こんにちは、まっつんです。

明日は福島牝馬Sですね。過去の傾向を分析した結果、血統面でとてもはっきりした傾向が出ていました。

欧州ノーザンダンサー系の血がほぼ必須であるということ。
特に「サドラーズウェルズ・ニジンスキー・ノーザンダンサー直系」の3系統を持っている馬が好走しています。

この大前提に立って思い切って買い目を絞り、的中させてやろうと思っています。
またペースもそこそこ早くなりそうなので、適性のある馬にしっかりと重い印を打って小点数で勝負していくつもりです。

それでは、予想に入っていきます。

↓新しい予想の方針を下記の記事にまとめましたので、ご一読頂ければ幸いです。

新予想法【Family Line Lap(FLL)適性予想】(血統・系統・ラップ予想)※収支公開中

 

<記事の更新を受け取りたい方へ>
更新は既に登録して頂けている方はLine@、これから更新案内を受け取りたい方はTwitterにてお知らせしていますので、フォロー&通知ONしてお待ち頂ければ幸いです。

<ウマモブ参加しました>
競馬ブログのまとめサイトです。クリックして応援をお願いします!

↑このボタンをクリック

これまでの反省・的中へのヒント

  • 前に回顧記事をしっかりと復習。(これがなかなかできない・・・)
  • トラックバイアスはあてにしすぎてはいけない。
  • 小頭数の場合は、1点勝負という選択もありなのではないか。
  • 当該コースでの勝利実績というのは、加点要素として考えるべき
  • 前走からの距離延長の逃げ、先行馬を見つけたら、ペースが上がるサイン!
  • 複勝、ワイドを上手に使うべし。
  • ハナに立ちたい馬が見当たらないときは先行馬が多くてもスローペースを疑え
  • 逆に過去ハナに立って好成績を挙げたことのある馬は近走逃げられていなくても、ハナ切るかも!?
  • 過去に好走した実績があれば、適性は複数あると判断すべし。
  • ペース予測に全力を尽くせ。それが的中への近道である。
  • 血統はあくまで付加情報として取り扱う。ベースはラップ予想で。
  • 勝てていない外国人ジョッキーは軸にすべきではない。(目安:G1勝ちの有無)
  • トライアルレースはスローペースになりやすく、本番はハイペースになりやすい。←3回目
  • 内枠の差し馬はコースにもよるが、包まれるリスクを考えると避けた方が良い。
  • 堅いと思われるレースは無理に手を広げるな
  • 次走狙えそうな馬は記事にしてストックしておく
  • トラックバイアスを検討する(過去傾向で枠順の有利不利がなかったか?/前週・当週の馬場傾向はどうか?)
  • 不良馬場のハンデ戦は軽ハンデ馬を狙え。
  • 不良馬場は10番手以内のポジション取りが大切。
  • 近走で出遅れ気味な馬は、出遅れ癖を疑っておくべし。(EX:阪神大賞典キセキ)
  • 3連単禁止、馬単マルチ・ワイドに資金集中させて的中・回収率向上を目指す。
  • 競馬場の水はけについて、どこかでまとめてみたい。
  • 前傾ラップの場合は、瞬発系ラップ適性の高い馬の評価を見直せ
  • ノーザンファーム外厩神話は絶対ではなくなってきている。
  • 3歳→5歳の馬の成長力を侮るなかれ※特に牝馬(ラッキーライラック/クロノジェネシス/リスグラシューなど)
  • 条件戦上がりの1番人気は信用してはならない。
  • 重賞を勝っている無敗馬は評価すべき。(皐月賞コントレイル等、傾向関係なく走る可能性が高いため)

FLL予想【第1章】血統編

過去の好走血統

過去の傾向はこちらの記事にて分析をしております。

福島牝馬S【G3】<2020>好走血統傾向/過去ラップ傾向/コース分析

上記記事においても分析をしましたが、過去5年における好走血統は以下の通りです。

 

ニジンスキー・サドラーズウェルズ・ノーザンダンサー直系を保持している

①4世代目までにニジンスキー系・サドラーズウェルズ系・ノーザンダンサー直系を保有している。

ナスルーラ系を2世代保持

②4世代目までにナスルーラ系(レッドゴッド・プリンスリーギフト・ボールドルーラー・グレイソヴリン・ネヴァーベンド等)を2世代保持

キングマンボ系を保持していないこと

③キングマンボ系を保持していない(していたら除外)

 

シンプルですが、この3つの条件を満たす馬を見つけていきたいと思います。

出走馬の血統分析

パターンに合致した馬を1頭ずつ見ていきたいと思います。

①4世代目までにニジンスキー系・サドラーズウェルズ系・ノーザンダンサー直系を保有している。

過去の該当馬:デンコウアンジュ/フローレスマジック/ダノングレース/キンショーユキヒメ/カワキタエンカ/ウキヨノカゼ/フロンテアクイーン/マコトブリジャール/オツウ/リラヴァティ/メイショウスザンナ

エスポワール

父   :オルフェーヴル(サンデーサイレンス系)
母父  :シンボリクリスエス(ロベルト系)
母母父 :トニービン(グレイソヴリン系)
母母母父:Sadler’s Wells(サドラーズウェルズ系)

おそらくこの馬が一番人気になるでしょう。
メンバー的にも恵まれていますので、主役を張れる1頭だと思います。

Sadler’s Wellsの血が少し遠いのが気になります。
凡走はしないと思いますが、妙味はあまりなさそうな感じですね。

サラキア

父   :ディープインパクト(サンデーサイレンス系)
母父  :Lomitas(ニジンスキー系)
母母父 :タイガーヒル(ダンジグ系)
母母母父:Alkalde(バードキャッチャー系)

先週の皐月賞2着馬のサリオスの半姉ですね。
ニジンスキーは持っていますが、少し軽めなイメージもあります。

良血で毎度人気になるタイプの馬ですし、先週の皐月賞の印象もあるので更に人気しそうです。ラップ的にはスロー瞬発タイプなのでモルフェオルフェが引っ張る今回の流れでは向かないと思います。

過去3戦連続で馬券になっていませんから、紐で少額に押さえる程度が良いのではないかと思っています。

ダノングレース

父   :ディープインパクト(サンデーサイレンス系)
母父  :Oratorio(ダンジグ系)
母母父 :エルナンド(ニジンスキー系)
母母母父:Cearleon(ニジンスキー系)

欧州ノーザンダンサー系がトリプルで重なっているというのに好感が持てます。
昨年3着馬ですし、今回も軽視は禁物だと思います。
去年は条件戦を強い勝ち方で勝ち上がってきていましたが、今年は人気薄。

ここは絶好の狙い目と言っても過言ではありません。

デンコウアンジュ

父   :メイショウサムソン(サドラーズウェルズ系)
母父  :マリエンバード(ニジンスキー系)
母母父 :サンデーサイレンス(サンデーサイレンス系)
母母母父:パーソロン(マイバブー系)

去年の優勝馬で、今年に入って7歳にも関わらず愛知杯1着、中山牝馬S4着と好走を続けています。この安定感で得意舞台になれば、期待せずにはいられません。

7歳というのが嫌われて人気にならないようなら美味しいと思います。
歳を重ねて安定してきたというコメントも頼もしい限り。

この馬はペース関係なく、好走できるタイプです。
ハイペースが苦手な人気馬を尻目に直線で鋭い差し脚を発揮してくれるのに期待したいと思います。

ハーレムライン

父   :マンハッタンカフェ(サンデーサイレンス系系)
母父  :グルームダンサー(レッドゴッド系)
母母父 :ノーザンテースト(ノーザンダンサー系)
母母母父:エルセンタウロ(バードキャッチャー系)

この馬はクラシックにも出走していますね。
紫苑S(2000m)では5着に健闘。その後はマイルを中心に使われてきていますが、
距離延長がもしかしたらよい方向に働くかも。

この馬の過去をみていても、アネモネSや谷川岳Sを勝っていたのは3~5月。
春先に調子を上げてくるタイプかもしれないので、要注意な1頭。

血統的に、母父のレッドゴッドと母母母父のバードキャッチャーのダブルナスルーラ系(広義)は
このレースで相性も良いですし、最低人気だとしても買いたい1頭です。

フィリアプーラ

父   :ハービンジャー(ダンジグ系)
母父  :サンデーサイレンス(サンデーサイレンス系)
母母父 :サクラユタカオー(プリンスリーギフト系)
母母母父:ノーザンテースト(ノーザンダンサー系)

前走は泥んこ馬場で大敗。
それで人気を落としていますが、ターコイズSで4着、紫苑Sで5着と惜しい競馬を続けている馬です。

1歩足りない部分を血統の後押しで好走してくれる可能性もあるとみています。
ノーザンテーストとナスルーラ系のサクラユタカオー、父のダンチヒ系もよりノーザンダンサー系の強味を増幅させてくれるんじゃないでしょうか。

 

リープフラウミルヒ

父   :ステイゴールド(サンデーサイレンス系)
母父  :クロフネ(ヴァイスリージェント系)
母母父 :メジロマックイーン(マイバブー系)
母母母父:Nijinsky(ニジンスキー系)

この馬の強味は「平坦コース」での崩れがないこと。
坂のあるコースは苦手らしいので、中山で好走し、力をつけている中得意な条件になれば、
一発あっても可笑しくはありませんよね。

押さえにはなりますが、馬券には入れておきます。

②4世代目までにナスルーラ系(レッドゴッド・プリンスリーギフト・ボールドルーラー・グレイソヴリン・ネヴァーベンド等)を2世代保持

過去の該当馬:クインズミラーグロ/スイートサルサ/シャルール

今回はハーレムラインのみ該当

③キングマンボ系を保持していない(していたら除外)

今回該当馬は以下の通りです。

  • アロハリリー(母父キングカメハメハ)
  • フェアリーポルカ(父ルーラーシップ)
  • モルフェオルフェ(母父キングカメハメハ)

過去の傾向に従い、こちらの馬たちは今回買い目から外そうと思います。

FLL適性予想【第2章】ラップ編

想定されるペース

ハイペースメーカーのモルフェオルフェがいるだけでなく、突っついていくくらい強気のリュヌルージュがいますから、ある程度早い流れになることは想像にたやすいです。

過去5年中3年にわたって前傾ラップになっているので、今回も前傾→平均→後傾という評価付けで考えていきます。

前傾ラップ適性有

デンコウアンジュ(バテ差し※瞬発力もあり末脚堅実)
フィリアプーラ(バテ差し)

平均ラップ適性有

エスポワール(瞬発力)
ダノングレース(瞬発力)
ハーレムライン(ロングスパート)
リープフラウミルヒ(ロングスパート)

後傾ラップ適性

サラキア(瞬発力)

結論

<予想印>

◎ ⑪デンコウアンジュ
〇 ②フィリアプーラ
▲ ①エスポワール
☆ ⑩ハーレムライン
△ ⑧ダノングレース
△ ⑤リープフラウミルヒ
× ③サラキア

<買い目>

【ワイド】

⑪-①②③⑤⑧⑩ 6点 各500円 計3,000円

⑪-①②⑧⑩   4点 各500円 計2,000円

⑪-②⑩     2点 各500円 計1,000円

【馬単マルチ】

⑪⇔①②③⑤⑧⑩ 12点 各200円 計2,400円

⑪⇔①②⑧⑩   8点 各200円 計1,600円

合計10,000円

 

以上で勝負したいと思います。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ