こんにちは、まっつんです。

福島牝馬S、残念な結果になりました・・・
デンコウアンジュ、どこ行った!?という感じです。

2着のリープフラウミルヒは押さえていたのですが、軸が来なければだめですね。

フローラSは軸をしっかりと定めて的中させたいと思います。

それでは、予想に入っていきます。

↓新しい予想の方針を下記の記事にまとめましたので、ご一読頂ければ幸いです。

新予想法【Family Line Lap(FLL)適性予想】(血統・系統・ラップ予想)※収支公開中

 

<記事の更新を受け取りたい方へ>
更新は既に登録して頂けている方はLine@、これから更新案内を受け取りたい方はTwitterにてお知らせしていますので、フォロー&通知ONしてお待ち頂ければ幸いです。

<ウマモブ参加しました>
競馬ブログのまとめサイトです。クリックして応援をお願いします!

↑このボタンをクリック

これまでの反省・的中へのヒント

  • 前に回顧記事をしっかりと復習。(これがなかなかできない・・・)
  • トラックバイアスはあてにしすぎてはいけない。
  • 小頭数の場合は、1点勝負という選択もありなのではないか。
  • 当該コースでの勝利実績というのは、加点要素として考えるべき
  • 前走からの距離延長の逃げ、先行馬を見つけたら、ペースが上がるサイン!
  • 複勝、ワイドを上手に使うべし。
  • ハナに立ちたい馬が見当たらないときは先行馬が多くてもスローペースを疑え
  • 逆に過去ハナに立って好成績を挙げたことのある馬は近走逃げられていなくても、ハナ切るかも!?
  • 過去に好走した実績があれば、適性は複数あると判断すべし。
  • ペース予測に全力を尽くせ。それが的中への近道である。
  • 血統はあくまで付加情報として取り扱う。ベースはラップ予想で。
  • 勝てていない外国人ジョッキーは軸にすべきではない。(目安:G1勝ちの有無)
  • トライアルレースはスローペースになりやすく、本番はハイペースになりやすい。←3回目
  • 内枠の差し馬はコースにもよるが、包まれるリスクを考えると避けた方が良い。
  • 堅いと思われるレースは無理に手を広げるな
  • 次走狙えそうな馬は記事にしてストックしておく
  • トラックバイアスを検討する(過去傾向で枠順の有利不利がなかったか?/前週・当週の馬場傾向はどうか?)
  • 不良馬場のハンデ戦は軽ハンデ馬を狙え。
  • 不良馬場は10番手以内のポジション取りが大切。
  • 近走で出遅れ気味な馬は、出遅れ癖を疑っておくべし。(EX:阪神大賞典キセキ)
  • 3連単禁止、馬単マルチ・ワイドに資金集中させて的中・回収率向上を目指す。
  • 競馬場の水はけについて、どこかでまとめてみたい。
  • 前傾ラップの場合は、瞬発系ラップ適性の高い馬の評価を見直せ
  • ノーザンファーム外厩神話は絶対ではなくなってきている。
  • 3歳→5歳の馬の成長力を侮るなかれ※特に牝馬(ラッキーライラック/クロノジェネシス/リスグラシューなど)
  • 条件戦上がりの1番人気は信用してはならない。
  • 重賞を勝っている無敗馬は評価すべき。(皐月賞コントレイル等、傾向関係なく走る可能性が高いため)

FLL予想【第1章】血統編

過去の好走血統

過去の傾向はこちらの記事にて分析をしております。

フローラS【G2】<2020>好走血統傾向/過去ラップ傾向/コース分析

上記記事においても分析をしましたが、過去5年における好走血統は以下の通りです。

 

 

 

①4世代目までにサンデーサイレンス系×ミスタープロスペクター系を内包(5頭/15頭)

②4世代目までにサンデーサイレンス系×キングマンボ系×ナスルーラ系を内包(3頭/15頭)

③4世代目までに欧州ノーザンダンサー系×米国ノーザンダンサー系を内包(4頭/15頭)

④4世代目までにサンデーサイレンス系×ナスルーラ系or欧州ノーザンダンサー系×オールド血統を内包(3頭/15頭)

上記4パターンの血統を保持する馬が、好走傾向にあります。

出走馬の血統分析

パターンに合致した馬を1頭ずつ見ていきたいと思います。

①4世代目までにサンデーサイレンス系×ミスタープロスペクター系を内包(5頭/15頭)

過去の該当馬:ウィクトーリア/サトノワルキューレ/フローレスマジック/アウェイク/ノームコア

セイウンヴィーナス

父   :カレンブラックヒル(サンデーサイレンス系)
母父  :ダンスインザダーク(サンデーサイレンス系)
母母父 :ヘクタープロテクター(ミスタープロスペクター系)
母母母父:ミスターシービー(プリンスリーギフト系)

クイーンC3着馬。
東京競馬場での好走経験があるというのは魅力的。

ただし、前回の好走理由が「なぜなのか?」未だにわからずにいます。
展開に恵まれたのか、ペースが良かったのか。

そのあたりが明確になるまでは自信を持って軸に据えることは難しいです。
あっさりポカする可能性もありますので、押さえまでとします。

シャンドフルール(×)

父   :キズナ(サンデーサイレンス系)
母父  :Gone West(ミスタープロスペクター系)
母母父 :Zilzal(ヌレイエフ系)
母母母父:Irish River(ネヴァーベンド系)

この馬、血統面ではばっちりなんですが、前走12着という大敗があまり過去の傾向と合致しないため、除外としようと思います。

ショウナンハレルヤ

父   :キズナ(サンデーサイレンス系)
母父  :クロフネ(ヴァイスリージェント系)
母母父 :エンドスウィープ(ミスタープロスペクター系)
母母母父:デインヒル(ダンジグ系)

この馬の前走大敗してしまっている、実績面でのマイナスが気になります。
過去の好走馬たちは悪くても8着以内にとどまっている馬が多いので、ここからどこまで巻き返せるかですね。

とは言え、前走は良い手ごたえから内で詰まって失速するという実力負けではない要素も秘めていますので、買い目に入れて損はない馬であると考えます。

あとは外枠の不利があるので、そこも割引ではありますが、買い目には入れます。

ヒューマンコメディ

父   :ハーツクライ(サンデーサイレンス系)
母父  :ウォーエンブレム(ミスタープロスペクター系)
母母父 :エルコンドルパサー(キングマンボ系)
母母母父:Fabulous Dancer(ノーザンダンサー系)

前走、中山の2000mを大外ぶん回しで差し切った面白い馬です。
この馬、手前が右より左の方がスムーズだそうなので、もしかしたら一発あるかもしれませんよ。

②4世代目までにサンデーサイレンス系×キングマンボ系×ナスルーラ系を内包(3頭/15頭)

過去の該当馬:ディアマイダーリン/マキシマムドパリ

スカイグルーヴ

父   :エピファネイア(ロベルト系)
母父  :キングカメハメハ(キングマンボ系)
母母父 :サンデーサイレンス(サンデーサイレンス系)
母母母父:トニービン(グレイソヴリン系)

現在1番人気。確かに東京競馬場の新馬戦はとても強烈な印象で2戦目の京成杯もあっさりと抜け出して、最後差されたものの2着。

抜け出すとソラを使う癖があるので、東京競馬場の長い直線でどれだけの粘りが使えるかがポイントだと思います。

抜け出して、ソラを使っている間に何か別の馬にやられるなんてことも可能性としては十分ありますので、押さえ評価としようと思います。

フアナ

父   :ルーラーシップ(キングマンボ系)
母父  :サンデーサイレンス(サンデーサイレンス系)
母母父 :シンボリクリスエス(ロベルト系)
母母母父:トニービン(ヴァイスリージェント系)

スカイグルーヴと同じような配合ですね。
この馬、レベルの高いレースを続けていますから、十分勝負になると思います。

新馬戦はあのアドマイヤビルゴに0.1秒差。
次走の未勝利戦で負かした2着馬も次戦であっさり勝ち上がっています。

ただ、東京2,000mにおいて外枠はかなりの不利になります。
この点を考えると押さえ評価までが妥当かと思います。

レッドルレーヴ

父   :キングカメハメハ(キングマンボ系)
母父  :ディープインパクト(サンデーサイレンス系)
母母父 :トニービン(ヴァイスリージェント系)
母母母父:ノーザンテースト(ノーザンダンサー系)

この馬の前走、フラワーカップで負かしたシーズンズギフトはその後ニュージーランドトロフィーで2着に好走。

1着馬は展開に恵まれた感もありましたから、しっかりと追いつめたこの馬には好感が持てます。中山競馬場より東京の長い直線が合っていそうなのでここは期待したいですね。

新馬戦はサトノフラッグを負かしているんですね。

ヴォリアーモ

父   :ルーラーシップ(キングマンボ系)
母父  :アドマイヤベガ(サンデーサイレンス系)
母母父 :サクラユタカオー(プリンスリーギフト系)
母母母父:ノーザンテースト(ノーザンダンサー系)

この馬のお母さん、リビアーモは東京競馬場が得意だった印象があります。
1400mあたりが主戦場だったと思いますが、後方から確かな末脚を繰り出していた印象を思い出しました。

そんなお母さんを持ちながら2400mのゆりかもめ賞で好走してきているのは面白いですね。
おそらくルーラーシップのスタミナが色濃く出ているのでしょう。

押さえにはなりますが、血統も向いているので馬券購入対象とします。

③4世代目までに欧州ノーザンダンサー系×米国ノーザンダンサー系を内包(4頭/15頭)

過去の該当馬:ジョディー/ノームコア/フローレスマジック/ヤマカツグレース

今回該当:ショウナンハレルヤ(上述)

④4世代目までにサンデーサイレンス系×ナスルーラ系or欧州ノーザンダンサー系×オールド血統を内包(3頭/15頭)

過去の該当馬:シャドウディーヴァ/シングウィズジョイ/マキシマムドパリ

エレヴァテッツァ

父   :ディープインパクト(サンデーサイレンス系)
母父  :トニービン(グレイソヴリン系)
母母父 :Nureyev゙(ヌレイエフ系)
母母母父:High Line(゙ハイペリオン系)

この馬もトニービンを持っており東京競馬場に向きそうな1頭ですね。
なかなかの良血だと思いますし、ラップも東京向きです。

期待できると思います。

ウィスパリンホープ(×)

父   :ハーツクライ(サンデーサイレンス系)
母父  :Cape Cross(ダンジグ系)
母母父 :Great Nephew(バードキャッチャー系)
母母母父:ハイハット(ハイペリオン系)

この馬のストロングポイントがあまり見当たりません。
速い上がりの実績があるわけでもありませんし、ここは見送りにしようと思います。

FLL適性予想【第2章】ラップ編

想定されるペース

過去の傾向や今回のメンバー構成を見る限り、ハナを切ろうとする馬がほぼいないに等しいです。スカイグルーヴも本当はハナに行きたいというわけではなく、あくまで前目のポジションで折り合いたいというだけなので、先行争いの激化は期待できません。

後傾ラップ、瞬発力・ロングスパート両建てで評価したいと思います。

後傾ラップ適性有

スカイグルーヴ(ロングスパート)
エレヴァテッツァ(ロングスパート)
ショウナンハレルヤ(瞬発力)
ヴァリアーモ(瞬発力)
レッドルレーヴ(ロングスパート)
ヒューマンコメディ(ロングスパート)

平均ラップ適性有

セイウンヴィーナス(瞬発力)
フアナ(ロングスパート)

結論

<予想印>

◎ ⑪レッドルレーヴ
〇 ⑨スカイグルーヴ
▲ ①エレヴァテッツァ
☆ ⑮ショウナンハレルヤ
△ ⑫ヴォリアーモ
△ ⑩ヒューマンコメディ
△ ②セイウンヴィーナス
△ ⑯フアナ

 

<買い目>

【ワイド】

⑪-①②⑨⑩⑫⑮⑯ 7点 各800円 計5,600円

⑪-①⑮ 2点 各500円 計1000円

【馬単マルチ】

⑪⇔①②⑨⑩⑫⑮⑯ 14 各200円 計2,800円

⑪⇔①⑨⑮ 6点 各100円 計600円

合計10,000円

 

以上で勝負したいと思います。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ