こんにちは、まっつんです。

ゴールデンウイークもとい、STAY HOMEWEEKが始まりますね。
私もずっと在宅ワークでしたが、一旦今日で休みに入ります。

在宅ワークって、意外と疲れますね。
ですが、家族といつでも会えるという意味ではとてもありがたいです。

緊急事態宣言が明けても、ある程度の在宅勤務は残るような気がしています。
今のうちにしっかりと自分の価値を高めていきたいですね。

それでは、予想に入っていきます。

↓新しい予想の方針を下記の記事にまとめましたので、ご一読頂ければ幸いです。

新予想法【Family Line Lap(FLL)適性予想】(血統・系統・ラップ予想)※収支公開中

<記事の更新を受け取りたい方へ>
更新は既に登録して頂けている方はLine@、これから更新案内を受け取りたい方はTwitterにてお知らせしていますので、フォロー&通知ONしてお待ち頂ければ幸いです。

<ウマモブ参加しました>
競馬ブログのまとめサイトです。クリックして応援をお願いします!

↑このボタンをクリック

これまでの反省・的中へのヒント

  • 前に回顧記事をしっかりと復習。(これがなかなかできない・・・)
  • トラックバイアスはあてにしすぎてはいけない。
  • 小頭数の場合は、1点勝負という選択もありなのではないか。
  • 当該コースでの勝利実績というのは、加点要素として考えるべき
  • 前走からの距離延長の逃げ、先行馬を見つけたら、ペースが上がるサイン!
  • 複勝、ワイドを上手に使うべし。
  • ハナに立ちたい馬が見当たらないときは先行馬が多くてもスローペースを疑え
  • 逆に過去ハナに立って好成績を挙げたことのある馬は近走逃げられていなくても、ハナ切るかも!?
  • 過去に好走した実績があれば、適性は複数あると判断すべし。
  • ペース予測に全力を尽くせ。それが的中への近道である。
  • 血統はあくまで付加情報として取り扱う。ベースはラップ予想で。
  • 勝てていない外国人ジョッキーは軸にすべきではない。(目安:G1勝ちの有無)
  • トライアルレースはスローペースになりやすく、本番はハイペースになりやすい。←3回目
  • 内枠の差し馬はコースにもよるが、包まれるリスクを考えると避けた方が良い。
  • 堅いと思われるレースは無理に手を広げるな
  • 次走狙えそうな馬は記事にしてストックしておく
  • トラックバイアスを検討する(過去傾向で枠順の有利不利がなかったか?/前週・当週の馬場傾向はどうか?)
  • 不良馬場のハンデ戦は軽ハンデ馬を狙え。
  • 不良馬場は10番手以内のポジション取りが大切。
  • 近走で出遅れ気味な馬は、出遅れ癖を疑っておくべし。(EX:阪神大賞典キセキ)
  • 3連単禁止、馬単マルチ・ワイドに資金集中させて的中・回収率向上を目指す。
  • 競馬場の水はけについて、どこかでまとめてみたい。
  • 前傾ラップの場合は、瞬発系ラップ適性の高い馬の評価を見直せ
  • ノーザンファーム外厩神話は絶対ではなくなってきている。
  • 3歳→5歳の馬の成長力を侮るなかれ※特に牝馬(ラッキーライラック/クロノジェネシス/リスグラシューなど)
  • 条件戦上がりの1番人気は信用してはならない。
  • 重賞を勝っている無敗馬は評価すべき。(皐月賞コントレイル等、傾向関係なく走る可能性が高いため)
  • 過去の傾向が全く通用しないケースもあるが、割り切りも必要。

FLL予想【第1章】血統編

過去の好走血統

過去の傾向はこちらの記事にて分析をしております。

青葉賞【G2】<2020>好走血統傾向/過去ラップ傾向/コース分析

上記記事においても分析をしましたが、過去5年における好走血統は以下の通りです。

① キングマンボ系 × 欧州ノーザンダンサー系 × サンデーサイレンス系orロベルト系

過去の該当馬:リオンリオン/ランフォザローゼス/アドマイヤウイナー/レーヴミストラル

② ミスタープロスペクター系(ネイティブダンサー系) × サンデーサイレンス系/ロベルト系/欧州ノーザンダンサー系のいずれか2系統保有

過去の該当馬:ヴァンキッシュラン/ベストアプローチ/タンタアレグリア/ヴェラヴァルスター

③ ミスタープロスペクター系(ネイティブダンサー系) × サンデーサイレンス系 × ナスルーラ系2本

過去の該当馬:ピースワンパラディ

④ ミスタープロスペクター系(ネイティブダンサー系) × 父サンデーサイレンス系 × 母父米国ノーザンダンサー系

過去の該当馬:ゴーフォザサミット/スーパーフェザー

⑤ サンデーサイレンス系 × 欧州ノーザンダンサー系 × ナスルーラ系

過去の該当馬:アドミラブル/レッドエルディスト/レーヴァテイン

⑥ サンデーサイレンス系 × テディ系

過去の該当馬:エタリオウ/ヴェラヴァルスター

上記6パターンの血統を保持する馬が、好走傾向にあります。

出走馬の血統分析

パターンに合致した馬を1頭ずつ見ていきたいと思います。

① キングマンボ系 × 欧州ノーザンダンサー系 × サンデーサイレンス系orロベルト系

過去の該当馬:リオンリオン/ランフォザローゼス/アドマイヤウイナー/レーヴミストラル

今年は該当なし。

② ミスタープロスペクター系(ネイティブダンサー系) × サンデーサイレンス系/ロベルト系/欧州ノーザンダンサー系のいずれか2系統保有

過去の該当馬:ヴァンキッシュラン/ベストアプローチ/タンタアレグリア/ヴェラヴァルスタ

レアリザトゥール(×)

父   :スクリーンヒーロー(ロベルト系)
母父  :ブライアンズタイム(ロベルト系)
母母父 :Miswaki(ミスタープロスペクター系)
母母母父:Danzig(ダンジグ系)

前走ダートで12着。正直手がでません。

プリマヴィスタ

父   :ハーツクライ(サンデーサイレンス系)
母父  :クロフネ(ヴァイスリージェント系)
母母父 :ジェイドロバリー(ニジンスキー系)
母母母父:El Gran Senor(ノーザンダンサー系)

血統的には魅力のある感じですが、前走を見る限り内をロスなく立ち回っていた割に1着馬と着差がついていました。

ただ、成長しているという厩舎コメントもありましたから、押さえとして扱う程度で考えたいと思います。

メイショウボサツ

父   :エピファネイア(ロベルト系)
母父  :マイネルラヴ(ミスタープロスペクター系)
母母父 :サンデーサイレンス(サンデーサイレンス系)
母母母父:パークリージェント(ヴァイスリージェント系)

血統的には好走馬のパターンに適合しており、好走ローテである大寒桜賞の勝ち馬ですね。
折り合いも良くついており、直線までロスのない競馬が出来ていました。

最後の直線、逆にこれだけロスのない競馬をしながら、あまり差がつかなかったところを見るともしかしたら力が足りていない可能性もあるなと感じています。

あっさり馬券になる可能性もあります。
結論は後ほど出したいと思います。

ダノンセレスタ

父   :ハーツクライ(サンデーサイレンス系)
母父  :Jump Start(ボールドルーラー系)
母母父 :Carson City(ミスタープロスペクター系)
母母母父:Dynaformer(ロベルト系)

未勝利戦を勝ち上がるのに、5戦を要しましたが、その理由はおそらく「距離不足」だったのだと思います。

2400mに距離を延長した前走は見事な勝ちっぷりでした。
実力は足りていそうですね。

③ ミスタープロスペクター系(ネイティブダンサー系) × サンデーサイレンス系 × ナスルーラ系2本

過去の該当馬:ピースワンパラディ

今年は該当なし。

④ ミスタープロスペクター系(ネイティブダンサー系) × 父サンデーサイレンス系 × 母父米国ノーザンダンサー系

過去の該当馬:ゴーフォザサミット/スーパーフェザー

プリマヴィスタ(詳細は②)

⑤ サンデーサイレンス系 × 欧州ノーザンダンサー系 × ナスルーラ系

過去の該当馬:アドミラブル/レッドエルディスト/レーヴァテイン

ディアマンミノル

父   :オルフェーヴル(サンデーサイレンス系)
母父  :デヒア(ヴァイスリージェント系)
母母父 :ラシアンルーブル(ニジンスキー系)
母母母父:テスコボーイ(プリンスリーギフト系)

前走若葉S8着。今回出走馬達ともいい勝負をしています。(ヴァルコス・ブルーミングスカイ)
ポイントは出遅れ癖。4戦連続で出負けしています。

4レースすべて見ましたが、だいたい最後方からスタートするという不利。
それでいて好勝負出来ているのですから、スタートを5分で出たら一発あってもおかしくありません。

青葉賞男の蛯名Jの神騎乗がさく裂すれば、現在の11番人気の評価も覆してしまっても驚けません。

ヴァルコス

父   :ノヴェリスト(バードキャッチャー系)
母父  :ダンスインザダーク(サンデーサイレンス系)
母母父 :Alzao(リファール系)
母母母父:Busted(バードキャッチャー系)

前走ゆきやなぎ賞の勝ち馬は好走傾向にあります。
ノヴェリスト産駒の底力がどこまでかというところもありますが、レースを見る限りタフで長く良い脚を使える馬だなという印象です。

そして評価できるポイントは前々走のセントポーリア賞。
4着に敗れはしましたが、1着馬はフローラS4着のショウナンハレルヤ。

2着のアオイクレアトールもスプリングS5着ですし、3着のセントオブゴールドも次走の1勝クラスをあっさり勝ち上がっています。

脚質タイプ的には合いそうなので、この人気なら軸で勝負したいと思っています。

コンドゥクシオン

父   :ダイワメジャー(サンデーサイレンス系)
母父  :トニービン(グレイソヴリン系)
母母父 :ジャッジアンジェルーチ(ボールドルーラー系)
母母母父:ノーザンテースト(ノーザンダンサー系)

この馬も血統的には合いそうですが、父ダイワメジャーという点と、ラップ適性が合わないかなと思っています。

前傾ラップで前がバテた所を差して勝った形ですので、東京のスロー~平均のラップではキレ負けする気がしますね。

⑥ サンデーサイレンス系 × テディ系

過去の該当馬:エタリオウ/ヴェラヴァルスター

今年は該当なし。

 

FLL適性予想【第2章】ラップ編

想定されるペース

過去の傾向を見ると、平均ラップなりやすいレース。
逃げ馬がスロー向きの馬だったとしても、実力が拮抗しているという点である程度締まった流れになることが多いということですね。

その為、平均ラップを前提として評価をしていきたいと思います。

平均ラップ適性有

ヴァルコス(ロングスパート)
メイショウボサツ(ロングスパート)
ディアマンミノル(瞬発力)
プリマヴィスタ(ロングスパート)

後傾ラップ適性有

ダノンセレスタ(ロングスパート)

前傾ラップ適性有

コンドゥクシオン(前傾差し)

 

これらの馬たちに加え、確かな実力の持ち主であるオーソリティ、前走好時計で勝ったフライライクバードは押さえたいと思います。

フィリオアレグロは前走3着とは言え差を着けられすぎな感もあるので、鞍上レーン騎手は怖いですが、今回は見送りたいと思います。

結論

<予想印>

◎ ⑦ヴァルコス
〇 ⑫メイショウボサツ
▲ ⑤ディアマンミノル
☆ ⑩ダノンセレスタ
△ ⑯プリマヴィスタ
△ ⑱コンドゥクシオン
△ ⑮フライライクバード
△ ③オーソリティ

<買い目>

【ワイド】

⑦-③⑤⑩⑫⑮⑯⑱ 7点 各500円 計3,500円

⑦-⑤⑫ 2点 各1,000円 計2,000円

【馬単マルチ】

⑦⇔③⑤⑩⑫⑮⑯⑱ 14点 各200円 計2,800円

⑦⇔⑤⑫ 4点 各400円 計1,600円

【単勝】

⑦ 100円

合計10,000円

 

以上で勝負したいと思います。

注意事項

当然、プラス収支を目指して頑張っていきますが、独自の考え方に基づいて予想を公開していくということが、本ブログの主旨となります。

皆さまの競馬予想の気づきになればと思っておりますので、参考にしていただければ幸いです。
(予想を販売しているわけではありませんので、誹謗中傷等はご遠慮ください。)

それではよろしくお願いいたします。

このブログの応援をお願いします!以下のボタンをクリックするとランキングが上がります。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ