 有馬記念(G1)12着
1 ホッコーブレーヴ マーベラスサンデー ダンシングブレーヴ 中山 芝3,600m
(サンデーサイレンス系) (リファール系) ステイヤーズS(G2)5着
ハロンタイム 6.9 – 11.4 – 11.5 – 11.9 – 12.0 – 12.4 – 13.1 – 12.4 – 11.8 – 11.7 – 11.7 – 11.6 – 11.8
前後半ラップ 前半3F 35.8- 後半3F 35.1

中山芝2,500m特徴

有馬記念の行われるコース。

内回りコースを使用するが、スタートは外回りコースの3コーナー手前。
最初の4コーナーまでは約192m(Aコース時)で、コースを約1周半する。

コーナーは緩やか。直線は約310m。コーナーを6回回るため、基本的に内の先行馬有利も、ペースが落ち着きやすく捲りも良く決まる。

(netkeibaコース分析より引用)

本レースの傾向

ラップ傾向

レースレベルにもよりますが、長距離レースということもあり、スローから平均ペースになることが多いでしょう。

基本的には後傾ラップを刻むイメージでたまに平均になるという感じですから、以下のような評価にしておきます。

<ラップタイプ評価>
(A)後傾ラップ
(B)平均ラップ
(C)前傾ラップ

加速タイプについては、メンバーの構成やペースによって変わってくる感じですが、中盤で13秒台を連発するようなラップ傾向の場合には、瞬発力ラップになる傾向があります。

ここも最終的にはメンバーを見て判断したいと思いますが、ロングスパートを前提に考えておきたいと思います。

<加速タイプ評価>
(A)ロングスパートタイプ・前傾差しタイプ
(B)瞬発力タイプ

血統傾向

サンデーサイレンスの血を持っている馬は14/15頭でした。

そのうちキングマンボが相手に来ているケースが5頭。ミスタープロスペクターが相手に来ているパターンが2頭、あとはノーザンダンサー系(サドラーズウェルズ・リファール、ストームキャット)という形が理想のようです。

これらの血統を持っている馬たちに注目していきたいと思います。

<血統評価>

(A)「ミスタープロスペクター系」「キングマンボ系」「ノーザンダンサー系」×「サンデーサイレンス系」
(B)上記組み合わせ以外のサンデーサイレンス系
(C)サンデーサイレンス系を持たない馬

前走距離・クラスの傾向

前走日経新春杯組は5年で3勝を挙げていますね。
あとは有馬記念からの直行組も好成績です。あと注目は3勝クラス1着からのローテですね。

A評価は上記3パターンとします。

<前走ローテ評価>
(A)前走日経新春杯、有馬記念、前走3勝クラス1着
(B)前走G1、G2掲示板5着以内
(C)それ以外のローテ

<前走距離>
(A)前走2200m以上
(B)なし
(C)前走1800m以下

以上、日経賞の過去傾向の分析でした。

※記載が誤っていたので3月26日に修正しております。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ