こんにちは、まっつんです。

マイラーズカップの予想をしていきます。
このレース、非常に難しいなと思っていて理由は「ランスオブプラーナの単騎逃げ」です。

去年もそうでしたが、このレースはレースの格の割に「スローペース」になる傾向がとても強いのです。
有力馬たちもみんな平均以上のタフなレースで好走している馬たちばかりなので、スローからの上がり勝負になった時にどの馬が台頭してくるのかが非常に読みづらいことが難しい。

過去のレースもスローからの上がり勝負になっているケースが過去3年あります。
このレースは正直ペースが上がる要素がないのです。

血統的に向いている馬を中心に、スローでも対応できそうな馬を中心に予想していきたいと思います。

それでは、予想に入っていきます。

↓新しい予想の方針を下記の記事にまとめましたので、ご一読頂ければ幸いです。

新予想法【Family Line Lap(FLL)適性予想】(血統・系統・ラップ予想)※収支公開中

 

<記事の更新を受け取りたい方へ>
更新は既に登録して頂けている方はLine@、これから更新案内を受け取りたい方はTwitterにてお知らせしていますので、フォロー&通知ONしてお待ち頂ければ幸いです。

<ウマモブ参加しました>
競馬ブログのまとめサイトです。クリックして応援をお願いします!

↑このボタンをクリック

これまでの反省・的中へのヒント

  • 前に回顧記事をしっかりと復習。(これがなかなかできない・・・)
  • トラックバイアスはあてにしすぎてはいけない。
  • 小頭数の場合は、1点勝負という選択もありなのではないか。
  • 当該コースでの勝利実績というのは、加点要素として考えるべき
  • 前走からの距離延長の逃げ、先行馬を見つけたら、ペースが上がるサイン!
  • 複勝、ワイドを上手に使うべし。
  • ハナに立ちたい馬が見当たらないときは先行馬が多くてもスローペースを疑え
  • 逆に過去ハナに立って好成績を挙げたことのある馬は近走逃げられていなくても、ハナ切るかも!?
  • 過去に好走した実績があれば、適性は複数あると判断すべし。
  • ペース予測に全力を尽くせ。それが的中への近道である。
  • 血統はあくまで付加情報として取り扱う。ベースはラップ予想で。
  • 勝てていない外国人ジョッキーは軸にすべきではない。(目安:G1勝ちの有無)
  • トライアルレースはスローペースになりやすく、本番はハイペースになりやすい。←3回目
  • 内枠の差し馬はコースにもよるが、包まれるリスクを考えると避けた方が良い。
  • 堅いと思われるレースは無理に手を広げるな
  • 次走狙えそうな馬は記事にしてストックしておく
  • トラックバイアスを検討する(過去傾向で枠順の有利不利がなかったか?/前週・当週の馬場傾向はどうか?)
  • 不良馬場のハンデ戦は軽ハンデ馬を狙え。
  • 不良馬場は10番手以内のポジション取りが大切。
  • 近走で出遅れ気味な馬は、出遅れ癖を疑っておくべし。(EX:阪神大賞典キセキ)
  • 3連単禁止、馬単マルチ・ワイドに資金集中させて的中・回収率向上を目指す。
  • 競馬場の水はけについて、どこかでまとめてみたい。
  • 前傾ラップの場合は、瞬発系ラップ適性の高い馬の評価を見直せ
  • ノーザンファーム外厩神話は絶対ではなくなってきている。
  • 3歳→5歳の馬の成長力を侮るなかれ※特に牝馬(ラッキーライラック/クロノジェネシス/リスグラシューなど)
  • 条件戦上がりの1番人気は信用してはならない。
  • 重賞を勝っている無敗馬は評価すべき。(皐月賞コントレイル等、傾向関係なく走る可能性が高いため)

FLL予想【第1章】血統編

過去の好走血統

過去の傾向はこちらの記事にて分析をしております。

マイラーズカップ【G2】<2020>好走血統傾向/過去ラップ傾向/コース分析

上記記事においても分析をしましたが、過去5年における好走血統は以下の通りです。

 

サンデーサイレンス系×ナスルーラ系×欧州ノーザンダンサー系(9頭/15頭)

①4世代目までに「サンデーサイレンス系」「ナスルーラ系」「欧州ノーザンダンサー系」内包している馬に好走傾向あり。

サンデーサイレンス系・ヘイロー系×ロベルト系×欧州ノーザンダンサー系(2頭/15頭)

②4世代目までに「サンデーサイレンス系orヘイロー系」「ロベルト系」「欧州ノーザンダンサー系」内包している馬に好走傾向あり。

ヴァイスリージェント系×サンデーサイレンス系×ナスルーラ系(2頭/15頭)

③4世代目までに「サンデーサイレンス系」「ナスルーラ系」「ヴァイスリージェント系」内包している馬に好走傾向あり。

その他イレギュラーパターン(2頭/15頭)

④4世代目までに欧州ノーザンダンサー系×ストームキャット系×ミスタープロスペクター系を内包

⑤4世代目までにキングマンボ系×バードキャッチャー系(ナスルーラ系)を内包

上記5パターンの血統を保持する馬が、好走傾向にあります。

出走馬の血統分析

 

パターンに合致した馬を1頭ずつ見ていきたいと思います。

①サンデーサイレンス系×ナスルーラ系×欧州ノーザンダンサー系(9頭/15頭)

過去の該当馬:エアスピネル/ヤングマンパワー/ダノンシャーク/クラレント/レッドアリオン/サンライズメジャー/フィエロ

カルヴァリオ

父   :マツリダゴッホ(サンデーサイレンス系)
母父  :ペンタイア(ノーザンダンサー系)
母母父 :ミホシンザン(セントサイモン系)
母母母父:ファバージ(プリンスリーギフト系)

好走血統の筆頭となる、サンデー×欧州ノーザン×ナスルーラというパターンに該当しています。
この馬近走1200mなどを走っていますが、去年のスーパーレコードが出た京成杯AHにおいて、4着の実績があります。

持ちタイム1分31秒0もマイルでは最速でしょう。
ラップ適性が少し合わないですが、1200mからの距離延長の為、おそらく先行ポジションが取れると思われます。

そうなればスピードを生かして粘り込むというシーンも可能性ありと見ます。
マイペースで逃げるランスオブプラーナの3番手あたりを追走して、粘り込んで欲しいです。

ヴァンドギャルド

父   :ディープインパクト(サンデーサイレンス系)
母父  :Motivator(サドラーズウェルズ系)
母母父 :クエストフォーフェイム(プリンスリーギフト系)
母母母父:デインヒル(ダンチヒ系)

この馬も好走傾向のある血統の馬です。
前走はネタかと思われる内容で出遅れたので度外視(両サイドの牝馬に興奮したらしいですよ)

②サンデーサイレンス系・ヘイロー系×ロベルト系×欧州ノーザンダンサー系(2頭/15頭)

過去の該当馬:ダノンプレミアム/グァンチャーレ

ロードクエスト

父   :マツリダゴッホ(サンデーサイレンス系)
母父  :チーフベアハート(ダンジグ系)
母母父 :リアルシャダイ(ロベルト系)
母母母父:ノーザンテースト(ノーザンダンサー系)

近走不調のため買いどころが難しいですが、血統的な適性に当てはまっているので、押さえておきたい1頭です。
過去スワンステークス等で好走している京都芝コースなので、復活するならここである可能性は否定できません。

③ヴァイスリージェント系×サンデーサイレンス系×ナスルーラ系(2頭/15頭)

過去の該当馬:サングレーザー/パクスアメリカーナ

今回該当馬なし。

④欧州ノーザンダンサー系×ストームキャット系×ミスタープロスペクター系

過去の該当馬:モズアスコット

ランスオブプラーナ

父   :ケープブランコ(サドラーズウェルズ系)
母父  :マンハッタンカフェ(サンデーサイレンス系)
母母父 :スプレンディドモーメント(ストームキャット系)
母母母父:クラウンドプリンス(ネイティブダンサー系)

この馬、展開がとても向きそうで期待したい1頭です。
逃げたい馬はこの馬1頭だけ。

その他の馬たちはみんな番手移行の競馬をする上、ペースを上げたい先行馬もいません。
開幕週の京都競馬場で単騎マイペースの逃げを繰り出した時にどこまで粘れるか。

スローのロングスパート戦が得意な馬なので、しっかり脚を溜めて行った行ったで粘って欲しいと思っています。

⑤4世代目までにキングマンボ系×バードキャッチャー系(ナスルーラ系)を内包

過去該当馬:クルーガー/エアスピネル

レッドヴェイロン

父   :キングカメハメハ(キングマンボ系)
母父  :ダンシングブレーヴ(リファール系)
母母父 :テスコボーイ(プリンスリーギフト系)
母母母父:Tom Rolfe(リボー系)

お兄さんたち2頭(レッドアリオン・クラレント)も馬券に入っている、マイラー家系の出身です。

レッドヴェイロンお兄さんたちと違うのは「サンデーサイレンス系」の血が入っていないことです。
その結果、好走血統にも該当しにくくなってしまっているという結果。

ただ、ラップ適性は向きそうなので重めの印を打ちたい1頭です。

FLL適性予想【第2章】ラップ編

想定されるペース

今回、逃げる馬が1頭しかいません。

そう、ランスオブプラーナ。
最近は逃げたくても前が速い馬が多く、ハイペースにならざるを得ないまま、最後まで持たないレースが続いています。

しかし本来はマイペースで脚を溜めて粘り込むスタイルの馬ですから、ここは絶好のチャンスだと思います。

そのランスオブプラーナがスローな流れを作った前提で考えると、後傾ラップの馬もしくは前目から粘り込むような形での前残りが考えられます。

そういった馬たちを狙っていきたいと思います。

後傾ラップ適性有

ランスオブプラーナ(ロングスパート)
レッドヴェイロン(ロングスパート)

平均ラップ適性有

ヴァンドギャルド(瞬発力)

前傾ラップ適性有

カルヴァリオ(バテ差し)
ロードクエスト(バテ差し)

これらの馬に一応怖いのでインディチャンプだけ紐に加えて買い目を組んでいきます。

結論

<予想印>

◎ ②ランスオブプラーナ
〇 ⑦ヴァンドギャルド
▲ ⑫レッドヴェイロン
☆ ⑧カルヴァリオ
△ ①インディチャンプ
△ ⑥ロードクエスト

<買い目>

【ワイド】

②-①⑥⑦⑧⑫ 5点 各1200円 計6,000円

②-⑦⑧⑫   3点 各300円 計900円

【馬単マルチ】

②⇔①⑥⑦⑧⑫ 10点 各300円 計3,000円

【単勝】

② 100円

合計10,000円

 

以上で勝負したいと思います。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ