こんにちは、まっつんです。

今日はファルコンSの過去の傾向を見ていきます。

クラシックローテからは外れた馬たちが、出走するイメージのあるレースですね。
ですがここから短距離重賞やマイル重賞で活躍する馬たちも出ていますから、将来を占う上でも面白いレースになりそうですね。

またローテーションや前走クラスなどにも特徴がありましたので、そのあたりにも注目してみて頂得れば面白いと思いますよ。

それでは過去の傾向を見ていきます。

<記事の更新を受け取りたい方へ>

更新は既に登録して頂けている方はLine@、これから更新案内を受け取りたい方はTwitterにてお知らせしていますので、フォロー&通知ONしてお待ち頂ければ幸いです。

 

 

過去5年のレース分析(レースラップ/好走血統/前走距離・ローテ)

過去5年のレースラップと馬券内に入った馬の父・母父馬を挙げます。

私の予想は適性に合う馬を探しだすという考え方なので精度を高めていくために「血統の切り口」も加えていきます。

また今週から前走ローテ・距離にも注目してデータを集めるようにしましたので、参考にしていただけたら幸いです。

【レースラップを見る際の注意点】
前半2F目のラップは最速ラップとしてはカウントしません。2F目以外での最速ラップを赤文字にします。
→なぜなら前半2Fまではポジション争いがある為、ほとんどのレースで2F目が最速ラップになるからです。

【2019年】 前傾ラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス
着順
1 ハッピーアワー ハービンジャー
(ダンジグ系)
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
芝1,600m
シンザン記念
5着
2 グルーヴィット ロードカナロア
(キングマンボ系)
スペシャルウィーク
(サンデーサイレンス系)
ダ1,400m
500万下
1着
3 ローゼンクリーガー ノヴェリスト
(バードキャッチャー系)
フジキセキ
(サンデーサイレンス系)
芝1,600m
阪神JF(G1)
12着
ハロンタイム 12.0 – 10.8 – 11.4 – 11.7 – 11.5 – 11.6 – 11.9
前後半ラップ 前半3F.34.2- 後半3F35.0

 

【2018年】 前傾ラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス
着順
1 ミスターメロディ Scat Daddy
(キングマンボ系)
Deputy Minister
(ストームキャット系)
ダ1,400m
500万下
1着
2 アサクサゲンキ Stormy Atlantic
(ストームキャット系)
Dixieland Band
(ノーザンダンサー系)
芝1,600m
朝日杯FS【G1】
10着
3 フロンティア ダイワメジャー
(サンデーサイレンス系)
トニービン
(グレイソヴリン系)
芝1,600m
朝日杯FS【G1】
8着
ハロンタイム 12.4 – 11.1 – 11.4 – 11.7 – 11.8 – 11.7 – 12.0
前後半ラップ 前半3F 34.9 – 後半3F 35.5

 

【2017年】前傾ラップ

着順 馬名 母父 前走距離・クラス
着順
1 コウソクストレート ヴィクトワールピサ
(サンデーサイレンス系)
アドマイヤコジーン
(グレイソヴリン系)
芝1,600m
シンザン記念
14着
2 ボンセルヴィーソ ダイワメジャー
(サンデーサイレンス系)
サクラローレル
(レッドゴッド系)
芝1,600m
朝日杯FS【G1】
3着
3 メイソンジュニア Mayson
(ダンジグ系)
American Post (ネイティブダンサー系) ダ1,600m
全日本2歳優駿【G1】
5着
ハロンタイム 12.0 – 10.8 – 11.2 – 11.8 – 12.1 – 11.4 – 11.8
前後半ラップ 前半3F 34.0 – 後半3F 35.3

 

【2016年】 前傾ラップ(不良)

着順 馬名 母父 前走距離・クラス
着順
1 トウショウドラフタ アンライバルド
(サンデーサイレンス系)
ジェイドロバリー
(ミスタープロスペクター系)
芝1,400m
クロッカスS
1着
2 ブレイブスマッシュ トーセンファントム
(サンデーサイレンス系)
トウカイテイオー
(マイバブー系)
芝2,000m
京成杯【G3】
12着
3 シゲルノコギリザメ スーパーホーネット
(ノーザンダンサー系)
タイキブリザード
(ボールドルーラー系)
芝1,600m
アーリントンC【G3】
4着
ハロンタイム 11.9 – 10.5 – 10.9 – 12.0 – 13.1 – 13.0 – 13.6
前後半ラップ 前半3F 33.3 – 後半3F 39.7

 

【2015年】 前傾ラップ(稍重)

着順 馬名 母父 前走距離・クラス
着順
1 タガノアザガル バゴ
(ブラッシンググルーム系)
アドマイヤベガ
(サンデーサイレンス系)
芝1,400m
クロッカスS
9着
2 アクティブミノル スタチューオブリバティ
(ストームキャット系)
アグネスタキオン
(サンデーサイレンス系)
芝1,600m
朝日杯FS【G1】5着
3 ヤマカツエース キングカメハメハ
(キングマンボ系)
グラスワンダー
(ロベルト系)
芝1,600m
アーリントンC【G3】
6着
ハロンタイム 12.0 – 11.0 – 11.4 – 11.6 – 12.0 – 12.1 – 12.8
前後半ラップ 前半3F 34.4 – 後半3F 36.9

中京芝1,400m特徴

向正面の端からスタート。3コーナーまで380mの直線でテンが速くなりやすいが、そう簡単には前も止まらない。

内過ぎず外過ぎず、周りを見ながら先行ポジションで流れに乗りたい。また、若手の減量騎手が乗る機会が多く、減量を生かして積極的な騎乗が穴になるケースも多い。

(競馬ラボにおけるコース攻略検証・見解記事より引用)

 

本レースの傾向

ラップ傾向

過去5年間すべて前傾ラップという、スプリント色の強いレースです。
しかし、面白いのはフィリーズレビューと同じく前走1200mの馬が5年間で1頭も馬券に絡んでいない点。

前傾差しタイプ以外は評価を下げるくらいの感覚で良いと思います。
後傾ラップ適性しか持たない馬は、1枚評価を下げておきたいと思います。

<高評価馬(上方修正)>

「前傾差し」

<下方修正>

「後傾ラップ」

血統傾向

サンデーサイレンスの血を持っている馬が10/15頭。

しかし母父サンデー系もしくは父サンデーだったとしても、サンデーサイレンス自身の血は2つ遡るくらいの「少し遠めの血」が良さそうです。

父馬にサンデーの直子が入っているのはダイワメジャーのみ。

父ダイワメジャーと母父サンデー直子、もしくは父がサンデーの孫という形に特徴があります。

他はミスプロやストームキャット、ロベルトなどの米国系の血が入っている馬には注目していきたいですね。

<上方修正>

・母父サンデーの子
・父親サンデーの孫
・米国血統内包(ミスタープロスペクター系・キングマンボ系・ロベルト系・ストームキャット系など)

<下方修正>

特になし。

前走距離・クラスの傾向

前走OP・重賞クラスの馬が好走傾向にある。
新馬・未勝利上がりの馬は1頭も馬券に絡めていない。

またダート500万勝ちからのローテーションは好走馬が出ているので要注目。
ダート上がりだからといって侮ってはいけない。

1,200mからの延長ローテは減点材料。

<上方修正>

前走OP・重賞クラス出走(着順問わず)
ダート500万勝ちからの出走

<下方修正>
前走新馬・未勝利勝ちからの出走
前走1200mからの延長ローテ

 

以上、ファルコンSの過去傾向の分析でした。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ