こんにちは、まっつんです。

今日は金鯱賞の過去の傾向を見ていきます。

 

大阪杯、香港などG1へ向けたステップレースとして、有力馬が多く参戦していますね。
去年はダノンプレミアムとリスグラシューがワンツーと、秋のG1で主役級の馬たちが活躍しています。

今年はサートゥルナーリアが圧倒的1番人気に応えられるのか、過去の傾向からヒントを見出していきましょう。

それでは過去5年の分析に入っていきます。

<記事の更新を受け取りたい方へ>

更新は既に登録して頂けている方はLine@、これから更新案内を受け取りたい方はTwitterにてお知らせしていますので、フォロー&通知ONしてお待ち頂ければ幸いです。

 

 

過去5年のレース分析(レースラップ/好走血統/前走距離・ローテ)

過去5年のレースラップと馬券内に入った馬の父・母父馬を挙げます。

私の予想は適性に合う馬を探しだすという考え方なので精度を高めていくために「血統の切り口」も加えていきます。

また今週から前走ローテ・距離にも注目してデータを集めるようにしましたので、参考にしていただけたら幸いです。

【レースラップを見る際の注意点】
前半2F目のラップは最速ラップとしてはカウントしません。2F目以外での最速ラップを赤文字にします。
→なぜなら前半2Fまではポジション争いがある為、ほとんどのレースで2F目が最速ラップになるからです。

【2019年】 後傾瞬発力

着順 馬名 母父 前走距離・クラス
着順
1 ダノンプレミアム ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Intikhab
(ロベルト系)
芝2,400m
東京優駿
(G1)
6着
2 リスグラシュー ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
AmericanPost
(ネイティブダンサー系)
芝2,400m
香港ヴァーズ
(G1)2着
3 エアウインザー キングカメハメハ
(キングマンボ系)
サンデーサイレンス
(サンデーサイレンス系)
芝2,000m
チャレンジC
G3
1着
ハロンタイム 12.7 – 10.8 – 12.1 – 12.5 – 12.9 – 12.3 – 12.2 – 11.6 – 11.3 – 11.7
前後半ラップ 前半3F.35.6- 後半3F35.1

 

【2018年】 後傾ロングスパートラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス
着順
1 スワーヴリチャード ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
Unbridled’s Song
(ミスタープロスペクター系)
芝2,500m
有馬記念(G1)4着
2 サトノノブレス ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
トニービン
(グレイソヴリン系)
芝2,400m
凱旋門賞
16着
3 サトノダイヤモンド ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Orpen
(ダンジグ系)
芝2,400m
凱旋門賞
15着
ハロンタイム 13.3 – 11.9 – 13.1 – 12.9 – 11.8 – 12.4 – 12.0 – 11.411.2 – 11.6
前後半ラップ 前半3F 36.9 – 後半3F 35.4

 

【2017年】後傾瞬発力ラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス
着順
1 ヤマカツエース キングカメハメハ
(キングマンボ系)
グラスワンダー(ロベルト系) 芝2,500m
有馬記念(G1)
4着
2 ロードヴァンドール ダイワメジャー
(サンデーサイレンス系)
StormCat
(ストームキャット系)
芝1,800m
小倉大賞典(G3)
4着
3 スズカデヴィアス キングカメハメハ
(キングマンボ系)
サンデーサイレンス (サンデーサイレンス系) 芝2,000m
白富士S(OP)1着
ハロンタイム 12.9 – 12.3 – 12.6 – 12.4 – 12.2 – 12.1 – 11.8 – 11.3 – 11.8
前後半ラップ 前半3F 37.8 – 後半3F 34.9

 

【2016年】 後傾ロングスパートラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス
着順
1 ヤマカツエース キングカメハメハ
(キングマンボ系)
グラスワンダー
(ロベルト系)
芝2,000m
天皇賞秋
15着
2 パドルウィール クロフネ
(ヴァイスリージェント系)
サンデーサイレンス
(サンデーサイレンス系)
芝1,800m
八坂特別(1600万下)
4着
3 シュンドルボン ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
エルコンドルパサー
(キングマンボ系)
芝2,200m
エリザベス女王杯(G1)
6着
3
(同着)
サトノノブレス ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
トニービン
(グレイソヴリン系)
芝2,000m
天皇賞秋(G1)9着
ハロンタイム 12.6 – 11.0 – 12.7 – 12.7 – 12.5 – 12.6 – 11.6 – 11.311.2 – 11.5
前後半ラップ 前半3F 36.3 – 後半3F 34.0

 

【2015年】 平均瞬発力ラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス
着順
1 ミトラ シンボリクリスエス
(ロベルト系)
サンデーサイレンス
(サンデーサイレンス系)
芝2,000m
福島記念【G3 】
2着
2 ディサイファ ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Dubai Millennium
(ミスタープロスペクター系)
芝2,000m
天皇賞秋(G1)3着
3 サトノノブレス ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
トニービン
(グレイソヴリン系)
芝2,500m
アルゼンチン共和国杯(G2)4着
ハロンタイム 12.4 – 10.6 – 12.4 – 12.0 – 12.2 – 12.3 – 12.0 – 11.8 – 11.1 – 12.0
前後半ラップ 前半3F 35.4 – 後半3F 34.9

中京芝2,000m特徴

正面スタンド前の直線やや左、上り坂の途中からのスタートでコースを1周する。

スタートから向こう正面半ばまで緩い上り坂が続く。
その後3~4コーナーにかけては緩やかな下り坂。

最後の直線は412.5mで残り340m地点から240m地点にかけて高低差2mの急坂が設けられている。
ラスト240mは平坦。

(netkeibaコース分析より引用)

本レースの傾向

ラップ傾向

基本的にスロー~平均ペースで流れるコースで瞬発力勝負になるレースが多い。

ロングスパート勝負になるのは、中盤どれだけペースが緩むかにかかっており、脚に余裕があればあるほど早仕掛け気味にスパートに入っていく傾向があります。

残り2Fに高低差2mの急坂が待ち構えていますが、それで上がりがかかるというわけでもないようで、パワーがある馬が力強く駆け上がっていくというイメージでしょう。

瞬発力に長けた馬を上位にとって考えたいと思います。
(パワー面は血統のほうが評価していきます。)

<高評価馬(上方修正)>

「後傾瞬発力」「平均瞬発力」

<下方修正>

「前傾差し」

血統傾向

サンデーサイレンスの血を持っている馬が14/16頭。

ここも瞬発力が求められるという観点からサンデーサイレンスやキングカメハメハの血が好走していますね。

サンデーサイレンス系orキングマンボ系の血は大前提として、相手には以下のような馬の血が入るのは好印象です。

・キングマンボ
・ミスタープロスペクター
・ロベルト
・ヴァイスリージェント
・グレイソヴリン

<上方修正>

・キングマンボ
・ミスタープロスペクター
・ロベルト
・ヴァイスリージェント
・グレイソヴリン

<下方修正>

・サンデーサイレンスorキングマンボの血を持たない馬は大幅減点

前走距離・クラスの傾向

前走G1の馬が10頭/16頭

それか前走重賞勝ちの馬は高く評価します。

前走距離は1800m以上ほしいところです。

<上方修正>

前走G1出走
前走重賞勝ち

<下方修正>
1800m以下からの距離延長

 

以上、金鯱賞の過去傾向の分析でした。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ