こんにちは、まっつんです。

明日はNHKマイルカップです。
3歳マイル王を決める戦いには、なかなかの豪華メンバーが集結しています。

桜花賞2着馬レシステンシア、無敗で毎日杯を勝ち上がったサトノインプレッサ、中山三連勝中のルフトシュトロームなど
実力馬が揃ったレースです。

このレースは荒れる要素も多いですから、血統をベースに狙ってみようと思っています。

※新潟大賞典は都合により記事をお休みさせて頂きます。
買い目等Twitterで告知しようと思いますので、ご興味がある方はフォローして頂ければと思います。

↓新しい予想の方針を下記の記事にまとめましたので、ご一読頂ければ幸いです。

新予想法【Family Line Lap(FLL)適性予想】(血統・系統・ラップ予想)※収支公開中

<記事の更新を受け取りたい方へ>
更新は既に登録して頂けている方はLine@、これから更新案内を受け取りたい方はTwitterにてお知らせしていますので、フォロー&通知ONしてお待ち頂ければ幸いです。

<ウマモブ参加しました>
競馬ブログのまとめサイトです。クリックして応援をお願いします!

↑このボタンをクリック

これまでの反省・的中へのヒント

  • 前に回顧記事をしっかりと復習。(これがなかなかできない・・・)
  • トラックバイアスはあてにしすぎてはいけない。
  • 小頭数の場合は、1点勝負という選択もありなのではないか。
  • 当該コースでの勝利実績というのは、加点要素として考えるべき
  • 前走からの距離延長の逃げ、先行馬を見つけたら、ペースが上がるサイン!
  • 複勝、ワイドを上手に使うべし。
  • ハナに立ちたい馬が見当たらないときは先行馬が多くてもスローペースを疑え
  • 逆に過去ハナに立って好成績を挙げたことのある馬は近走逃げられていなくても、ハナ切るかも!?
  • 過去に好走した実績があれば、適性は複数あると判断すべし。
  • ペース予測に全力を尽くせ。それが的中への近道である。
  • 血統はあくまで付加情報として取り扱う。ベースはラップ予想で。
  • 勝てていない外国人ジョッキーは軸にすべきではない。(目安:G1勝ちの有無)
  • トライアルレースはスローペースになりやすく、本番はハイペースになりやすい。←3回目
  • 内枠の差し馬はコースにもよるが、包まれるリスクを考えると避けた方が良い。
  • 堅いと思われるレースは無理に手を広げるな
  • 次走狙えそうな馬は記事にしてストックしておく
  • トラックバイアスを検討する(過去傾向で枠順の有利不利がなかったか?/前週・当週の馬場傾向はどうか?)
  • 不良馬場のハンデ戦は軽ハンデ馬を狙え。
  • 不良馬場は10番手以内のポジション取りが大切。
  • 近走で出遅れ気味な馬は、出遅れ癖を疑っておくべし。(EX:阪神大賞典キセキ)
  • 3連単禁止、馬単マルチ・ワイドに資金集中させて的中・回収率向上を目指す。
  • 競馬場の水はけについて、どこかでまとめてみたい。
  • 前傾ラップの場合は、瞬発系ラップ適性の高い馬の評価を見直せ
  • ノーザンファーム外厩神話は絶対ではなくなってきている。
  • 3歳→5歳の馬の成長力を侮るなかれ※特に牝馬(ラッキーライラック/クロノジェネシス/リスグラシューなど)
  • 条件戦上がりの1番人気は信用してはならない。
  • 重賞を勝っている無敗馬は評価すべき。(皐月賞コントレイル等、傾向関係なく走る可能性が高いため)
  • 過去の傾向が全く通用しないケースもあるが、割り切りも必要。

FLL予想【第1章】血統編

過去の好走血統

過去の傾向はこちらの記事にて分析をしております。

NHKマイルカップ【G1】<2020>好走血統傾向/過去ラップ傾向/コース分析

 

上記記事においても分析をしましたが、過去5年における好走血統は以下の通りです。

 

米国系血統の好走が目立ちますね。
あとはダイワメジャー産駒もよく好走していますね。

出走馬の血統分析

出走馬の4世代前までの血統分析は以下の通りです。

 

パターンに合致した馬を1頭ずつ見ていきたいと思います。

① 父キングマンボ系 × オールド血統(ハンプトン系/ハイペリオン系など)

過去の該当馬:レッドヴェイロン/ミュゼスルタン/ケイデンスコール

サクセッション

父   :キングカメハメハ(キングマンボ系)
母父  :ディクタット(マンノウォー系)
母母父 :Surumu(ヘロド系)
母母母父:Pentathlon(バードキャッチャ-系)

クルーガーと同じ血統ですね。
左回りも新馬戦で走っていますし、問題はないと思います。

1つだけ不安なのは、エンジンのかかりの遅さ。
直線で良い脚を使うにはやや時間がかかる印象です。

東京の直線が良い方向に向けばよいのですが、はたしてどうでしょうか?

② 父ダイワメジャー × 欧州ノーザンダンサー系 × ナスルーラ系 or 欧州ノーザンダンサー系

過去の該当馬:アドマイヤマーズ/ボンセルヴィーソ/メジャーエンブレム

レシステンシア

父   :ダイワメジャー(サンデーサイレンス系)
母父  :Lizard Island(ダンジグ系)
母母父 :Poliglote(サドラーズウェルズ系)
母母母父:New Dandy(ラウンドテーブル系)

高速馬場に強く、ハイペースでも最後まで脚を使えるタイプの馬です。
左回りが未経験なのと、初輸送になる点がとても気になります。

牝馬で繊細な面がありますから、馬体を減らしてくるという可能性もあります。
また前走の桜花賞はかなり厳しい馬場を走りましたので疲労も気になります。

実力は認めますが、軸にすると痛い目に合いそうな馬ですね。

また今回は逃げないんじゃないかと思っています。
東京の長い直線を考えると番手競馬にしてくる可能性は高いのではないかと思っています。

ハーモニーマゼラン

父   :ダイワメジャー(サンデーサイレンス系)
母父  :Sea The Stars(ダンジグ系)
母母父 :Galileo(サドラーズウェルズ系)
母母母父:デインヒル(ダンジグ系)

もう1頭のダイワメジャー産駒。
この馬が今回逃げるのではないかと思っています。

前走は先頭を譲りましたが、やはり2走前を見ると前で早めのペースを作るような競馬が合っていそうです。
東京の長い直線が気になりますが、具合も良さそうなので前残りしてしまう可能性はあると思っています。

③ 父ディープインパクト × ミスタープロスペクター系(ネイティブダンサー系)

過去の該当馬:ケイアイノーテック/ギベオン

サトノインプレッサ

父   :ディープインパクト(サンデーサイレンス系)
母父  :Sahm(ミスタープロスペクター系)
母母父 :Pleasant Tap(リボー系)
母母母父:Jolie Jo(ラウンドテーブル系)

この馬も切れる脚を使えそうな馬ですね。
ディープインパクトとミスプロという東京でも対応できそうな配合です。

毎日杯の伸び脚も良かったですし、東京の長い直線でぐいぐい伸びてくるシーンが想像できますね。
あと、意外ですが「リボー系」の血を持つ馬は良く好走していますので、強調材料です。(⑦パターン該当)

④ 父ヴァイスリージェント系 × ミスタープロスペクター系 or  ネイティブダンサー系

過去の該当馬:アエロリット/クラリティスカイ/アルビアーノ

ボンオムトゥック

父   :クロフネ(ヴァイスリージェント系)
母父  :ダイワメジャー(サンデーサイレンス系)
母母父 :Machiavellian(ミスタープロスペクター系)
母母母父: Bustino(バードキャッチャー系)

マイルだと少し短いくらいの印象がある馬で、前走のアーリントンカップも伸びるまでに時間を要していました。
サクセッションも同じようなタイプではありますが、サクセッションの場合は1,800mになって逆に末が甘くなった印象もあります。

追ったら追っただけどこまでも伸びるような感じがあります。
そして私も先ほど気が付いたのですが、前走で負けたのは位置取りを悪くして後方かつ外目のコースを回らされたことが原因なのではないかと考えています。

本来ならある程度前目の位置から長く良い脚を使うようなタイプとみています。
東京マイルでこその馬である可能性もありますね。

 

⑤ ミスタープロスペクター系(ネイティブダンサー系) × ミスタープロスペクター系(ネイティブダンサー系)

過去の該当馬:リエノテソーロ/アルビアーノ

今年は該当馬なし

⑥ 父サンデーサイレンス系 × ノーザンダンサー系(直系)

過去の該当馬:ロードクエスト/レインボーライン

ニシノストーム(×)

父   :リーチザクラウン(サンデーサイレンス系)
母父  :グランデラ(ダンジグ系)
母母父 :ジェイドロバリー(ミスタープロスペクター系)
母母母父: Stae de Naskra(ナスルーラ系)

血統的には向いている馬ではあります。
ただ、前走1,200mから来た馬が戦える相手であるとは思えません。

過去、大穴を開けたことがある「重馬場・不良馬場」での開催も現時点での東京競馬場の天気予報ではそこまでの
荒天は期待できません。

馬場が渋れば可能性は0ではないと思いますが、馬場が良ければ台頭する可能性は低いのではないかとみています。

⑦ サンデーサイレンス系 × リボー系

過去の該当馬:ケイデンスコール/カテドラル

今年の該当馬:サトノインプレッサ(上述)

FLL適性予想【第2章】ラップ編

想定されるペース

過去の傾向を見ると、平均ラップになりやすいレース。

しかも今年はある程度前に付けられる馬が多く、後ろに脚を使わせて粘り込むようなタイプが多いです。
(レシステンシア・ハーモニーマゼラン)

東京コースなので前傾ラップまでは想定するのは難しいと思いますが、
平均ラップを前提に早めのペースで対応できる馬を上位に取っていきたいと思います。

平均ラップ適性有

サトノインプレッサ(ロングスパート)

前傾ラップ適性有

ハーモニーマゼラン(前傾逃げ)
レシステンシア(前傾逃げ)
サクセッション(前傾差し)

後傾ラップ適性有

ボンオムトゥック(ロングスパート)

これらの馬たちを中心にしながら、2頭、血統とは別の観点で買い目に加えたいと思っています。
「ラウダシオン」「ストーンリッジ」「ルフトシュトローム」の3頭です。

ラウダシオンは母母父のストームキャットの血、リアルインパクトの父ディープインパクトとミスプロ系の良さをくみ取って評価をします。
ストーンリッジも母父フレンチデピュティが好走傾向にあることから評価したいと思っています。

またルフトシュトロームに関しては、3連勝実力と前傾ラップへの対応実績を評価したいです。

以上の馬たちで馬券を組みたいと思います。

結論

<予想印>

◎ ⑰サトノインプレッサ
〇 ⑫ボンオムトゥック
▲ ⑩ハーモニーマゼラン
☆ ⑧サクセッション
△ ③レシステンシア
△ ⑪ラウダシオン
△ ⑯ストーンリッジ
△ ⑭ルフトシュトローム

<買い目>

【ワイド】

⑰-③⑧⑩⑪⑫⑭⑯ 7点 各500円 計3.500円

⑰-③⑧⑩⑫ 4点 各500円 計2,000円

⑫-⑧⑩③ 3点 各100円 計300円

【馬単マルチ】

⑰⇔③⑧⑩⑪⑫⑭⑯ 14点 各300円 計4,200円

 

合計10,000円

 

以上で勝負したいと思います。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ